2019年09月27日

汁なし担々麺考

/担々飯店@竹橋にて汁なし担々麺、激辛、ちょいめし円/らーめん雅楽GARAKU@あざみ野にて汁なし担々麺/

クリックすると拡大します

 今日は通院、仕事が暇なら休むところですが、今日は午後から出社しなければなりません。
 しかしして、こういう日に限って病院が混んでいて、1時間以上待たされ、1分の診療、2分で会計。
 お昼を食べる時間がギリギリだけど、なんとかなるっしょ。

クリックすると拡大します

 お昼は、担々飯店(たんたんはんてん)@竹橋(千代田区神田錦町1-23-8)へ。
 2019/9/25オープン、店主さんは希須林青山出身とのこと。
 昼はメニューを絞って券売機での食券制、夜はフルメニューを口頭注文後会計。
 これまでだったら、夜営業をフルメニューでスタートして、慣れてきたらランチを始めるってのを、初めからやっているということだろう。

クリックすると拡大します

 少し待って店内へ、ランチタイムですので、すぐ右手の券売機で食券を買います。
 メニューは担々麺880円、汁なし担々麺880円。辛さはひかえめ、普通、辛いまでが同額、激辛は50円増し。
 トッピングはパクチー、温たま、めんま、肉マシ、青ねぎ、粉チーズ、野菜マシがいずれも100円。
 ご飯はちょいめし50円、半めし100円、めし150円。

クリックすると拡大します

 夜メニューは天井からの仕切りに掲げられています。
 麺メニューは担々麺に加えてジャージャー麺がラインナップ、焼きめしも。
 修業先での料理を彷彿させる一品料理がズラリ、レバニラとかよだれ鶏とか、食べてみたい。
 アルコールメニューが不明、、、訪問してみないと分からないですね。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むL字カウンター4席と6席の10席、固定椅子ではないので増減がありそうです。
 卓上には花椒、辣油、酢。
 目の前の厨房を眺めると、店長さんが大きな中華鍋を振って料理されていますが、中華鍋を振るトッピングって担々麺にあったっけ?
 自身でお冷を注いで、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして汁なし担々麺880円、激辛50円、ちょいめし50円
 唐辛子紛が力強く振りかけられるのが3辛、たれに粗挽き唐辛子を直接混ぜるのが激辛。
 全体をよく混ぜて食べてみると、食べ手を選ばない馴染みやすい美味しさ。
 昨日、今日に担々麺を食べ始めた人ならば「物凄く旨い」と感じるかも知れませんが、この馴染みやすさに私は身震いします。

クリックすると拡大します

 高級食材を使うなどして美味しくするなら幾らでも美味しくできるけど、あくまでも「飯店」としての担々麺なのでしょう。
 この真っ直ぐなメッセージこそ希須林の担々麺であり、そのメッセージを具現化した真っ直ぐに突き抜ける辛さ。
 雑味を全く感じず、辛味だけを抜き出したかのような辛さ、突き抜けた後に何も残さず、また直ぐに箸が伸びます。

クリックすると拡大します

 大黒屋の縮れ中太麺は茹で時間に若干の調整要に感じましたが、新規開店して3日目、全く問題のない範囲です。
 もちもちした麺が肉味噌や芝麻醤に抱きつくように絡みつき、とても美味しい。
 トッピングされているモヤシが炒められていて、具材や麺との絡みが茹でより格段に高い。
 本物の担々麺が何なのかは知らないけれど、この担々麺が本物なのかも知れない。

クリックすると拡大します

 ライスに乗せて食べるのに丁度良い分量でたれと芝麻醤が残り、最後の一粒まで美味しくいただきました。
 店員さんが店長?さんを「オザワさん」と呼んでいるのが微笑ましく(会社組織では役職で呼ぶのがビジネスマナー)、希須林の小澤孝太代表と同姓なのが気になります。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は渋谷での飲み会に誘われていましたが、急に二日前に誘われても到底間に合わず。
 1か月ぶりに、らーめん雅楽GARAKU@あざみ野(横浜市青葉区)公式ブログ)へ。
 店先にちょい呑みの案内が貼り出されていましたが、今年も行けそうにない。

クリックすると拡大します

 券売機で食券を買って、空いている席に案内されて。
 先ずはハートランド400円、今夜はあざみ野でお疲れ様会♪
 付き出しはお店側の御好意、今夜はチャーシューが2種類で嬉しい。
 厨房では店主さんが相変わらず、女将さんは不在でした。

クリックすると拡大します

 テレビでバレーを放映していましたが、テレビを点けていること自体が珍しい。
 訊けば「もうさ、ラクビーの日本戦がある夜は、誰もラーメンを食べに来ないんだよ」と。
 まー、そうだろう、私もラーメンを食べに行かないし。
 などなど、四方山話をしているうちに閉店時間が迫ってきました。

クリックすると拡大します

 今月の限定メニュー、汁なし担々麺1,000円
 これまでも何度か、雅楽で汁なし担々麺を頂いていますが、その全てが最高に美味しい。
 芝麻醤や辣油、挽肉をちゃんと作っているから美味しい、ナッツもネギも糸唐辛子も美味しい。

クリックすると拡大します

 このメニュー専用の特製平打太麺は200g、モッチモチでとっても美味しい。
 担々麺には太かったり細かったり、滑らかだったり絡みやすかったり、色々な麺を合わせることが提案されてきていますが。
 この平打太麺を超える味わいには出会えていません。

クリックすると拡大します

 残った肉味噌などは、半ライスにオンして食べ切ります。
 このライスの美味しさこそが担々麺の美味しさなのだろう。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ということはラグビー日本戦やってる時は店主さんとのお喋りタイムチャンスじゃ
ないですか!ふらわさん、その時間に合わせて出かけない手はないですよ
Posted by 高倉恵美 at 2019年09月30日 10:09
お客様の前では役職名で上司を呼ぶのは一般的にタブーですよ、パーティマナーとかもですがふらわさんのマナーは間違えてることが多いですね、無論それを責めてる訳ではありませんよ、私は興味深いですよ
Posted by 玲子たん at 2019年09月30日 14:42
高倉恵美さん

 私もテレビ観戦します♪
Posted by ふらわ at 2019年10月01日 23:49
玲子たん

 あらっ、そうでしたっけ?
Posted by ふらわ at 2019年10月01日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186625347
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック