2019年08月06日

夏バテ気味

/麺処 竹川@神泉にて無添加つけ麺/麺匠 銀星屋@小田急相模原にて東京油そば/

クリックすると拡大します

 野暮用があって渋谷へ、渋谷に行くには新宿経由と下北沢乗り換えの2パターンがあります。
 いつもは新宿経由ですので、今日は下北沢経由にしました。
 下北沢駅、もう完成だと思うほど井の頭線への乗り換えがスムーズになっていました。

クリックすると拡大します

 つけ麺竹川@三軒茶屋が移転し、麺処 竹川@神泉(渋谷区円山町7-2)として、2019/8/6リニューアルオープンしました。
 水炊き波多野のランチタイム営業、入口は分かりにくくないですけど、通路が狭くてデブの私には通りにくい。
 営業時間は11:30-15:00、スープが残れば夜営業でも販売するとのこと。

クリックすると拡大します

 半間ほどの路地を入り、小径を抜けると店舗があります。
 これまでは夜営業しかされていなかったので、通る小径の昼間向けの趣はちょっと足りていません。
 小径には流しそうめんをされた跡が残っていますが、さて。

クリックすると拡大します

 店内に入ると直ぐに券売機。
 メニューは無添加つけ麺(麺量150g、200g、250g同額)980円、鶏白湯らーめん980円、畑の鶏そば930円。
 ご飯ものはご飯、飲み物は生ビールとハイボール。
 買った食券を店員さんに渡すと、こちらへどうぞと個室を案内して下さいます。

クリックすると拡大します

 つか全席個室、中二階に4人部屋が2部屋、1階に2人部屋が3部屋、半地下に5人部屋が2部屋。
 卓上にはラーメン用と言うより水炊き用の調味料として、黒七味、醤油、酢、塩、刻み玉ねぎ、自家製カレーペーストが用意されています。
 お冷やと割スープは既に置かれていて、個室に置かれていると衛生的に心配してしまうのは、私だけでしょうか。

クリックすると拡大します

 少し待って、無添加つけ麺(中200g)980円
 スープ(つけ汁)はしっかりと炊き出された鶏白湯、かなりの粘度ですがあっさり味で美味しい。
 削り鶏節が掛けられ、角切りチャーシュー、鶏つみれが沈められていて、スープにとてもよく合っています。

クリックすると拡大します

 村上朝日製麺所の太麺は、麺肌が乾燥するほど湯切りされ、うどんのように捻って盛り付けらています。
 私は不器用なので、ここまできっちり捻ってあると手繰りにくくて食べにくいです。
 野菜は『山口から産地直送の無農薬野菜を使用』と説明され、トマト、ズッキーニ、水菜、白葱などが乗せられています。
 いずれも冷たいので、そのまま食べても美味しいし、つけ汁に浸けて食べても美味しい。

クリックすると拡大します

 麺と野菜を食べ終わったらスープ割り、割スープは卓上の保温ポットに入れてあるので、温度がががが
 割スープの温度は好みの問題ということで宜しかったでしょうか。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 『住所非公開・全室個室の隠れ家水炊き屋を渋谷で運営する「水炊き 波多野」(株式会社Dream Factory)が、住所を公開し、「麺処 竹川」を同敷地内にOPEN 致します。水炊き屋の運営で培った鶏白湯スープを使用し、メニューはつけ麺とラーメンのみ。具材は国産鶏を100%使用し、山口から産地直送の無農薬野菜を使用。』

クリックすると拡大します

 夜は、途中下車して、麺匠 銀星屋@小田急相模原(座間市相模が丘)へ。
 2019/6/21オープン、ハンバーガーやステーキなどのアメリカン料理を提供するRestaurant & Bar Juicy's(ジューシーズ)(公式ツイッター)の2号店とのこと。
 今は夜なので外より明るい店内が丸見え、昼は南向きなので冷房の利きが気になります。

クリックすると拡大します

 メニューは台湾まぜそば、東京油そば、汁なし銀次郎(ラーメン二郎インスパイア)、銀星そば(トリュフ香る塩まぜそば)の4種類。
 ですので、まぜそば専門店でも、油そば専門店でもありません。
 一通りのトッピング、ご飯もの、飲み物は別メニューになっています。
 口頭注文後会計、先客ゼロ、後客2人。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むL字カウンター7席、右手壁側に2人掛けテーブルが4卓、計15席。
 卓上には辣油、酢、黒こしょう。
 私が伺った夜だけかも知れませんが、有線放送が流されつつテレビも響き渡っているので、音楽好きでテレビ好きには最高でしょうけど、どちらも苦手な私はどうしたら良いでしょうか。

クリックすると拡大します

 程なくして東京油そば700円
 油そばはかき混ぜる前提のラーメンですが、ぱっと見てどうやってかき混ぜるか思案してしまう麺相です。
 2枚のデカいチャーシューと厚切りなるとを横に退けてから、軽くかき混ぜ、一口食べると、化調、いや旨味調味料、全開。
 魚粉も多く入っていているけど、醤油たれは弱めの味付けで、この方向性でアプローチする油そばは初体験、斬新であり新鮮。

クリックすると拡大します

 極太平打麺は固め仕上げ、麺肌の温度が高いので長めに茹でているとは思いますが、固いので醤油たれが麺に入っていきません。
 トッピングは肩ロースチャーシュー、豚バラチャーシュー、幅広メンマ数枚、厚切りなると、貝割れ大根、薬味ねぎ、板海苔二枚。
 気になる点が幾つもありますが、店長さんとはわざわざ伝える間柄ではありませんし。

クリックすると拡大します

 油そばなので、油そばの食べ方作法に則り、途中で辣油と酢を回し掛けて食べます。
 香りをあまり感じない辣油、酸味をあまり感じない酢、私にはちょっと合わなかったかな。
 途中で付け合わせのスープと飲みながら、食べ切りました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
平日の昼間にのこのこと神仙でラーメンですか!職なしは隠さなくなったんですね。
Posted by 莉奈 at 2019年08月08日 03:38
> 今は夜なので外より明るい店内が丸見え、昼は南向きなので冷房の利きが気になります。

あまりにも丸見えなので、ふらわさん以外にお客がいないのに女性店員に塩対応されて
後から来たお客さんとは世間話しているところまで見えました。(笑)
Posted by tomoco at 2019年08月08日 20:16
莉奈さん、コメントありがとうございます。

 神仙じゃなくて神泉ね。
 有給とか午前休は、職なしと同義なんですかね。
Posted by ふらわ at 2019年08月09日 06:52
tomocoさん

 私、塩対応の意味が分からなかったのですが。
 ・「暑い中、来店ありがとうございます」とお冷やを出して下さった。
 ・「こちらの席の方が涼しいですよ」と奥の席を勧められた。
 ・ラーメンを渡されるとき、「途中で辣油を酢を掛けて、楽しんで下さいね」と案内された。
 のを、塩対応って言うんですね。

 あと、後客2人は入口近くのカウンター席に座り、店員さんと知り合いらしくて店員さんと話し込まれたので、私とは一言も喋ってませんけど。外からは世間話している様に見えたんですかね。
Posted by ふらわ at 2019年08月09日 06:56
ふらわさんは奥の席に通され、後から来たお客さんは店員さんと話し込んでたのですか。

大方私の予想通りでしたね。ふらわさんの文章力が素晴らしいので情景が浮かんでくるんですよ。
Posted by tomoco at 2019年08月10日 20:18
tomocoさん

> 大方私の予想通りでしたね。ふらわさんの文章力が素晴らしいので情景が浮かんでくるんですよ。

 褒め殺しは苦手です。
Posted by ふらわ at 2019年08月11日 00:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186383477
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック