2019年10月29日

天中華、うどん、らーめん

/ゆで太郎東五反田店にて天中華、焼きのり、ワカメ/Japanese UDON noodle lab 麺屋 坂本01@大森にて鶏天うどん(温)/らーめん雅楽GARAKU@あざみ野にて鮭節の醤油らーめん/

クリックすると拡大します

 早起きは中華蕎麦のために、今朝はゆで太郎東五反田店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン店系路麺店ですが、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 ほぼ同じ時間に訪問すると、ほぼ同じ場所を同じ人が掃除をしているはずなのに。

クリックすると拡大します

 店内に入るとノーゲス、店員さんに食券を渡して、いつもの席に座ります。
 座る席は、下手な写真が少しでも綺麗に写るように、光線を考えて決めています。
 いつもは店内向きに座っていましたが、今朝は壁向きに座ってみました。
 おお、日程は不明ですが、無料クーポンを再配布されています。

クリックすると拡大します

 天中華450円、焼きのり100円、クーポンワカメ
 ネギが少なめでも、海老天が揚げ置きでも、店長さんが無愛想でも。
 日本一美味しい天中華が食べられる幸せ、実感。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は、Japanese UDON noodle lab 麺屋 坂本01@大森公式ツイッター)へ。
 道行くお客さんと同じように店内を覗くと、ついに椅子が導入されたようです。
 椅子の導入に合わせるように、店先には二席ほどの外待ち席が用意されています。
 営業時間が変更され、平日は11:00-15:00 17:00-22:00、土日祝は11:00-15:00です。

クリックすると拡大します

 店先には先着1,000本のちくわ天サービス券が用意されていましたが、他の人に譲って店内へ。
 メニューは微調整され、上段が冷たいうどん、次段が温かいうどん、以下、種物、カレーうどん等、ご飯物などです。
 毎月のように(訪問するたびに)メニューが変更されているので、私のように「全種類食べてやろう」な人には分かりにくい。
 いやいや、毎回新鮮な気持ちで伺えばいいだけですね。

クリックすると拡大します

 設置された丸椅子は10席、脚の部分に足置きが付いたタイプで、短足の私はとても助かります。
 荷物置きは相変わらず用意されていませんが、テーブルの下部にフックが用意されています。
 卓上には七味唐辛子が置かれるようになり、食べ終わる頃に試してみたいですね。
 店員さんは二人、両方とも知った顔ですが、スタンプカードを頂きました。

クリックすると拡大します

 少し待って、鶏天うどん(温)550円
 保冷されたいりこ出汁のうどん汁を、注文分だけ雪平鍋に分けてIHで加熱されています。
 ふわっと立ち上ってくる山椒の香りを追いかけるいりこ出汁の香り。
 くらくらっと、思わず目をつぶってしまいます。

クリックすると拡大します

 程よいコシ、程よい食べ易さの中太うどんは田村製麺、このうどんが自身の身の丈に合っていて、とても美味しい。
 揚げたてで熱々の鶏天は大きいので端で割って食べると、柔らかい優しい味わい、いりこだしも良く染みこんできます。
 時折、九条ネギとおろしを添えながら食べ進め、ほんの少し残った麺に七味唐辛子を振ってみると、旨みを辛さがぱっとはじけさせます。
 美味しくいただき、いただきご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、らーめん雅楽GARAKU@あざみ野(横浜市青葉区)公式ブログ)へ。
 月一で伺えなくなって久しいですが、今月はなんとか月末に伺えました。
 10月の限定らーめんは、鮭節の醤油らーめん。

クリックすると拡大します

 『巷ではあまり見かけない鮭節は、際立つ優しい「旨味」と「甘み」が特徴。
 その訳は、他の天然素材と比較して風味を生み出す遊離アミノ酸が2倍含まれていること。
 鮭特有の爽やかな「旨味」と「甘み」、後半の「風味」をお楽しみください。』

クリックすると拡大します

 仕入れ食材の原価や人件費の高騰を受け、消費税増税のタイミングでほぼ全品50円値上げされています。
 ま、いつも通り券売機に千円札を二枚入れて、らーめんとビールのボタンを押し、黙っておつりをもらうだけですけど。
 ビール450円、今夜はあざみ野で一人お疲れ様会。
 茹でただだちゃ豆が美味しいのなんのって、ビールが進みます。

クリックすると拡大します

 ママさんがいるときだけ作ってくださる試作メニュー、、、試作と言っても永遠に試作なのかも。
 大抵は激辛ですが、今夜の汁無しモヤシアンは辛さ柔らかめ。
 山椒がビシッと利いていて、ビールが一瞬で蒸発しました。

クリックすると拡大します

 今夜はママさんがいるので、話し相手には困らないんですが。
 そんな夜に限って、たまたまお客さんが少なくて、色々と話し込んでしまいました。
 まるで四方山話、何を話したか何にも覚えていないけど、多分、台風被害の話だったかと。

クリックすると拡大します

 閉店時間に食べ終われるように食べ始めた、鮭節の醤油らーめん1,050円
 ※店主さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なりますので、ご了承ください。
 節系、煮干系のラーメンは多くありますが、鮭節はラーメンは非常に珍しく、私は雅楽の限定メニューしか知りません。
 色合いから薄めに感じた味わい、確かに飲み始めは薄めに感じますが、鮭節の削り節が溶け出して、しっかりした美味しい味わいに変わっていきます。

クリックすると拡大します

 合わせた麺は三河屋製麺の中細麺、醤油らーめんに使われている麺と共通で、スープによく合うこと。
 トッピングは豚肩ロースレアチャーシュー、鶏モモ肉チャーシュー、穂先メンマ一本、味玉、数種類のネギ。
 多めの量に思えて、するすると食べられる美味しさ。

クリックすると拡大します

 サービスして頂いた半ライス、お米は青森県産まっしぐら特別栽培米。
 昨日から新米になったそうで、炊き方を変えて一番美味しい状態にして提供。
 そのまま食べても美味しいけど、残ったスープを掛けて食べたらもっと美味しい。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186748042
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック