2019年08月20日

ラーメン選手権

/ゆで太郎平河町店@半蔵門にてラーメン、かき揚げ/麺処あす花@水道橋にて次世代あっさり貝出汁白醤油らーめん/

クリックすると拡大します

 早起きは中華蕎麦のために、今朝はゆで太郎平河町店@半蔵門(千代田区平河町)(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 日本蕎麦販売チェーン店のゆで太郎ですが、一部の店舗でうどん、ラーメン(中華麺)を販売されています。
 平河町店では、ラーメンを常時販売されています。

クリックすると拡大します

 店先には信越食品の朝定食として、Aセット(かけそば、カレー)、Bセット(かけそば、高菜ご飯、玉子)、Cセット(かけそば、ご飯、納豆、玉子)が、いずれも360円として紹介されています。
 信越の朝定食、随分食べていないので、久し振りに食べたいなぁ。
 店頭には「当店限定メニュー ガパオセット550円」が貼り出されています。
 信越の店舗限定メニュー、これまた非常に気になる。

クリックすると拡大します

 店内に入って左手の券売機へ、システムと同様に高額紙幣対応機と非対応機の2台体制。
 お金を入れて、ラーメンのボタンを探して押そうとすると、隣りに味噌ラーメンのボタンが、、、
 更に隣りにはミニカレーラーメンセット(ミニカレー丼320円なのでセットにすると20円お得)のボタンが、、、
 食券を買って、店内奥の厨房前の受付に出し、お冷やを汲んで空いている席に座ります。

クリックすると拡大します

 店内は壁向きカウンター9席、2人掛けテーブルが7卓、とても清潔感が保たれています。
 卓上には七味唐辛子、ブラックペッパー(グラインド)、白胡椒、醤油、ソース。
 先客2人、後客ゼロ、ゆったりとした店内でゆったりとお蕎麦を食べたら、心も晴れやかになります。

クリックすると拡大します

 程なくして、ラーメン480円、クーポンかき揚げ
 かき揚げは別皿に用意されるので、盛り付けの楽しみがあります。
 そば丼ではなくラーメン専用の丼に、あっさりして身体に優しい感じがするスープがたっぷりと注がれています。
 たれは醤油ベースの様ですが、程よい感じで、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 角細麺は麺量が多く、とても食べ応えがあります。
 信越食品の複数店舗でラーメンを提供されているので、麺が共通かどうか確認しようと思っていましたが。
 1回食べたくらいで同じか同じじゃないか分かるはずないということに今、気付くていたらく。
 トッピングは大ぶりの豚肩ロースチャーシュー一枚、平たいメンマ数本、三陸産わかめ、半身のゆで玉子。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は、麺処あす花@水道橋(千代田区西神田)ホームページ)へ。
 詳しくは知らないのですが、あす花がヤフーの次世代ラーメン決定戦に参加していて、優勝するとカップラーメン化されるとらしい。
 ラーメンをランキングしたり、人気投票して順位付けするのは基本的に嫌いだし、そもそもの順位付けの透明性が懐疑的ですが。
 食べもしないのに、参加もしないのに、ああだこうだ言うのはいかがなものだろうかと。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手の券売機で食券を買います。
 さて、目当てのラーメンのボタンは、、、分かりにくい、、いや、「普段」ではないボタンを探せばいいのか。
 次世代ラーメン決定戦のラーメンのボタンは、夏季限定メニューと同じ青地の紙にボールペン書きで用意されています。
 決定戦も大切だけど、普段食べに来てくださるお客さんも大切という(ボタンの位置を変えたりしない)、あす花のあす花らしさとして大切にしていることなのだろう。

クリックすると拡大します

 店内はとても清潔に保たれていて、ラーメンの調理、配膳、接客以外にもここまでやるのが「飲食店なんだから」当たり前と言えば当たり前ですけど、その当たり前ができていない飲食店が何と多いことか。
 女性店主さんワンオペですけど頑張って下さい、などとは安易に無責任に言えません。
 体調最優先で、決して無理はしないで営業を続けて下さい。
 などと夢想していたらラーメンが運ばれてきました、以前は食券の半券に書かれた番号を呼ばれて取りに行きましたので、オペレーションがこなれてきたのでしょう。

クリックすると拡大します

 次世代あっさり貝出汁白醤油らーめん800円
 通常の鶏ガラダシスープに貝出汁をブレンドし、白醤油たれでまとめ上げたスープ。
 何がどうということではなく、毎日食べても飽きることのない味わいに仕上げてあります。

クリックすると拡大します

 細麺はレギュラーメニューと同じあさひや製麺所、スープとの相性の隙間は愛想で埋められています。
 トッピングはレギュラーと変わらずに、大ぶりの豚バラ肉チャーシュー、穂先メンマ、板海苔、貝割れ大根、薬味ねぎ、糸唐辛子。
 多過ぎず少なすぎず、このバランス感覚が素晴らしい。

クリックすると拡大します

 だし炊きごはんは無料で提供されているので、「必ず」券売機のボタンを押さなければなりません。
 途中で食べても良いけど、最後まで取っておいて、残ったラーメンスープを掛けてお茶漬け風にして食べるのが大好きです。
 個人の好みとしては、醤油を数滴垂らしたいところですが、最後の一粒まで美味しく頂きます。
 下げ膳までは手が回らないのでお客さんが下げますが、そのタイミングで「ご馳走さまでした」と声掛け出来るので、ありがたいです。

クリックすると拡大します

 普段着ではなくお出掛け様にちょっとおめかしした感じで決定戦に参加するという。
 背伸びせず、自己満足せず、お客さんに楽しんでもらいたいラーメンを作る。
 何かを目指したり、何かを真似したりせず、お客さんにだけ向き合ってラーメンを作る。

 私の気持ちが伝わっていますか、と囁かれているようだ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ふらわさんは女性店主さんには優しいですよね
下心丸出しで優しい助平は多いですけどふらわさんからはジェントルマンシップ見たいのを感じます。そういう素養は女性だらけの家族構成で過ごされてる事で育まれるんでしょうかね
Posted by 高倉恵美 at 2019年08月24日 17:59
高倉恵美さん

 ありがとうございます。
 女性だらけの家族構成、ということでもないんですけどね。
Posted by ふらわ at 2019年08月26日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186465495
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック