2019年09月09日

両国のラーメン屋

/らーめん山頭火五反田店@五反田にて塩つけ麺/ラーメン茶屋熊八両国錦糸町森下菊川の間@両国にて熊さん担担麺/

クリックすると拡大します

 言葉通りの台風一過。
 10年前、5年前だったら何としても電車などの公共機関を稼働させて、何としても前に、の風潮だったんだよね。
 お上からの指導(通達?)とは言え、そういう時代になりました。

クリックすると拡大します

 お昼は、らーめん山頭火五反田店@五反田ホームページ
 1999/03/10オープンですので、もう20年選手、場によれば老舗と呼ばれてもおかしくはありません。
 私自身は2008/6以来の訪問で10年以上振りですが、店内の様子や口頭注文後会計を覚えているのは、不思議です。
 調べてみると、現在の東京には、原宿店、五反田店、渋谷店、新宿南口店と4店舗展開されています。

クリックすると拡大します

 新店巡りは全然足りていないし、馴染みのお店にも顔を出したいし、限定メニュー、コラボメニューも気になるけれど。
 ふと足を止めた「新発売」のワード、20年選手であっても新商品を開発されています。
 トッピングに凝ったり、時流の乗った限定メニューだったらスルーだけど、スタンダードメニューのブラッシュアップとなれば、食べてみたくなります。

クリックすると拡大します

 お昼はサービス定食があるんですね。
 都内でラーメンを食べ歩ているラーメン好きならば、山頭火を食べている人も多いかと思いますが、一応メニューのおさらいを。
 らーめんはしお、しょうゆ、みそ、辛みそ。チャーシューめん、特選とろ肉らーめん。つけ麺はしょうゆ、辛みそ。
 サイドメニューはご飯もの、焼き餃子、ビールもあります。

クリックすると拡大します

 店内は真っすぐ奥にストレートカウンター15席(一番奥はちょっと曲がっている)、変わっていないですねぇ。
 卓上には一味唐辛子、白胡椒。
 口頭注文後会計、店員さんの顔は覚えていない。替わっているかも知れないし、シフトの関係で不在かも知れない。
 お冷を飲みながら「旭川の本店に伺ったのは2013/10、もう6年前か」と思いを馳せながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待って塩つけ麺930円。先につけ汁、続けて麺。
 つけ汁は塩味の豚骨白湯、今でもこんなに美味しいのはずっと美味しさを磨き続けてきたんだろう。
 味にメリハリをつけるために唐辛子や白胡麻が混ぜられていて、さらに美味しさを感じます。
 トロっとしたチャーシューが何枚か沈められていて、これまた美味しい。

クリックすると拡大します

 冷たく締められ、黄色味が掛かった加藤製麺の中太麺、良い感じです。
 昔、この黄色はかんすいの色だと信じていましたが、歳を取ってクチナシの色だと知りました。
 スープ割を頼む間も無く、残ったスープはそのまま飲んでしまいます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、ラーメン茶屋熊八両国錦糸町森下菊川の間@両国(墨田区緑2-15-1)(公式ツイッター)へ。
 立地は両国駅と錦糸町駅の真ん中から両国駅寄り、歩くと10分では着かないかな。

 江戸麺 熊八として森下に2016/9/1オープン、途中、森下の小粋な長屋ラーメン 熊八にリニューアルし、2019/6/30移転のため閉店。
 数日のプレオープンを経て、2019/9/8グランドオープンするも台風で臨時休業。
 ですので実質、今日がグランドオープン、開店おめでとうございます。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、左手に全店から引き継いできた券売機があります。
 メニューは担担麺850円、熊さん担担麺950円、牛肉味噌担担麺1,250円。
 醤油ラーメン750円、八五郎醤油ラーメン950円。つけ麺850円、熊さんつけ麺1,050円。
 ご飯物はありますが、ドリンクは無し。

クリックすると拡大します

 買った食券を店員さんに渡すと、お好きな席へどうぞと案内されます。
 店内は両壁向きカウンター、右手に厨房、厨房との先の壁向きに9席、左手の外向きに7席、全16席ですが、間引いた椅子が部屋の隅に置かれています。
 厨房はベニヤ板の向こう側なので、調理が見えないのはともかく、店主さんへのお声がけもままなりません。
 上手く手隙と合えば、色々と話したかったんだけどな。

クリックすると拡大します

 少し待って、熊さん担担麺950円
 無化調の鶏白湯スープに芝麻醤のコクを加えてあり、ありがちな組み合わせに思えて、味わい深いスープがとても美味しい。
 全体に振られた白胡麻や、辛味付けの辣油が味を幅出しています。

クリックすると拡大します

 合わせる太麺は自家製麺、この太麺が美味しいのよね。
 単調になりがちな味ですが、途中、パクチーの刺激がとても爽やか。
 半熟卵の味玉も美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 食べ終わって店主さんにご挨拶しようと、注文が途切れるタイミングを見計らってましたが、後客が途切れません。
 えーい、ままよ、迷惑を承知で暖簾越しに店長さんに声を掛けました。
 多忙の中を嫌な顔一つせず、「クラウドファンディングに参加して下さってありがとうございます」とのお礼を頂きました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
山頭火、昔カップ麺で知りましたが、もう20年てすごいですね!

昨日、夕方のニュース番組に1日2食ラーメンを食べる田中さんという方が出演されていました。

その田中さんという方は、別の番組でも拝見したことがあります。杯数で言えば負けていない
ふらわさんが何故メディアから お声が掛からないか私なりに考えてみました。

1.味覚オンチだから ←山ほど紅生姜や青ネギを乞食する人に味のことなんて聞けないよね、って説。

2.気に入らなかった店を貶しまくる(麺とスープが全く合いません、私には理解できません、など)

どうでしょう?

ふらわさんは否定されると思いますが、本当は田中さんのようにメディアからお声が掛からないのを自分で謎に思っていたのでは?

今後の振る舞いの参考にしていただければ幸いです♪(^ ^)
Posted by 一応メディア関係者(ホントは声かけたいのに!) at 2019年09月12日 10:33
一応メディア関係者さん、コメントありがとうございます。

 メディアに出るには、二つ名(枕詞)が必要なのでは無いでしょうか。
 東大卒、とか、官僚なのにラーメン好きとか。

 私の場合、味は分からないし、間違いは多いし、つい本当のことを言ってしまう、に加えて二つ名がありませんから。
 ま、メディアはメィデアが好きな人同士で仲良くやったら良いんじゃ無いでしょうか。
Posted by ふらわ at 2019年09月13日 01:33
私は逆にふらわさんはTV等の顔出しメディアに向いてると思いますよ。
以前中本と荒木屋が揉めた時とくダネでコメントなさってるのを拝見しましたがルックスのインパクトはかなり高いと思います、特にご自身ではお気づきになってないかもしれませんが射貫くような目力があると思います。
学歴とか職歴は今更手に入りませんが「通算10000杯超えのサラリーマン」で十分インパクトがありますよ。
しゃべりのテクニックはやってるうちにそれなりにこなれていくものでしょうから心配はないと思います。
ふらわさん目当てにチャンネルを合わせる人はほとんどいない(失礼、でもあくまでも一般人ですからね)でしょうけどふらわさんを見てしまった人はチャンネルを変えないと思います。
チャンネルを変えさせないインパクトってけっこうメディア関係者が欲してるものだと思うのですが
Posted by 高倉恵美 at 2019年09月13日 09:15
高倉恵美さん

 ありがとうございます。
 美味しくないものを美味しいと言い、何度も見たことがあることを初めての様に驚く。
 お金をもらっても、私には無理です。
Posted by ふらわ at 2019年09月13日 22:53
> 美味しくないものを美味しいと言い、何度も見たことがあることを初めての様に驚く。

私もふらわさんはテレビ向きだと思いますよ。
旨い!って言って椅子から転げ落ちるだけでギャラ貰えるんですよ?
Posted by tomoco at 2019年09月14日 21:38
tomocoさん

 いえいえ、無理ですって。
Posted by ふらわ at 2019年09月18日 08:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186545843
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック