2019年10月04日

長津田の名店復活

/ゆで太郎東五反田店にて天中華セット、焼きのり、わかめ/十人十色@長津田にて塩青唐辛痛麺/

クリックすると拡大します

 早起きは中華蕎麦のために、今朝はゆで太郎東五反田店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン店系路麺店ですが、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 今回の天中華は、単品以外にライスとコロッケがセットになったメニューもあるので、食べてみるかと。

クリックすると拡大します

 天中華セット550円、焼きのり100円、クーポンわかめ
 別容器で提供されるコロッケとワカメはトッピングして、朝は無料サービスの天かすと無料サービスの紅生姜は掛けて、焼き海苔は刺してみました。
 盛り付けセンスゼロで、申し訳ありません。
 こんなにガチャガチャして、しかも600円越えのモーニングは、サラリーマンとして一つの贅沢ですな。

クリックすると拡大します

 どんなにガチャガチャしていても、しっかりと受け止めるスープは美味しいし、中細麺もとても美味しい。
 スープを吸った海老天は美味しいし、スープに浸した焼きのりも美味しい。

クリックすると拡大します

 さて、ライスをどうしたものかと食べながら考え、ライスに乗せてコロッケライスにすればいいんじゃなーい。
 ライスには残ったスープを適量掛け、コロッケを乗せてソースを掛けてみました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、十人十色@長津田(横浜市緑区長津田)へ。
 元祖一条流かんこ長津田分店(2015/5/10-2017/7/31)改め十人十色、2019/10/3グランドオープン。
 店主さんの奥さんが店長さん、店長さんに顔つきがよく似た年配の男性店員さんの2人で営業を再開されました。
 「がんこ」ではないので、営業中を示す吊るし牛骨は封印、一般的な飲食店で使われている営業中の札が使われています。

クリックすると拡大します

 営業時間は、いったん木昼、金夜、土昼の週3営業。
 訪問敷居がやや高めですが、まずは復活が優先、無理して営業されて長続きしないのは一番困ります。
 店内の様子が全く伺えないので、ドアを開けて店内を覗くと満席、、、外の待合席に座って、先客の退店を待ちます。

クリックすると拡大します

 店内に入ると右手に回り込んだ位置に券売機があります。
 メニューは醤油、塩、塩青唐辛痛麺の三つ。
 日によっては限定メニューも販売されているようです。
 間違えずに緑のボタンを押して、空いた席に座ります。

クリックすると拡大します

 店員さんにカウンター台越しに食券を渡します。
 スープのアレンジが「がんこ」「マイルド」から選べ、辛さは1から10まで。
 卓上にはテーブルコショー、黒胡椒。

クリックすると拡大します

 少し待って、塩青唐辛痛麺(がんこ・10辛)900円
 お好みでどうぞと青唐辛子を出してくださいます。
 キラキラと輝くスープに沈められたサッポロめんフーズの縮れ中細麺、スープに同化した4枚のチャーシュー、スープに泳ぐ日本の穂先メンマ、ふわっと白ネギ、さらっと青ネギ。
 ま、まぶしい。

クリックすると拡大します

 レンゲが止まるほど辛いかと身構えてスープを味わってみると、軽く額から汗をかく程度の美味しい辛さ。
 チクチクする辛さが豚骨の旨味、鶏ガラの旨味、煮干の旨味を打ち込んでくる、
 告知によれば「吉備黄金鶏、天城黒豚、鯖節、平子煮干、鯵煮干、ウルメ煮干、青森産大蒜、国産生姜」とのこと。
 縮れ中細麺は固め仕上げ、この固麺がスープに実によく合い、身悶えするほど美味しい。

クリックすると拡大します

 味変ではなく、二回楽しむための練り青唐辛子を二さじ追加。
 温度低下で緩んだスープをグイッと引き締め、一気に食べ進めます。
 この辛さ、塩味を強く利かせるスープづくりは、輝かしいほどに旨みを伴います。

クリックすると拡大します

 気が付くとスープがなくなっていて。
 真っ白に輝く白いどんぶりが残されます。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186661231
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック