2019年09月12日

関内で朝ラー

/つけ麺 山崎@馬車道にて昆布水つけ麺/ラーメン豚山 元住吉店@元住吉にて小ラーメン/

クリックすると拡大します

 朝は、つけ麺 山崎@馬車道(横浜市中区弁天通3-39)へ。
 プリンスグループが運営する焼き鳥と地酒 だるま 関内のランチ営業として2019/9/10にオープン。
 営業時間は6:00-14:00、日休、朝ラーを食べるために家を1時間以上早く出て大きく寄り道した形になります。
 立地は、関内駅から向かうと弁天通三丁目交差点を右に入り、拉麺弁tenの先、公称徒歩5分。

クリックすると拡大します

 朝からつけ麺のお客さんがどのくらい見込めるか分からないけど、人通りに店を出すか、店が人通りを作るか、だな。
 入って直ぐ左手に置かれている券売機で、食券を買います。
 メニューは昆布水つけ麺(塩・醤油)900円、らぁめん(塩・醤油)850円、和え玉250円。
 トッピングにしゃぶ肉があったり、ご飯物にタコ飯茶漬けがあったり、朝から営業であってもビールがあったり。

クリックすると拡大します

 店先に掲げられている大きな看板から、「取り合えず、ランチ始めました」ではない意気込みを感じましたが。
 口頭注文の伝票式では無く、券売機も用意してあるとは。
 もちろん、メニューも手書きコピーなんかじゃ無くて、しっかりした冊子です。
 買った食券を店員さんに渡すと「塩と醤油ができますが」と訊かれましたので、塩でお願いしました。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を向いたL字カウンター8席、4人掛けテーブルが2卓、2人掛けテーブルが3卓。
 席の配置は夜営業用であり、朝から満席は想定されていなくて、何席かは物置になっていました。
 卓上の調味料はブラックペッパーグラウンド。
 店員さんは男性が4人、一切私語を交わさず、黙々と働かれています。

クリックすると拡大します

 すっかり市民権を得たと思っているつけ麺でさえ、食べ方の説明書が置いてある店があります。
 お店イチオシの昆布水つけ麺、つけ麺と同じ食べ方でいいはずですし、最終的には食べ手が食べやすい様に食べたらいいのですが。
 お店としての「お召し上がり方」について説明書がありますので、今日はその通りに食べてみます。
 他の(これまでの)昆布水つけ麺との違いは、「昆布水は初めから掛かっていないで、自身で掛ける」「割スープは昆布水ではなく、別途用意」でしょうか。

クリックすると拡大します

 10分ほどで、昆布水つけ麺900円
 白木の角盆に麺皿、つけ汁椀、昆布水片口、薬味皿、レンゲと箸が並べられています。
 極個人的な悩みとして、こうして角盆に乗せられていると、写真が上手く撮れないこと。
 もちろん、角盆に乗っていなくても上手く撮れていないのですが、角盆に乗っていると器の配置を「提供されたまま」にするか「正しく並べ直すか」、悩んでしまう。

クリックすると拡大します

 【其の一】まずは昆布水を麺にかけ、麺のみお召し上がり下さい。
 一般的な「昆布水つけ麺」は昆布水に麺を浸した状態で提供されますが、山崎では自身で昆布水を掛けますので、掛けることを楽しめたり、掛ける量を調整できます。
 私は一気に全部掛け、麺全体を昆布水に馴染ませてから手繰ることにしました。
 北海道のがごめ昆布を使った昆布水は、とろろ昆布水と呼べるほど粘度が高く、麺の味より昆布水の美味しさが楽しめます。

クリックすると拡大します

 【其の二】塩を少し麺にのせ、お好みで山葵をつけて、お召し上がり下さい。
 麺を麺皿に置いたまま薬味を乗せるのでは無く、一旦レンゲに一口分の麺を乗せてから薬味を付けて食べました。
 沖縄県粟国島(あぐにじま)の海水から製塩された粟國の塩(あぐにのしお)、昆布水の美味しさと相まって、麺がさらに美味しく。
 山葵はなんだろ、このタイミングで「さっぱり」は早い気がする。

クリックすると拡大します

 【其の三】つけスープにたっぷり麺をつけて一気呵成にお召し上がり下さい。
 青森県産軍鶏ロック、鳥取県産大山鶏を主体としたつけ汁、小切りの葱を浮かべて旨味過多の味わいに、ここまで来たかと感慨深い。
 細麺は三河屋製麺、山崎では温麺も販売されているので、麺が共通か専用なのかは不明。
 トッピングの豚肩ロースチャーシュー、鶏ももチャーシュー、九条ネギ、刻み紫タマネギ、板海苔、塩昆布を適時つけ汁に浸けて頂きます。

クリックすると拡大します

 【其の四】最後は追いスープをつけ汁に入れて完まく下さい。※「完まく」は商標登録では?(違います
 麺を美味しく食べ終わって店員さんに声を掛けると、追いスープ(割スープ)の保温ポットを持ってきて下さいます。
 追いスープは鰹節の一番出汁、こんなに美味しい割りスープは初めて飲みました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、ラーメン豚山 元住吉店@元住吉(川崎市中原区木月)公式ツイッター)へ。
 豚山は、町田商店を展開するはギフトが仕掛ける「店内炊きスープのラーメン二郎インスパイア」の多店舗展開店。
 町田、平塚、大塚、大船、東長崎、上野、中野に続く8店舗目として、2019/7/10オープン。

 立地は、元住吉駅至近のオズ通り、RAMEN HANA=SAKU*(2015/6/6-2016/7/31)、沖縄食堂 空と海と太陽と(2016/8/20-2018/5/21)、ガドーリカリー(2018/7/17-2019/7/31)の跡地。
 11:00-23:00の通し営業で、満席にはならないけどノーゲスにもならない感じで、安定して営業されています。

クリックすると拡大します

 入ってすぐ右手に、全店で統一された券売機が設置されています。
 小ラーメン780円、ミニラーメン730円、大ラーメン880円、汁なしに変更100円、つけ麺に変更100円。
 トッピングは生玉子50円、粉チーズ50円、味玉100円、白髪ネギ100円など。
 ラーメン二郎系では珍しいライス100円、大ライス150円も用意されています。

クリックすると拡大します

 空いていた席に座り、店員さんに食券を私ながら「麺、柔らかめで」と伝えます。
 店内は、厨房を囲むL字カウンター10席、壁向きカウンター2席、テーブル席はありません。
 卓上にはブラックペッパーグラウンド、ホワイトペッパーパウダー、タレ、お酢、一味。

 8分ほどして出来上がり、「麺柔らかめの方ぁ〜」と声を掛けられるので、「ニンニク、ヤサイ、アレ」と答えます。
 アレとは豚山で店舗毎、ほぼ日替わりで無料サービスされているトッピング、公式ツイッターで各店舗のアレが告知されています。
 ※ちなみにこの日は、町田 旨辛くん、平塚 もろ味噌、大船 カレー粉、東長崎 カラマヨ、上野 赤い揚げ玉、中野 紅生姜、元住吉 紅生姜。

クリックすると拡大します

 小ラーメン(麺柔らかめ)780円
 この、国民総カメラマン時代であっても、ワンショットに全てのトッピングが収まらない盛り付け。
 天地返しは殆どやらないので、先ずヤサイから食べ始めますが、キャベツ多め、モヤシとキャベツが冷えていて、レアな食感です。
 でもまあ、ラーメン二郎インスパイアのラーメンのヤサイに食感を求めるの人は少数派だろうから、気にしすぎなのだろう。

クリックすると拡大します

 レンゲでスープを味わってみると、これまでの自分史上、最大の下ブレ。
 いや、下ブレだと思いたい。肉煮汁が弱く、背脂も薄い。
 でもまあ、ラーメン二郎インスパイアのラーメンのスープに味わいを求めるの人は少数派だろうから、気にしすぎなのだろう。

 四之宮商店の平打太麺は柔らかめで美味しいのですが、これまで感じたことがない芯を感じます。
 見ていた限りでは、他店と同じ様に茹でていたけど、、どうなんだろう。
 豚はフワトロと柔らかく、仕込み方法を変えたのかと思うほど薄味仕上げです。
 でもまあ、ラーメン二郎インスパイアのラーメンの麺、豚に味を求めるの人は少数派だろうから、気にしすぎなのだろう。

クリックすると拡大します

 麺を半分ほど食べたところで一味を振ってみました、初めて振ってみたのですがパウダーでは無く粗挽きだったんだ。
 激辛という程ではありませんがしっかりとした辛みを感じ、粗挽き一味をこれからは試していきたい、と。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
元住吉ですか。
久しぶりに「おれんち」の長いお皿を見てみたいですね♪
Posted by tomoco at 2019年09月14日 20:59
tomocoさん

 いつか行けるといいですねぇ。
Posted by ふらわ at 2019年09月18日 08:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186557395
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック