2019年07月30日

冷たいタンメン

/ど・みそキッテグランシェ店@東京にてJAPAN X尽くしの塩ラーメン/鶏節らぁ麺いしばし@南阿佐ヶ谷にて冷やし麻辣タンメン/

クリックすると拡大します

 個人的には多め長めに降っていた雨がすっかり上がり、暑い夏がやってきただけの印象です。
 それを、梅雨明けとか、猛暑、酷暑、と言うらしいけど。
 何とか気を引こうとして強めの言葉を選んでいるのだろうけど、選んでいる背景が透けて見えると、寂しい。

クリックすると拡大します

 お昼は、ど・みそキッテグランシェ店@東京(千代田区丸の内)公式ブログ)へ。
 キッテグランシェのB1フードコーナーに新設された、ラーメン激戦区 東京・丸の内の2019/3/5オープンに合わせてオープン。
 他の店舗はリンクの先を確認して頂くとして、5店舗中3店舗目の訪問となります。

クリックすると拡大します

 先ずは券売機(交通系ICカード対応)で食券を買います。
 メニューはみそこってりらーめん、辛みそらーめん、みそカレーらーめん、白味噌らーめん、みそまぜそば、みそつけ麺、辛みそつけ麺。
 平日限定(11:00-15:00)にて、みそらーめんと丼物をセットでKITTEセットも用意されています。
 標準的なトッピング、ご飯物、ビール、コカ・コーラ、カップ麺。

クリックすると拡大します

 期間限定で2種類の限定メニューが販売されています。
 夏のメニューフェアとして、JAPAN X尽くしの塩ラーメン(2019/7/1-31)。
 スパイシー&クールフェスティバルとして、辛味噌らーめん(2019/7/22-9/30)。

クリックすると拡大します

 店内は満席で、少し待って空いたカウンター席に案内されました.
 席は厨房前にコの字型カウンター14席、隣のラーメン店との仕切り壁向きに8席、計22席。
 卓上には一味唐辛子、山椒、レモン酢、辣油。

クリックすると拡大します

 少し待って、JAPAN X尽くしの塩ラーメン1,200円、7/1から7/31の期間限定、1日10食限定。
 ラーメントッピングとは言え、JAPAN Xがたったの1,200円で食べられる時代になったんですね。
 後10年したら、後20年したら、と考えるとワクワクが止まりません。
 スープはど・みそにしては珍しい豚骨白湯仕立ての塩味、JAPAN Xの味わいを最大限に引き立てます。

クリックすると拡大します

 浅草開化楼製麺の中細麺、ここまで美味しいスープにしっかりと合わせる麺力は、素晴らしいの一言。
 トッピングはJAPAN Xの角煮、肩ロースが二枚、刻み紫タマネギ、細裂きメンマ、白ネギ。
 こんな美味しい角煮は食べたことがなく、塩味が更に美味しさを引き立てます。
 肩ロースも相当美味しいけど角煮の前では一歩か二歩、及ばない感じです。

クリックすると拡大します

 塩らーめんと言うよりJAPAN Xラーメンなワケですが、ここまで美味しいと、味変用の背脂と味噌は要らない気がします。
 気がするけど、出されて「要りません」と返せる正確であるはずも無く、きっちり全部、麺に乗せました。
 やっぱり要らなかった、けど、要るか要らないかは食べてみないと分からないので、少しだけ味見すれば良かった。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 例えば、これまでの飲食店は、五年十年の単位で味を改善させていったわけですが、今では一年、早ければ半年くらいで味を改善しなければお客さんが離れて行ってしまいます。
 そんな世界ですので、開店直後の味や店内の雰囲気をああだこうだと論じることに意味は薄く(全くないわけでは無い)、これからどこに向かうのか、何を目指すのかが大切になってきます。
 1回食べたくらいでそんなことまで分かるのか、、、私には全く分からないので、ちょっとでも琴線に触れた店は、何度も行かないと分かりません。

クリックすると拡大します

 夜は、鶏節らぁ麺いしばし@南阿佐ヶ谷(杉並区阿佐谷南)公式ツイッター)へ。
 向かうときにどのルートが近いか調べるんですけど、JR南阿佐ヶ谷駅と丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅のどちらから向かうか、悩む。
 そこはかとなく新宿駅での乗り換えが楽なJR線で向かいますが、駅から5分くらいは歩くよね。
 暑い。

クリックすると拡大します

 店先には限定メニューが告知されています。
 暗くて何が書いてあるか分からない左側は、鶏清湯つけ麺で、塩と醤油が選べます。
 デカくて明るい方は涼ベジと称し、冷やしタンメン、冷やし麻辣タンメンがラインナップしています。
 どれを食べるか、悩む。

クリックすると拡大します

 タイミング良くノーゲス、食べ終わる頃には満席近かったです。
 先ずは一日の疲れを溶かすハートランド480円で、今夜は阿佐ヶ谷で一人お疲れ様会。
 お店が混んでくるとあまり話が出来ないけど、今日はいつもより少し多めにお話が出来ました。
 ビールのお供はよだれ鶏300円、このお供がとてもとても優等生。

クリックすると拡大します

 ビール一杯で程よくなってきたので、今夜は冷やし麻辣タンメン890円
 夏の冷やしラーメンと言えば、冷たいスープに冷たい麺、トッピングは白髪ネギやモヤシなどの「冷たい野菜」が定番です。
 で、「冷たい野菜」をいったんボイルしたモヤシ、タマネギ、キクラゲ、キャベツ、ニンジン、チンゲンサイと、まさにタンメン。
 タンメンにサイコロ鶏チャーシューを合わせ、全体に自家製冷製辣油を掛けてあります。

クリックすると拡大します

 もちろん丼も冷たいし、辣油さえも冷やされていて、ありそうでなかった冷たいタンメン。
 冷たいから美味しい冷やしラーメンではなく、冷たくても美味しい冷やしタンメン。
 使われている野菜の原価や事前の仕込みなどの手間を考えると、980円はするところを戦略的価格で提供されています。
 再訪されている地のお客さんは冷やしタンメンの美味しさを知っているので、冷やしタンメン一択で訪問されているほど。

クリックすると拡大します

 こんな冷たくて美味しいタンメンは食べたことが無い。
 美味しいですねー、何かのインスパイアだと思ったら、店長さんのオリジナルらしい。
 もっと売れるといいなぁー、思っているだけじゃなくて、できることからやろう。
 スルッと食べてご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186363112
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック