2019年09月30日

まぜそばと油そばと

/魚介系まぜそば専門店 魚がしそば新橋本店@新橋にてねぎとろそば(大盛)/油や鹿鳴(ろくめい)@二子新地にて辛油そば並/

クリックすると拡大します

 長距離通勤の何が辛いって、朝の通勤時に電車で座れないこと。
 帰りは新宿始発なので、一本か二本遅らせれば必ず座れるけど、行きはそうはいかない。
 抜本的に解決するには、電車が空いている時間帯に出勤することですが、それが出来れば苦労はない。

クリックすると拡大します

 お昼は、魚介系まぜそば専門店 魚がしそば新橋本店@新橋へ。
 何度か通っているウチにポイントが貯まってきて、あと一つでラーメン一杯無料サービス、ここは食べておかないと。
 安定して営業されているようで、ここのところ、限定メニューを販売されていません。

クリックすると拡大します

 となると、何を食べるかってことになりますが。
 準フラグシップの西京焼き、、は売り切れか、辛いのはいったん見送るとすると。
 秘伝のかえしの炙りゲソそば、熟成魚醤のあさりそば、山葵醤油のねぎとりそば、どれにするかな。
 ICカード対応券売機なので、ピピっとすればお釣りのハンドリングが無くて助かります。

クリックすると拡大します

 店内は先客4名、後客4名と中々の入りです。
 店員さんに食券を渡すと「麺量はどうされますか?」と訊かれたので、たまにはいいかなと大盛りで。
 卓上の調味料は、以前と変わりありません。

クリックすると拡大します

 少し待ってねぎとろそば(大盛)880円、追い飯、スープ、刻み山葵が付いてきます。
 カイワレ大根を散らした麺相は初めて、カイワレ大根だけではなく、刻み海苔、長ネギ、わかめもたっぷりかかっています。
 先ずは全体を混ぜるわけですが、卵黄とねぎとろがうまーく絡むように混ぜて食べてみると、濃い味の醤油たれに麺と具材らがいい感じで絡んで、とても美味しい。
 軽く添えられた魚粉が、色々な食材の色々な味を繋いでくれます。

クリックすると拡大します

 麺は三河屋製麺から浅草開化楼になり、むっちりした太麺がとても美味しい。
 ただまあ、ねぎトロは麺にあまり絡まないので別に食べたいところ、それだと「ねぎとろそば」にならないか。
 大盛りにしたら持て余すかなと思いつつ、実際にはするすると食べられます。

クリックすると拡大します

 唇がべとついたら出汁スープを飲みます。
 味変というか、初めっから入れるべきだったかも知れない刻み山葵。
 程よい辛さと奥深い旨味、初めっから入れるより、途中から使った方が良かったです。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったら、残った具材とスープを追い飯でかきとります。
 せっかくなのでガリも添えて、ね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は初めて降りた二子新地駅から徒歩数分の、油や鹿鳴(ろくめい)@二子新地(川崎市高津区諏訪)へ。
 飲食店やダーツ関連事業などを展開する(株)ホットコーナーの新業態として、7/22オープン。
 店長さんは、麺処あす花の店主さんと知り合いとのこと(せたが屋繋がりではありません)。
 店名の英名は「ABURAYA ROCK MAY」だそうで、なぜ鹿鳴(館)なのかは未確認ですが、店内にはメタルが響き渡っています(音量控えめ)。

クリックすると拡大します

 開店当初、営業時間が18:00-23:30でしたので二の足を踏んでいましたが。
 9/10より平日11:30-14:30 18:00-22:00、土日11:30-22:00、火休に変わりました。
 これで休みの日の平日に行けると思ったら、結局夜に行っているし。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手の券売機で食券を買います。
 メニューは油そば700円、辛油そば800円の2種類のみで、麺量は大盛まで同額。
 ライスは小が100円でしたので、一旦スルー。
 ご飯物にミニチャーシュー丼、飲み物に生ビール、ハイボール、コーラ、オレンジが用意されています。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むL字カウンター、5席と5席の10席。
 卓上にはラー油、お酢、辛味、紅だ!(紅生姜)、たまねぎが用意されています。
 店員さんは厨房に男性店員さんと女性店員さん、ホールを(恐らく)五十嵐店主さん。

クリックすると拡大します

 出来上がりまで特にすることが無いので、油そばの食べ方とか読んでみます。
 油そばはお酢、辣油を回し掛けてから混ぜるタイプと、先に混ぜて味見してからお酢と辣油を回し掛けるタイプがあり、こちらでは後者ですね。
 油そばの醍醐味は味変とのこと、今日は初訪ですので食べ方通りに食べてみます。

クリックすると拡大します

 程なくして、辛油そば並800円
 先ずは何も掛けずに混ぜるかと箸を差し入れて麺を持ち上げると、麺同士がくっついていて混ぜにくい。
 箸を深く差し入れて、丼の底に溜まっているたれをすくい上げるようにして、混ぜ合わせます。
 トッピングは解したチャーシュー、ニラ、刻み海苔、万ネギ、メンマ、丼の縁にはおろしニンニク。

クリックすると拡大します

 製麺所不明ながらムッちりとした太麺、色々な具材と絡んで美味しくいただけます。
 理由は不明ですが、麺同士がくっつき気味なので、ぴゅーっと辣油と酢を回し掛けます。
 昔から油そばを食べている私としては、こうした味わいが油そばの味わいだと刷り込まれてしまっています。

クリックすると拡大します

 麺を半分ほど食べたところで味変、刻み玉ねぎ、紅生姜、辛味。
 辛味は国内流通量1%の岡山県鏡野町産「姫とうがらし」を使用した自家製、辛さは程々ながら、旨みの奥深さは唐辛子とは思えないほど。
 最後に餡が多めに残ったのでライスを絡めたかったのですが、立ち上がって券売機で食券を買うのが面倒で、止めちゃいました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> 抜本的に解決するには、電車が空いている時間帯に出勤することですが、それが出来れば苦労はない。

抜本的にですか。
始発駅の近くに引っ越すとか、自宅近くの企業に転職または起業するといいと思いますよ。

ふらわさんのようなIT系のお仕事だと在宅勤務できそうな気がするのですが。

> 少し待ってねぎとろそば(大盛)880円、追い飯、スープ、刻み山葵が付いてきます。

ねぎとろ…。すごいですね。注文するのに勇気がいりますね。(笑)
Posted by tomoco at 2019年10月05日 21:22
tomocoさん

> 始発駅の近くに引っ越すとか、自宅近くの企業に転職または起業するといいと思いますよ。

 なるほど、アドバイスありがとうございます。

> ねぎとろ…。すごいですね。注文するのに勇気がいりますね。(笑)

 確かに、言われてみれば。
Posted by ふらわ at 2019年10月05日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186642906
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック