2019年09月19日

白河旅行(大内宿)

/モーニングカレー/大内宿/山形屋にて街道おろしそば(ねぎそば)、栃の実もち きな粉(2個)/大内ダム/猪苗代湖/ディナー/

クリックすると拡大します

 9時前に寝るなんて、高校生、いや、中学生以来、それでも朝は6時頃まで起きない。
 ベッドが硬くてあまり寝た感がないけど、ここまできてどうにもならないので、そのまま起きます。
 今日は一日、晴れるといいなぁ。

クリックすると拡大します

 朝食はモーニングカレーで。
 レストランは7時半からですが、皆さん早起き、開店時にはかなりお客さんが並んでいます。
 朝から野菜がたっぷり取れるのが、とても嬉しい。

クリックすると拡大します

 おかずは圧倒的に和食が多いので、できる限り洋食で、それでも焼き魚は忘れずに。
 牛乳もオレンジジュースも飲んで、最後にコーヒーも飲んで、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 特に行く当てを考えていませんでしたが、近くに宿場があるので行ってみることに。
 車で移動すると、写真を撮る度に車を停めないとならないから、何となく撮りそびれてしまいますね。

クリックすると拡大します

 むかしといまが出会える場所、大内宿、下郷町大内宿伝統的建造物群保存地区。
 国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定されている、四百年前の江戸時代の宿場町、なんですけど。
 フォトスポットというか、これを撮れば(これと撮れば)行ったことになるという、オブジェが見当たらない。

クリックすると拡大します

 建物の殆どが茅葺き屋根、お店やお土産屋かお蕎麦屋さん。
 平日であっても、かなりの人出、土日だともっと多いのかな。

クリックすると拡大します

 今でこそ、電気も水道もあるけど、この宿場町が宿場町として稼働していた頃はどうだったのだろうか。
 説明によれば、江戸時代初期の17世紀中頃、会津藩が会津と江戸を結ぶ幹線道路の一つとして整備したとのこと。
 主屋の多くは、江戸時代後期から明治にかけて建築されたらしい。

クリックすると拡大します

 飲料ではないだろうけど、山の麓からずっと水が流れてきています。
 話しが逆で、水が引けたから宿場町として成り立ったのだろうと、想像。
 今は真ん中に通路があり、通路の脇を用水が流れていますが、元は広い溝に水が流れていて、埋め立てて通路にしたとのこと。

クリックすると拡大します


クリックすると拡大します

 宿場町の奥の山には弁財天があるので、登ってみるでしょ。
 弁財天自体は特に何がどうと言うことは無いけど、手元の小銭をお賽銭とし、旅の無事をお願いします。

クリックすると拡大します

 で、その途中で振り返ると、宿場町が見渡せます。
 おお、ここがひょっとしてフォトスポットなのかも。

クリックすると拡大します

 で、大内宿にきたらねぎそばでしょ。
 どこで食べるとか決めていなかったのですが、木曜日が定休日のお店が多いようです。
 愛犬連れなので、テラス席がある店舗と言うことで、山形屋にしてみました。

クリックすると拡大します

 ねぎそばの由来を調べてみると、「小さいお椀にねぎを挿して子孫繁栄を願う風習がある」という話をお客から聞いて発想を得た三澤屋が、30年ほど前に始めたメニューとのこと。
 多くの店舗でねぎそばを販売されていますが、店舗毎に名称が異なっています。
 三澤屋本店「高遠(たかとう)そば」、本家玉屋「祝言そば」、大黒屋「ねぎ一本そば」、玉川屋「ねぎそば」、大和屋「ねぎそば」、浅沼食堂「宿場そば」、松本屋「ネギそば」、萬屋「ねぎそば(冷)」など。

クリックすると拡大します

 また、本来のねぎそばのお汁は、大根おろしの絞り汁ですが、鰹節のだし汁などを使った「普通の蕎麦つゆ」のお店もあるし、うどんや温かいおそば、ラーメンを提供している店もあるそうです。
 折角需要に貢献すべく、ねぎそばだけではなくお餅もお願いしました。

クリックすると拡大します

 程なくして街道おろしそば(ねぎそば)1,100円
 観光地値段とは言え、お蕎麦に大根おろしと花鰹を乗せ、ねぎを一本挿して、この値段なのか(他店もほぼ同じ)。
 割り箸も用意されているので、上手く食べられなかったら使おうと食べ始めます。

クリックすると拡大します

 こんな感じですかね、お蕎麦は二八かな、美味しいか美味しくないかではなく、この地で食べることに意味がある。
 蕎麦つゆはかなりあっさりしているので、大根おろしの絞り汁を主体に、蕎麦つゆを合わせている感じ。
 日差しが強い真夏なら良い感じだろうけど、逆に真冬はどうなんだろうか。

クリックすると拡大します

 栃の実もち きな粉(2個)600円
 ※合わせて撮った漬物は、そばに付いてきます。
 このお餅はねぎでは食べない(食べられない)ので、割り箸で食べることになります。
 素朴な味わいで、美味しく頂きました。

クリックすると拡大します

 一通り見たので、時間もあるので近くの湖に行ってみるかと。
 途中、大内ダムを経由しますので、ちらっと立ち寄ります。
 おお、こんなに水があれば、宿場町も困らなかったのだろう。

クリックすると拡大します

 振り返ると、遠くに大内宿が見えます。
 山間に都合良く平地があったのか、山間を平地にしたのか。

クリックすると拡大します

 1時間ほど走ると猪苗代湖
 3/4周ほどしたんですけど、こちらも特にフォトスポットを見つけられず。
 ま、湖の写真を見ただけで「おっ、猪苗代湖!」と分かる人もいるかも。

クリックすると拡大します

 全く波が無いなぁと思っていたけど、反対側に回ったら、結構波があった。
 泳ぐ人はいないだろうけど、波打ち際で遊んでいる人は一人もいませんでした。

クリックすると拡大します

 戻ってきて、一息入れたらディナー
 二泊すると四食食べることになりますが、既に三食目、料理のパターンが読めてきました。
 料理に力を入れている「高級リゾートホテル」ならば毎食、違う料理なのでしょうけど。

クリックすると拡大します

 んで、今夜も飲み放題、かぁー、ビールが美味い。
 こんな日ばかり過ごせたら最高だろうけど、こんな日ばかりではないからこそ、こんな日が最高なのだろうと。

クリックすると拡大します

 サラダのメンバーも大体同じですけど、どの野菜も美味しいから問題ありません。
 ドレッシングが何種類か用意されていて、今夜はレモンドレッシングにしたら、これまた美味しい。

クリックすると拡大します

 今夜の日本酒は、ホテルから車で30分ほどの寿々乃井酒造店が醸す「寿々乃井(すゞのい)」清酒。
 地産地消を謳ってはいないけど、3種類中2種類が福島のお酒。

クリックすると拡大します

 折角飲み放題なので、赤ワインを。
 ガルシア・カリオン・テンプラニーリョ(赤) スペイン、ワイン好きなら絶対に飲まないバッグ・イン・ボックスワイン。
 私は飲みますよ、美味しいですから。

クリックすると拡大します

 んで、レモンサワーも飲んでみました。
 ドリンク販売コーナー店員さんのステアの手つきが、それなりのホテルで修行された様な所作で。
 今夜も美味しく頂きました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
一流のホテルにはいいバーテンダーは欠かせませんからね、ペット同伴可のホテルでも
そういうところに目配せを欠かさないふらわさんは大人の嗜みを知り尽くしてる御仁で
あらせられるなと思います、古いけど山口瞳みたいでかっこいいです
Posted by 高倉恵美 at 2019年09月23日 10:31
5,6,7,18〜21枚目の風景画はデジタル一眼レフでの撮影ですか?
Posted by tomoco at 2019年09月25日 20:20
高倉恵美さん

 混ぜる、ではなく、味を合わせる、ステア使いでした。
Posted by ふらわ at 2019年09月25日 23:11
tomocoさん

 デジイチは持って行っていません。
 バイキング方式の朝食と夕食はiPhone8Plus、他の写真はコンデジ(PowerShotG9X)で撮っています。
Posted by ふらわ at 2019年09月25日 23:17
> デジイチは持って行っていません。

失礼しました。
特定の場所に影が映っているのでセンサーに埃でもついているのかと思いまして。
Posted by tomoco at 2019年09月26日 20:41
tomoco さん

 コンデジ(レンズ交換不可)でも、センサーにゴミが付くことあるんです。
 (ググると結構、見つかります)。
 ま、私の撮った写真としてのサイン、と考えてます。
Posted by ふらわ at 2019年09月28日 15:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186590668
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック