2019年08月22日

冷やしラーメン考

/どうとんぼり神座(かむくら)アトレ川崎店にて冷たいおいしいラーメン/中国ラーメン揚州商人 末吉橋店にて冷しトマト麺/

クリックすると拡大します

 食べ歩きを続けていれば、飲食店の臨時休業、定休日や営業時間の変更などで振られることは確率の問題です。
 年間500杯のラーメンを食べ歩いていると仮定すると、1%に振られるとしても、年間5回は振られる計算になる。
 と、経験則や確率論で、どんなに自身の行動を正当化しても、目の前のラーメン屋は営業していないわけで。
 どんなに落ち込んでも、看板やシャッターを蹴っ飛ばしても、ラーメン店は営業しないので、次に行く。

クリックすると拡大します

 お昼は、JR川崎駅北改札口から徒歩10秒の、どうとんぼり神座(かむくら)アトレ川崎店@川崎(川崎市川崎区駅前本町)ホームページ)へ。
 2018/2/17オープン、神座とかどの位ぶりか思い出せないほど。
 店舗自体は朝7時から営業しているので朝ラーにもってこいなのですが、改札外なんですよね。
 店先のタッチパネル式の券売機で、食券を買ってから店内に入ります。

クリックすると拡大します

 メニューはおいしいラーメン750円、のトッピングバラエティーのみ。
 スープ春雨750円、こんにゃくラーメン750円がなんなのかは私は分からない。
 セットメニューとしておにぎり、餃子、チャーシューそぼろ丼などが揃っています。
 朝メニュー(7:00-10:00)として中華粥280円、とり粥330円がありますが、お粥を食べてもなぁ。

クリックすると拡大します

 店内は奥の厨房まで続くU字カウンター26席。
 お昼時と言うこともあり、店内満席近くで、1席だけ空いていた奥の席に案内されます。
 卓上には辣油、醤油、豆板醤、おろしニンニク。辛味付けされたニラ

クリックすると拡大します

 程なくして、冷たいおいしいラーメン950円。4/24販売開始。
 おいしいラーメンをベースとしている様に想像していましたが、トッピングを比べると、チャーシューを豚バラ肉に替え、スープと共に煮込む野菜はスープと別にして冷やし、キムチとワカメ、煮卵を追加しています。
 この、追加トッピングだけで差額(950-750=200)が相殺されるので、お得といえばお得。
 開発のコンセプトを感じにくい1杯ですが、スープで野菜を煮込んでいないので、味を薄く感じます。

クリックすると拡大します

 中細麺は硬くなるほど冷やしてあって、ただでさえ冷たいスープとは馴染まないのに、更に馴染まなくなっています。
 同様に、豚バラ肉や煮込み野菜、ワカメなどもそのまま食べたら美味しいけど、スープに浸して食べたらちょっと残念です。
 うーん、食材と開発コスト、仕込みの手間を考えると値段相応ですが、味や満足度では届いていません。

クリックすると拡大します

 冷たいラーメンの味変はしたことがありませんが、目の前に置いてある豆板醤とニラを入れてみました。
 冷たいスープだからね、味が変わるというか、味が加わるだけで、自身の不勉強さを身に沁みて知らされました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 昼間に振られた店に再度、夜に伺ってみましたが、状況は好転せず。
 折角ここまで来たのだから、至近距離のラーメン店でラーメンを食べて帰るか。
 夜は、中国ラーメン揚州商人 末吉橋店@川崎市幸区小倉ホームページ)へ。
 2002/3/15オープンですので、既に17年も営業されています。

クリックすると拡大します

 店先にメニューが掲げられています。
 夏期限定メニューとして、冷しトマト麺、冷しタンタン麺、冷し黒酢麺、涼風鶏そばが揃っています。
 揚州商人に馴染みの無い人であれば、他のメニューを見たり、まま、席に座ってからメニューを再確認するで良いと思います。

クリックすると拡大します

 店内は、左手が一段高くなって禁煙席、3人掛けテーブルが2卓、4人掛けテーブルが2卓、2人掛けテーブル。
 右手のフロアには、4人掛けテーブルが5卓、2人掛けテーブルが5卓、厨房向きカウンターが9席。
 奥には5人掛けテーブル、4人掛けテーブル、全部で69席。
 計算が間違っていたら、どこが間違っているのか、教えてくれると幸いです。


クリックすると拡大します

 各席にメニューが用意されていて、口頭注文後会計。
 冷やしメニューを注文すると、「大盛り無料ですが」と訊かれましたが、並盛りでお願いしました。
 卓上には具入り入りラー油、酢、醤油、ブラックペッパー(パウダー)、鎮江香酢。

クリックすると拡大します

 程なくしてし冷しトマト麺940円
 麺が見えないほどトマト、サラダほうれん草、冷やし豚しゃぶが盛り付けてあり、先ずはそれらを横にどけて、麺から頂きます。
 スープは殆どなくてほぼ和えそば、しっかり甘味、僅かな酸味のトマト、シャキシャキして仄かな苦味のサラダほうれん草、たっぷりの豚しゃぶ。

クリックすると拡大します

 美味しいですなぁー
 細麺はダマになるほど冷やされていますが、スープで解しながら食べると言う楽しみ付き、と考えました。
 麺を大盛にしたら諸々のバランスが崩れていただろうな、と思いながらも、大盛りだったとしても軽く食べ切れたな、と。

クリックすると拡大します

 食べ終わって会計すると、「如何でしたか?」と店員さんに声を掛けられます。
 どうってことの無い、取るに足らない小さい事でも接客は接客、ほんの一言がお店の来客を左右すると思います。
 そう言えばこの店員さん、お馴染みのお客さんには「お帰りなさい」と声掛けしてたな。
 スルッと食べてご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186475766
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック