2019年09月05日

第一回 秀鳳の会

/おにやんま五反田本店にて冷並つきがわり(冷やし豆乳担々うどん)/みよし@蒲田にて天ぷらそば/ささめ@蒲田にて第一回 秀鳳の会/

クリックすると拡大します

 朝は、おにやんま五反田本店へ。
 先月から限定メニューを食べ出したのですが、どうやら、その限定メニューが月替わりであることに気が付きました。
 そーゆーことなら、毎月初旬に食べるべき何じゃないかと。
 何故ですかと聞かれても、特に理由は無いんだけど。

クリックすると拡大します

 券売機における限定メニューのボタンの分かりやすさ。
 改めて全体を見渡してみると、ずっと同じメニューを食べていたせいで、かなりのメニューが未食のまま。
 色々と食べてみたい気持ちもアリ、他店で朝ごはんを食べたい気持ちもアリ、なむ。

クリックすると拡大します

 さて、冷並つきがわり530円、今月は冷やし豆乳担々うどんになります。
 うどんに豆乳が合うのか、とか、大きな青梗菜はどうなんだ、とか、味噌餡は何味なのか、とか。
 いやいや、おうどんが美味しいことが全てですよ。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は、みよし@蒲田へ。
 創業40年超の、リアル昭和立ち食いそば店。
 営業時間は不明ですが、閉まっている店舗を見たことがありません。

クリックすると拡大します

 店内は完全立ち食いスペース、両側にくまなく立てば20人は座れるでしょうか。
 口頭注文し、テーブルに代金を置いておくと、出来上がった料理が運ばれてきます。
 かけ210円からいか天380円まで170円のはば、写真には写っていないけど、冷やしとかもあります。

クリックすると拡大します

 天ぷらそば290円
 どんなに言葉を紡いでも、甘めの蕎麦つゆにボソボソのお蕎麦、ぺらぺらのかき揚げの一杯を、
 正しく表現し、人に勧めることは私にはできない。

クリックすると拡大します

 何かに美味しいと書いてあった、誰かが美味しいと言っていた、ではなく、自身の目で入店を決め、自身の舌で味を評価し、
 美味しければ再び食べに来る、そうでなければもう来ない。
 そういう人を食通と呼ぶのではないだろうか。

クリックすると拡大します

 夜は、ささめ@蒲田にて開催された、第一回 秀鳳(しゅうほう)の会に参加してきました。
 蔵元を招ける席数には少し足りませんが、二部制にすること等で、何とか対応されています。
 定刻になって全員揃って、さて、乾杯の前に、記念撮影。

クリックすると拡大します

 大抵は隠し酒があったりして、最後に勢揃いさせて撮影することが多いのですが。
 今日は酔う前に(撮影する前に)勢揃いさせて撮影したので、全員、撮りこぼしなし。
 ※左から順番に飲みました。
 さて、安心して飲めますね。

クリックすると拡大します

 乾杯は、《ラ・フランスに梅酒》
 梨のリキュールですが、梅酒が日本酒で漬けてあるので、かなり日本酒。

クリックすると拡大します

 焼き茄子 酒盗卵《山田錦純米大吟醸》
 この焼き茄子が美味しいですねぇ、日本酒はお代わりしても良いのでお代わりしました。

クリックすると拡大します

 平目昆布締め 戻り鰹たたき《愛山純米大吟醸》
 平目の美味しさと言ったら何かに例えようがないほど。

クリックすると拡大します

 ちりめん山椒、飛び魚のなめろう
 こちらは一品料理というか、小皿に残しておいて、合間々々に摘まむ感じです。

クリックすると拡大します

 秋刀魚塩焼き 松茸《雄町純米大吟醸》
 松茸はカナダ産、合わせて飲んだ日本酒に浸し、塩を振って焼き上げてあり、今夜一番の美味しさ。
 その松茸の次に美味しかった秋刀魚、串焼きも美味しいですね。

クリックすると拡大します

 ふろふき大根《山田穂純米大吟醸》
 料理も美味しいのですが、お喋りも楽しく、蔵人との話も弾みます。

クリックすると拡大します

 舞茸天ぷら 塩煎り銀杏 栗の唐揚げ《出羽燦々純米大吟醸》
 少し前に人生で初めて栗の素揚げを頂きましたが、間を空けず、栗の唐揚げ。

クリックすると拡大します

 生くらげポン酢
 終わりに向けての酢の物、良い感じです。

クリックすると拡大します

 いくらと塩鮭ほぐしご飯《つや姫純米》
 いくらと鮭で「親子丼」でしょうか、日本酒がつや姫ならば、ご飯もつや姫。

 デザート酒《まるで杏仁》
 あっと言う間の2時間でしたが、また機会があれば予定を調整して伺いたいです。
 楽しいお喋り、美味しい料理と日本酒をありがとうございます。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>どんなに言葉を紡いでも、甘めの蕎麦つゆにボソボソのお蕎麦、ぺらぺらのかき揚げの一杯を、正しく表現し、人に勧めることは私にはできない。

ふらわさんは、言葉を紡いでいるのではなく、なんとなく聞きかじった難しそうで、画数の多そうな言葉を羅列しているだけです。だから、意味が通らなかったり、助詞の使い方を間違ったりするんです。
頭の良い人ほど、シンプルな文章を書くものです。貴方は真反対です。
Posted by 雅紀 at 2019年09月09日 13:50
雅紀さん、コメントありがとうございます。

> 頭の良い人ほど、シンプルな文章を書くものです。貴方は真反対です。

 おっしゃる通りです。
 別にそれで私は何にも困りませんし、誰か困る人がいますか?
Posted by ふらわ at 2019年09月09日 23:52
> どんなに言葉を紡いでも、甘めの蕎麦つゆにボソボソのお蕎麦、ぺらぺらのかき揚げの一杯を、
> 正しく表現し、人に勧めることは私にはできない。

取り放題の薬味がなかったのですか?
店員さんに邪険に扱われたのですか?

一応ブログの記事にしているということは店員さんに怒られてはいないと思いますが
味のわからないふらわさんがここまで酷評する理由が知りたいです。
Posted by tomoco at 2019年09月12日 22:11
tomocoさん

> 味のわからないふらわさんがここまで酷評する理由が知りたいです。

 さりげなく、disってますね(泣)
Posted by ふらわ at 2019年09月13日 01:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186528015
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック