2019年08月09日

連休前の金曜日

/社内販売弁当/麺屋ケンシロウ@鶴間にて醤油ラーメン/

クリックすると拡大します

 下の子が家を出る時間が遅かったけど、朝から暑い中を勝手に行けとも言えず、つられて遅くなり。
 何とかギリギリ出社時間には間に合いましたが、朝飯を食べる時間がなく。
 今日は金曜日なのでお昼時間が取れなくなる可能性大でしたが、何とか社内販売弁当でやり過ごす。
 来週は社内販売弁当が休みなので、どんなに暑くてもコンビニまで買いに行かねば。

クリックすると拡大します

 夜はどこにも飲みに行かず、そはかとなく鶴間まで。
 駅から徒歩数分、山内農場鶴間東口駅前店の左路地を入った先に2019/6/3にオープンした、麺屋ケンシロウ@鶴間(大和市鶴間)へ。
 店名は、店員さん二人の共通の友人の名前から付けたそうです。
 先行者のレビューを読むと、お店の場所が分かりにくいとのことでしたが、日本には看板も暖簾も出ていないお店はいくらでもあります。

クリックすると拡大します

 殺風景なファサードはオーナーの意向らしいのですが、これ、駅側から歩いて行って右側から見ると店内が見えないけど、左側から見ると店内のL字カウンターが見えます。
 引き戸には「麺屋ケンシロウ」とあり、営業時間は11:30-15:00 17:30-22:00日休と書かれています。
 開店直後の営業時間から、既に変わっていますね。
 このドアを開けにくいと情報もあったけど、ドアノブとドア右側の蝶番を見れば、押戸ではなく引戸だと分かります。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手奥の券売機で食券を買います。
 メニューは醤油ラーメン800円、塩ラーメン800円、濃厚つけ麺900円、素ラーメン500円。
 開店当初は無かったご飯ものや瓶ビールも用意されています。
 券売機には空きが多いので、店員さんの習熟に沿って、まだまだメニューが増えていきそうです。

クリックすると拡大します

 入店時ノーゲス、後客3人、厨房を囲むL字カウンター7席。
 短足の私はハイチェアに座ると足が床に届かず、かといって椅子の脚に付いている足乗せだと椅子が回ってしまってラーメンが食べにくい。
 試しに椅子を下げてみたら、足は床に届くけど、テーブルが高くなってラーメンが食べにくい。
 卓上には辣油、胡椒、酢。胡椒はともかく、辣油と酢は何に使う(使って欲しい)のだろうか。

クリックすると拡大します

 程なくして醤油ラーメン800円。今風の切立丼にて提供。
 丸鶏、鶏ガラをメインに炊き出し、煮干や鰹節などの魚介出汁をブレンドした今風のスープ。
 醤油たれは何種類かをブレンドしていて、ゴクゴク飲める美味しさです。
 営業時間から想像するに寸胴が二基は必要ではないかと思いますが、厨房内に見当たりませんでした。

クリックすると拡大します

 滑らかな全粒粉(麩)入りの細麺は三河屋製麺、この麺の美味しさで、ラーメン全体の美味しさが相当上がっている様に感じます。
 トッピングは大きな豚バラ巻きチャーシュー、茶色が掛かった穂先メンマ、茹で青菜、板海苔一枚。
 ネギは薬味ではなく細かく刻んで中央から端に散らされています。
 店員さんの前職はお寿司屋さんなのか、トッピングは素手で盛り付けています。

クリックすると拡大します

 席に着いた時から気になっていた卓上の辣油。
 メニューに餃子(点心)は用意されていないので、この辣油はラーメンに使うべく用意されているとしか思えません。
 汁ありラーメンに辣油を入れるのはラオシャンしか知らないのですが、百聞は一味にしかず、掛けてみてビックリ。
 何と辣油に山椒がブレンドされています。
 山椒入りの辣油は初体験、その辣油をラーメンに入れたのも初体験、スープを殆ど残していなかったのが悔やまれます。

クリックすると拡大します

 聞くところによると、店員さんは飲食の経験はあるけどラーメンは独学とのこと。
 想像ですので間違っていたらごめんなさいですが、仕入れは他の人が全部やっていて、ひょっとしたら仕込みも他の人がやっていて、店員さんはお店に立って調理だけを担当されている様に見えました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
「ひょっとしたら仕入れ、仕込みは別の人が〜」
辛口評論久々に出ましたね、ふらわさんほどのラーメン経験値をお持ちの方がそう感じるのであればそれなりの信ぴょう性はありそうですね
仕込みとお客様に提供するための調理は同一のひとがやるのが当たり前、と私も思ってますがもうそれは古い考えなんでしょうかね
Posted by 腸捻転林 at 2019年08月11日 11:45
腸捻転林さん、コメントありがとうございます。

> 仕込みとお客様に提供するための調理は同一のひとがやるのが当たり前

 先発完投の美学、でしょうか。
 それなりの有名飲食店では、店主は「監督」であり、選手ではないことが多いですけどね。
Posted by ふらわ at 2019年08月12日 09:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186397555
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック