2019年10月27日

藤沢吟醸祭うまいじゃん 純米酒

/藤沢吟醸祭うまいじゃん 純米酒/丸亀製麺伊勢原にてちゃんぽんうどん(並)、かしわ天/

クリックすると拡大します

 貴重な会に誘って頂いたのに、どうしても外せない用事が出来てしまい。
 最悪欠席、良くても遅刻になってしまい、心の底から申し訳ない気持ちで一杯です。
 こんな気持ちになってしまい、遅れていっても迷惑を掛けるだけだとは思うけど。
 自分が逆の立場だったら、「長く付き合っていればいろいろあるさ、気にするな」と声を掛けるところだけど。

クリックすると拡大します

 大遅刻して伺った、藤沢吟醸祭うまいじゃん 純米酒
 初めて参加する会なので、前後の事情が全く分からず、誘ってくれた友達に悪いことしちゃった。
 まあ、分からないんだったら聞けよと言う話で、何から何まで自分が悪いってことだ。

クリックすると拡大します

 年一回開催の第19回だそうで、30超の蔵元と、300人超のお客さんでごった返しています。
 初めて参加する会なので、どうしたら良いのか分からないので小さくなって席に座るところから。
 まあ、どうしたら良いのか分からなかったら聞けよという話。

クリックすると拡大します

 見ると乾杯用とおぼしき四合瓶が何本か置かれていたので、一人ぽつんと飲んでみました。
 美味しい、昇龍蓬莱はいつ飲んでも美味しい。
 ちなみに、奥のかざみ草は日本酒では無く梅酒、飲み忘れてしまいました。

クリックすると拡大します

 会の運営委員長から挨拶がある頃には、みんなそれなりに飲んでいて。
 初めての参加なので、しっかり話を聞きました。
 漫画家も来ているんですね、DANCYUのライターさんも。

クリックすると拡大します

 その後、全ての蔵元の自己紹介があり、幾つかの蔵元を知っていましたが、一方的に知っているだけなので。
 その中でも唯一、挨拶できる蔵元の大矢孝酒造。
 しゃべり馴れているなぁ、よどみない挨拶に聞き惚れてしまいました。

クリックすると拡大します

 食事は一人一つの弁当と、取り分け用があって。
 お弁当は日本酒の当てになる料理ばかり入っていて、もうお酒が進んでしまいます。
 会費(8,000円)が全く高く感じない、美味しい料理。

クリックすると拡大します

 6人で取り分ける料理は、大きめの弁当箱で。
 ハムやサーモン、チーズが美味しかったなぁ。
 このあたりで場の空気が分かってきて(遅い!)、会場を回るかと。
クリックすると拡大します
 平杯で一杯ずつ、気に入った蔵元、気になる蔵元だけ。
 広島の竹鶴、清酒竹鶴 合鴨農法米の純米酒、燗で頂きました。
 奈良の睡龍、おこぜのきもと純米を燗で頂きました。
 山形の鯉川、亀の尾の純米大吟醸、冷やで頂きました。

クリックすると拡大します

 今さら的な埼玉の神亀。
 ひこ孫と大吟醸、2002BYを燗で頂きました。
 いずれの蔵元も、(多いと覚えられないので)一つずつ質問して、驚きました。

クリックすると拡大します

 最後は大抽選会があり、もちろんハズレ。
 残った日本酒は、一本1,000円で販売されていて、売り上げはチャリティーに寄付されるそうです。
 とても美味しい料理、とてても美味しい日本酒、とても楽しい会で、誘って下さった友達に感謝、感謝。
 来年も参加したいと思っても、プラチナチケットは手に入らないんだろうな。

クリックすると拡大します

 夜は、丸亀製麺伊勢原ホームページ)へ。
 年に一度は食べに行く丸亀製麺、店名にうどんが入っていないけど、丸亀ってことでうどん屋だと分かります。
 丸亀製麺はうどん専門店で、ご飯物の用意はありますが、蕎麦や拉麺はありません。

クリックすると拡大します

 何を食べても美味しいけど、釜揚げとかおろしは何度も食べているから。
 限定メニューを見ると、肉々釜玉ってのが大々的に張り出されていますが、それより気になったのはちゃんぽんうどん。
 ちゃんぽんって、ちゃんとするなら豚骨スープが必要なんだけど、、、食べてみますか。

クリックすると拡大します

 ちゃんぽんなのでトッピングは要らないだろうとスルーするのは、丸亀製麺がまるで分かっていない。
 どの種物が合うか、ではなく、どの種物でも合うのでどれにするか、だ。
 小皿にちょいっと乗せて進んでいくと、IHコーナーがあって、茹で上がったうどんを丼ごと渡します。
 てっきり湯煎パックだと思ったら、そこは丸亀製麺、生野菜から調理されていました。

クリックすると拡大します

 ちゃんぽんうどん(並)690円、かしわ天150円
 『豚骨ベースのスープを合わせ、キャベツ、コーン、きく らげ、もやし、ニンジン等の野菜、そして豚肉、ホタテを合わせた逸品。
 ほどよくシャキシャキ感を残した野菜と海鮮の甘味と旨みをしっかり感じられるスープは、打ち立てのもちもちのうどんとの相性抜群です。
 ロードサイド店舗でしか味わえない限定商品を、是非一度お楽しみください。』句読点を調整しました。

クリックすると拡大します

 無料サービスの分けネギと天かす、おろし生姜を無理矢理乗せてみましたが、よろしかったでしょうか。
 これは、ちゃんぽんのうどんではなく、うどんのちゃんぽん、うどん出汁だけでなく豚骨スープにも合う丸亀製麺の太麺。
 野菜だけではなく、豚肉が美味しいし、おろし生姜が良いアクセント。
 丼が小さめなので、食材が必要以上に混ざらないのが良いですね。

クリックすると拡大します

 さて、とり天の食べ方ですが。
 うどんにどさっと乗せて、天ぷら用だしソースを掛けるのが正義(個人差があります)。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ふらわさんは、本当の友達はおろか、本当の家族にも恵まれていないんですね。
日々、Facebookで、会合を漁り潜り込む。周りは誰も知らない人の中に、迷惑も顧みず紛れ込む人生って楽しいですか?
Posted by 里佳子 at 2019年10月30日 08:54
里佳子さん、コメントありがとうございます。

> 迷惑も顧みず紛れ込む人生って楽しいですか?

 楽しくありません。
 人生は楽しいことだけをすればいいってことでは無いでしょう。

里佳子さんは、こんなどうでもいいブログにコメントする人生が楽しいですか?
Posted by ふらわ at 2019年10月30日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186737651
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック