2019年09月26日

蕎麦、饂飩、五橋

/ゆで太郎東五反田店にて薬味そば、ゲソ天、かき揚げ/Japanese UDON noodle lab 麺屋 坂本01@大森にて玉天ぶっかけ(冷)/元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田にて海鮮五目麻婆麺、チャーシュー/

クリックすると拡大します

 早起きは中華蕎麦のために、今朝はゆで太郎東五反田店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン店系路麺店ですが、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 毎朝でも食べたいお蕎麦ですが、現実は厳しい。

クリックすると拡大します

 東五反田店は椅子が8脚に立ち食いスペース8人分ほどと、都内でも狭い方です。
 遠距離通勤の私は、できることならば席に座りたいのですが、今日は座れそうもない。
 ま、たまには立って食べるのも悪くない。

クリックすると拡大します

 程なくして、薬味そば480円、ゲソ天100円、クーポンかき揚げ
 エッジの立った江戸切り蕎麦のなんと美味しいことか、サクサクのかき揚げを食べられる幸せ。
 ゲソ天よ、永遠なれ。
 美味しくいただきまして、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は、Japanese UDON noodle lab 麺屋 坂本01@大森公式ツイッター)へ。
 ブログをやっていない人にとってはどうでもいいことですけど、ホームページや公式ツイッターなどのリンクを店名に続けて記載するとき、「前回と同じだろう」とコピペしがちですが。
 毎回、検索し直しています。
 面倒くさいけど、面倒くさいことって大好きなので。

クリックすると拡大します

 店内に入って、券売機で食券を買って、店内を見渡すと、椅子が無い。
 8月中旬のツイートで「椅子導入!」ってあったんだけどなぁ、聞けばサイズ合わなくて再発注中とのこと。
 うーん、楽しみに待ちますか。

クリックすると拡大します

 程なくして、玉天ぶっかけ(冷)550円
 じっくりと寝かせて味が馴染んだいりこ出汁、すっきりした後味で美味しいですねぇ。
 圧倒的に冷たいのを楽しむことが多いのですが、暖かいのも味わってみたいな。

クリックすると拡大します

 キリッとエッジの立ったうどんは田村製麺、お出汁ととてもよく合います。
 麺が長尺なので、ちゅるちゅるっとするのが楽しいです。
 大根おろしに千切りした九条ネギ、振られた山椒がよく合います。

クリックすると拡大します

 鶏天か牛しぐれが多かったので、初めて玉天をトッピングしてみました。
 サクッと衣を噛むと、トロンと半熟卵、いりこ出汁のうどんに、この天玉が合いますね。

クリックすると拡大します

 食べ終わって、ノーゲスを良いことに、しばし話し込んでしまいました。
 この店員さんは、、、って公開しても「また、嘘書いて」と言われそうなので、やめておきます。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)(ホームページ)へ。
 飲食店は、何年もの間、ずっと混み合っている店、いつ行っても空いている店、混んだり空いたりしている店と色々な店がありますね。
 荒木屋は日時によってガラガラの時のあれば、外待ち数えきれない時もあって、訪問するまでドキドキです。
 今夜は空いていました、ラッキー♪

クリックすると拡大します

 先ずはビール500円で、今夜は蒲田で一人お疲れ様会、スタート(^^♪
 日替わりの当ては女将さん次第、今夜はハードボイルドとレッドジンジャー、素晴らしい。
 グラスのことはあまり気にしていなかったけど、時々替わるんですね。

クリックすると拡大します

 ビールを飲み終えたら日本酒、山口の蔵元である酒井酒造が醸す「五橋(ごきょう)」純米ひやおろし。
 五連アーチの錦帯橋が美しいエチケット、上品な香りの軽めの口当たりが引き取り、お米の旨味を酸味と共に喉越しで味わう。
 日本酒はどんな料理にも合いますが、日本料理に合わせるのが一番だと思います。
 タイミングを見計らって、小皿料理をお願いすることが多いのですが。

クリックすると拡大します

 今夜はモツ煮、、、ラーメン屋のモツ煮はとても美味しいね。
 と言うか、常連さんが食べていたのをご相伴に与った次第、持つべきものはたまたまの運ですね。
 単なるモツ煮ではなく煮込み野菜と合わせた荒木屋アレンジ、柔らかさと滑らかさと。

クリックすると拡大します

 程なくして、海鮮五目麻婆麺900円、チャーシュー100円
 「海鮮」の付いていない「五目麻婆麺」を食べたのはいつの日だったか、こんなに真っ赤でしたっけ。
 煮込み野菜を大辛肉味噌のスープに合わせてあり、いわゆる激辛、いわゆる禿旨。
 ドンとチャーシュー、バンと茹でほうれん草、食べ進めるとシメジが胸いっぱい。

クリックすると拡大します

 サッポロ製麺の特注麺はどこまでも寄り添って、どこまでも美味しく。
 辛いな、旨いなと食べていると、知り合いの常連さんが一人、二人と来店されます。
 ああじゃない、こうじゃないと盛り上がっていると閉店時間が近づいてきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186623213
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック