2019年08月25日

北鎌倉でイタリアンを

/名代箱根そば藤沢店にて豆腐一丁/北鎌倉のAkizukiにてイタリアン/

クリックすると拡大します

 朝はのんびりすることが多くなった。
 のんびりが好きと言うよりも、朝早くから出掛ける元気が無くなったんだよね。
 こうして人は、どんどん出掛けなくなっていくのだろう、か。

クリックすると拡大します

 お昼は、名代箱根そば藤沢店ホームページ)へ。
 ここ藤沢店は改札内に出入り口もありますが関係者専用で、一般客はいったん改札を出てからお店に入ります。
 って、店に入る前に店先の券売機で食券を買います。
 こっそり全店舗訪問を狙っているのですが、こっそり過ぎてちっとも歩が進まない。

クリックすると拡大します

 店内は、入って右手に立ち食いカウンター4人分、3人分が3列、相対カウンターは10席、2人掛けテーブルが卓。
 受付に食券を出して、空いている席に座って出来上がりを待ちます。
 藤沢駅には改札内外に多くの飲食店がありますが、箱根そばには根強いファンがいますね。

クリックすると拡大します

 程なくして豆腐一丁470円
 どの位前か、少なくとも20年以上前から販売されている、夏期限定メニューです。
 豆腐が丸々一丁乗せてあるので、醤油を掛けて頂きます。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 先月に引き続き鎌倉、いや、北鎌倉。
 もの凄く長いホームなのですが、出口は両端にしかありません。
 今日も天気が良いなぁ、お店が駅から近くて良かったよ。

クリックすると拡大します

 お誘いいただき、北鎌倉のAkizukiにてイタリアンを。
 友達が多ければ、毎週の様にあちこちから声が掛かるでしょうけど、友達がいない私は、お声掛け頂ければ万障繰り合わせて伺います。
 このAkizukiというイタリアンレストランについて、調べれば何十行でも説明文が書けますが、敢えて書きません。
 今以上にお店が知られてしまって、予約が取りにくくなり、こんな私に声が掛からなくなると困るから。

クリックすると拡大します

 レストランたるアイコンは、入り口に置かれた七宝焼きだけ。
 どの位この店の予約が取りにくいのか知りませんが、カウンター貸切はそう簡単ではないでしょう。
 開店時刻は12時ですが、5分前にシャッターが上がるので遅れない様に、と幹事さんから案内がありました。

クリックすると拡大します

 店主さんが全ての調理をこなすので、カウンター6席、テーブル1卓が精一杯とのこと。
 幹事さんのご厚意でカウンター貸切、イタリアンのオープンキッチンというかアラミニッツは初めてです。
 アラミニッツは料理が提供される間隔が長いので、手持ち無沙汰になりかねないと杞憂がありましたが。
 何のことはない、美味しいワインを楽しめば良いし、色々な話をしていれば返って時間が少ないほど。
 ちなみに全ての料理は箸で頂くのが、何とも嬉しい。

クリックすると拡大します

 先ずは口濡らしにビール。
 もちろんリストなんか無くて、今日の料理に先立って飲むと合うと店主さんが思うビールを何種類か勧められます。
 大分のクラフトビール専門店「Monkey Mountain(モンキーマウンテン)」から、一番人気のABV約12%の「Barley Wine(バーレーワイン)」と、ABV約6%の「India Pale Ale(インディアペールエール)」。
 BROTURESのEASY RIDER、茅ヶ崎のブリュワリーであるBarbric Works協力で作られた完全オリジナルのクラフトビール、の3本。
 私は一番アルコール度数の高いバーレーワインを頂きましたが、一口目からワイン、二口目は日本酒、こんなビールがあるのか。

クリックすると拡大します

 1品目はフルーツの盛り合わせ、葡萄、梨、自家製のドライトマト、焼きナス、ブルーベリーを盛り付けてあります。
 コッパ(イタリア産の生ハム)を合わせ、リコッタチーズとペコリーノチーズ(羊乳を原料とするイタリアのハードタイプチーズ)。
 生ハムの塩気ってフルーツに合いますね、とても美味しい。
 全ての料理に口頭で説明がありますが、全て覚えられないので、間違っていたり、抜けていたらごめんなさい。

クリックすると拡大します

 ビールに続いて泡、Kumpf et Meyer Cremant d'Alsace Brut(クンプフ・エ・メイエー クレマン・ダルザス ブリュット)2016 フランス。
 こんな美味しいスパークリングワイン、味わったことありませんけど。
 店主さんと幹事さんらのワインの会話、全く付いていけないけど、聞いているだけで楽しくなってきます。

クリックすると拡大します

 自家製のパン。
 オリーブオイルを敷いて、提供前にオーブンで温めて下さいます。
 大抵のレストランではパンは食べ放題ですが、パンでお腹を膨らます必要はあまり感じません。
 それでも美味しいから、ついつい食べてしまって、お代わりしていたりします。

クリックすると拡大します

 ヒトミワイナリー MCNi(エムシーエヌアイ)2017 日本。
 ナイアガラ(白ブドウ)をMC法(房のままのブドウをもろみに投げ込んで、1週間ほどタンクで密閉発酵させる製法)で発酵させたワイン。
 ヒトミワイナリーとは、自然な美味しさをそのまま閉じ込めた無濾過仕上げの「にごりワイン」が有名な滋賀のワイナリー。
 『自家農園で栽培されるブドウは減農薬で手をかけて育て、自然酵母で発酵させ、酸化防止剤などを使わずできる限り無添加でワイン造りを行っている。』

クリックすると拡大します

 カジキのカルパッチョ。
 鮪の赤身、鰹の身、真蛸、太刀魚、無農薬の蜜柑の皮。
 魚と野菜を特製ドレッシングでまとめ上げてあって、一つ一つは明確な個性ある味わいがありつつ、全体が繋がっている味わい。
 そう、物語は始まったばかり。

クリックすると拡大します

 ここで、5本のワインを出されてどれにするかと言うことになり、鶴の一声で決まったロゼ。
 Volpe Rosa Cantina Giardino(ヴォルペ・ローザ カンティーナ・ジャルディーノ)2015 イタリア。
 この濃い出汁の様な色合いは、何と表現したら良いのだろうか。
 ロゼはあまり好きではないけれど、このロゼは美味しい。

クリックすると拡大します

 鮎のパスタ、キタッラ。
 鮎、おかわかめ、冬瓜、ペーストにした鮎の内臓を添えて。
 アラミニッツとはいえ、キタッラは既に打って用意されていました。
 キタッラを押し出す調理器具も見せてもらって、一堂感動。

クリックすると拡大します

 次は白。
 Daniele Piccinin Bianco dei Muni(ダニエーレ・ピッチニン ビアンコ・デイ・ムーニ)2016 イタリア。
 魚料理(?)には白が合うよね、とは言え、ここまでワインが美味しいと、何にでも合いそうですけど。

クリックすると拡大します

 甘鯛、赤ピーマンとバジルを利かせたソース、付け合わせの野菜のサラダは、トスカーナ料理のパンツァネッラ。
 写真だと完成した料理しか紹介できませんが、目の前で甘鯛の鱗を立たせるのを見ながら料理の出来上がりを待つ楽しさ。

クリックすると拡大します

 最後は赤、ツヴァイゲルト2016 日本。
 北海道余市で育ったツヴァイゲルト(赤ワイン用のブドウ)を、野生酵母、野生乳酸菌で発酵させた赤ワイン。
 大抵はフルボディの赤ワインをガバガバ飲んでいる私であっても、こうして泡、ロゼ、白、そして赤と流れる飲み方はとても嬉しい。

クリックすると拡大します

 最後は肉料理。
 付け合わせにポテト、ローストイチジク、落花生。トレビスを敷いてあります。
 一口ずつ少しだけ頂く肉料理も、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 デザートにシナモンを掛けたアイス、チョコレート添え。
 合わせたのはブランデー、Vieux Marc de Riesling GC Kaefferkopf Christian Binner(ヴュー・マール・ド・リースリンググランクリュ・ケフェルコフ 1989 クリスチャン・ビネール)1989 フランス。
 マールを飲みたいと言ったらブランデーが出てきたけど、同じ事。
 日本に100本程度しか入ってきていないと思われる1本、割り勘じゃなければお代わりしたほど印象的な美味しさ。

クリックすると拡大します

 これだけ飲み食いして、他では聞けない貴重なお話を聞いて、一人約一万円の会計って何だよ。
 美味しい料理、美味しいワイン、楽しい会話、とても落ち着く空気、全て込み込みでその値段は何かがおかしい。
 とても素敵な会に誘って下さり、幹事さんありがとうございました。
 また秋が深まってきた頃に、お伺いしたいです。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>豆腐が丸々一丁乗せてあるので、醤油を掛けて頂きます。

これに醤油掛けたら、お蕎麦の御汁が台無しになりませんか?想像すると、しょうゆ味しかしなくなりそう。
Posted by 美紀 at 2019年08月30日 08:28
美紀 さん、コメントありがとうございます。

> 想像すると、しょうゆ味しかしなくなりそう。

 是非、ご自身でご確認下さい。
Posted by ふらわ at 2019年08月30日 09:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186490484
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック