2019年07月28日

小田原の新店

/中華そば馨(かおり)@小田原市荻窪にてワンタン鶏中華そば/野暮用/

クリックすると拡大します

 今日はお昼頃と夜に予定が入っていたんだけど、家庭の事情ってのが入ってしまって、断らざるを得ず。
 世の中、思い通りになることなんて100回のウチで1回くらいだな。
 まま、上を見たらキリが無いし、下を見たらキリが無いので、ラーメンでも食べますか。

クリックすると拡大します

 お昼は、中華そば馨(かおり)@小田原市荻窪299-14へ。
 絶滅危惧種に指定されている小田原系の救世主として期待した三代目味の大西(2012/7/6-2019/1/8)が閉店し、その跡地に2019/7/15オープン。
 つか、オープンからもう2週間が過ぎちゃってますがな。
 店主さんは独学でラーメンを始めたそうですが、にわかに信じられないほどクオリティが高いです。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手の券売機で食券を買います。
 メニューは鶏中華そば780円、鶏つけそば830円、濃厚魚介つけ麺830円の3種類で、いずれも醤油味のみ。
 ご飯物と飲み物は一通り揃えてありますが、当面は昼営業のみなんですよね。
 後ろに用事がなければ、ラーメンとつけ麺を食べるところですが、一旦はラーメンだけにしました。

クリックすると拡大します

 店内は前店同様、広い厨房に面したカウンターが4席と3席のみ、残りのスペースには待合席は用意されていますが、テーブルは置かれていません。
 卓上には酢、一味唐辛子、胡椒。
 厨房では店主さんのワンオペ、とても独学とは思えない所作でラーメンを調理されています。

クリックすると拡大します

 少し待ってワンタン鶏中華そば1,030円、今風の切立丼に綺麗に盛り付けられています。
 スープは大山鶏の丸鶏、鶏ガラがベースと説明されていますが、豚骨の深い味わいも感じ(個人的感想)、醤油たれのキレが素晴らしい。

 いわゆる独学初心者あるあるの「原価不問の食材(量)使用」が色濃く出ています。
 しかしして、修業していようがしていまいが、何年修業していようが、今ここにあるラーメンが全てですけどね。

 恐らく無化調。
 そもそも、化学調味料という表現は何の定義も無い代替え表現の用語であり、正しくはうま味調味料です。

 現代では、食材の品質や衛生管理技術が向上し、普通に調理すれば普通に美味しくなり、新規オープン店でうま味調味料を使う場面は減ってきています。
 未確認ですが、店主さんはうま味調味料の使い方を知らないか、ひょっとすると存在自体を知らない可能性もあります。

クリックすると拡大します

 細麺は地元のマルキ製麺所、スープによく合っていて、とても美味しい。
 トッピングの肩ロースチャーシュー、穂先メンマ、ねぎの青い部分だけ、等々、トレンドのラーメンを相当研究されていると思われます。
 形だけでは無く、それぞれがちゃんと美味しいし、スープにも合っています。

クリックすると拡大します

 ワンタンは皮では無く餡を楽しむタイプ、たっぷりと肉が入っていてとても美味しい。
 近場なら徒歩と公共機関だけで訪問し、皿ワンタンをツマミにビールを飲みたいところですが。
 いやいや、美味しかった、スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 いったん帰宅して、野暮用の対応。
 大したことなかったし、短い時間で済みましたが、私で無ければ対応できなったことも事実。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> そもそも、化学調味料という表現は何の定義も無い代替え表現の用語であり、正しくはうま味調味料です。

違いますよ
ふらわさんくらいの歳ならご存知なのが普通だと思いますが昔は化学調味料と言う名でした
食品に化学という字を使うと化学合成で作られていると誤解されてイメージが悪くなる時代になってからうま味調味料と言われるようになったんです

Posted by 寺貫 華 at 2019年07月31日 18:00
寺貫 華さん、コメントありがとうございます。

 違うと言われても、私の考えじゃ無いし。
 リンク先を私なりにまとめたので、まとめ方が悪かったのならゴメンナサイですけど。
Posted by ふらわ at 2019年08月01日 01:49
> 恐らく無化調。

ラーメンの神様も認める舌を持つふらわさんが食べてもわからないのなら
うま味調味料を使ってるんじゃないですか?

> そもそも、化学調味料という表現は何の定義も無い代替え表現の用語であり、正しくはうま味調味料です。

ふらわさんのバイブル、美味しんぼの66巻を見てくださいw
Posted by tomoco at 2019年08月01日 21:54
tomocoさん

> ラーメンの神様も認める舌を持つふらわさんが食べてもわからないのなら

 ですよねー

> ふらわさんのバイブル、美味しんぼの66巻を見てくださいw

 美味しんぼ、読んだことが無いのですが、何が描かれているのですか。
Posted by ふらわ at 2019年08月03日 01:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186349472
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック