2019年08月19日

渋谷でまぜそば

/ゆで太郎東五反田店にて朝そば(おろし)、チェンジワカメ、焼きのり、かき揚げ/三角 (mikaku)@渋谷にてポルチーニオイルのまぜそば/

クリックすると拡大します

 早起きは中華蕎麦のために、今朝はゆで太郎東五反田店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 お店に向かうとき、これまでは必ず歩道橋を渡っていましたが、今日は歩道を歩いてみたら、近かった。

クリックすると拡大します

 店内に入ると先客3人、後客も3人です。
 食券を買って受付で渡すと、女性店員さんのワンオペ。
 あれー、初老の大将は引退されちゃったのかなと思っていたら、休憩(用事)から戻ってきました。

クリックすると拡大します

 程なくして、朝そば(おろし)330円、チェンジワカメ、焼きのり100円、クーポンかき揚げ
 タイムサービスの天かすと、終日サービスの紅生姜を乗せて盛り付けます。
 キュッと締まった美味しい蕎麦つゆ、お蕎麦、揚げたてのかき揚げがほくほくです。
 美味しくいただき、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 お昼は、三角 (mikaku)@渋谷(渋谷区渋谷)へ。
 音楽レーベル「FABTONE」が運営するライブハウス「SANKAKU」(7/15オープン)の、平日のみランチ営業として、2019/7/24にオープン。
 3種類の油そばを提供するスタイル、油そば自体は麺処一龍庵@池袋(未食)のプロデュースです。
 A型看板に導かれる様に、階段を下ります。

クリックすると拡大します

 店内はまんまライブハウスで(当たり前)、フロアに椅子とテーブルを並べてあります。
 壁向きテーブル4席、4人掛けテーブルが2卓、厨房を向いたカウンター2席。
 卓上には胡椒、花山椒、黒酢、一味。
 流石はライブハウス、高音質のBGMに聴き入ってしまいます。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、全席にメニューが用意されています。
 メニューはポルチーニオイルのまぜそば、辣醤(ラージャン)まぜそば、柚子胡椒まぜそばの3種類で、いずれも850円。特製は250円増し。
 麺量は基本が200gで、50g増すごとに50円。
 残ったたれを掻き取る追いメシや、ご飯ものも揃っています。

クリックすると拡大します

 程なくして、ポルチーニオイルのまぜそば850円
 トッピングは豚チャーシュー、ブロッコリースプラウト、万能ネギ、赤玉ねぎ、辣醤(ラージャン)。
 ポルチーニは茸のままで何度か食べたことがありますが、オイル状は初めて、食感や旨味ではなく優先的に香りをラーメンに合わせると言うことかな。
 温かいうちに全体をよくかき混ぜて下さいと案内され、それじゃあと、丼底のたれがよく混ざるようにかき混ぜて食べると、かなり美味しい。

クリックすると拡大します

 香りが立っているから美味しいということではなく、むしろ香りは後付けで、醤油たれやトッピング、そして麺との相性が素晴らしいから美味しいと感じます。
 この相性の組み合わせは無限にあり、無限の中から探し出すのが料理人の腕。
 太麺は山口や製麺所の切刃16番、どちらかと言えば女性客層狙いで「細め」に寄せています。

クリックすると拡大します

 そのまま食べきるのでは無く、残った麺に花山椒と黒酢を合わせてみました。
 味変前も美味しいし、味変後も美味しいし、どちらも美味しい。
 食べ終わると少したれが残りますが、ライス追加して掻き取るほどではありません。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186451232
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック