2019年10月30日

日本一の味噌らーめん

/三ん寅(さんとら)@江戸川橋にて味噌らーめん、塩らーめん/葬儀のお手伝い/

クリックすると拡大します

 有楽町線江戸川橋駅で降りるのは、2015年4月以来二回目。
 あちこち食べ歩いているようで、乗り降りしていない駅が多いなぁ。
 今日は1b出口から地上に出て、左へ少し歩き、最初の信号を左へ折れ、少し歩いて右斜め前へ。

クリックすると拡大します

 お昼は、三ん寅(さんとら)@江戸川橋(新宿区山吹町362)公式ツイッター)へ。
 お弟子さんからの夥(おびただ)しい祝い花に囲まれて、2019/10/29にオープンされました。
 店主の菅原さんは元すみれ本店々長、京都店々長、新横浜ラーメン博物館店々長と17年勤めて独立。
 ぱっと見、読めない店名ですので、店主さんに由来を訊くと、「話すと長いので、短く言うと『寅年の三月生まれ』だから」との事。

クリックすると拡大します

 新横浜ラーメン博物館のすみれが閉店して10カ月ほど、この、外待ちし易い立地を求めて、開店までの時間が掛かったのだろうか。
 店主さんは北海道生まれの北海道育ち、独立と言うことなら土地勘や知人の多い北海道で出店するのかと思いきや。
 料理人であれば、東京で一度は勝負したいのだろうか、東京で自身の腕を試してみたいのだろうか。
 10/29、30、31は11:00-16:00の営業。11/1からは通常営業ですが、当面は味噌らーめんのみの提供とのこと。

クリックすると拡大します

 店内に入り、すぐ右手の券売機で食券を買います。
 メニューは味噌、醤油、塩が各850円。
 ライスやビールもあります。
 買った食券を店員さんに渡し、空いているカウンター席に案内されました。

クリックすると拡大します

 席配置は、店内左側の厨房に少し距離を置いて面したカウンター6席、奥の壁向きカウンター3席、右手に4人掛けテーブル2卓、計17席。
 卓上には特製ヱスビーコショー、一味唐辛子。
 厨房は首の高さの曇りガラスで囲ってあり、調理の手元は伺えません。
 とはいえ中華鍋を振る店長さんの顔は見えるので、何をしているのかは大体検討がつきます。

クリックすると拡大します

 店内は満席で、客あしらいに慣れた女性店員さんが3人ほど、よどみなくお客さんを捌いています。
 声掛けが出来ていたり、愛想が良かったり、テーブルウォッチに隙が無いことが「接客が良い」と思われがちですが。
 本当に良い接客とは、接客されていることを感じさせないこと。
 何かお願いしたいときに既にされていれば、お願いする必要すら無いわけですから。

クリックすると拡大します

 程なくして味噌らーめん850円
 あのすみれの麺相そのままに、ラードを啜っているかのような熱いスープ、両手のグーで殴られるかのような力強い味噌と挽肉の味わい。
 恐ろしいまでに旨い。
 白味噌ベースの味噌たれ、豚骨、鶏ガラベースのスープ、どこにでもある組み合わせに思えるのですが、ここでしか味わえない味わい。

クリックすると拡大します

 角中細麺はちょっとしたボタンの掛け違いで森住製麺と仲違いしてしまい、西山製麺に変わってしまいました。
 この縮れ中細麺も美味しいんだけど、すみれ好きであれば「独立したんだから森住製麺、使ってよ」とお願いしてみたくなりますね。
 たっぷりモヤシとタマネギは、大きな中華鍋でスープと共に煮込まれています。
 大きめの豚肩ロースチャーシュー、乗せられたおろし生姜は味噌らーめんの証、メンマ数本、バッチリ挽肉。

クリックすると拡大します

 続けて塩らーめん850円。友達がいない私は1人で2杯食べないといけないので、大変っす。
 たれと挽肉以外は味噌らーめんと同じですが、熱いラードを合わせてモヤシとタマネギの煮込み塩ラーメンって、他に思い付きません。
 狂おしいまでに旨い。
 これほどまでに熱々のスープなのに塩味がしっかり感じられるって、どんな塩たれなんだろう。

クリックすると拡大します

 角中細麺は全メニュー共通の西山製麺、しっかりとスープを持ち上げます。
 たっぷりモヤシとタマネギを、大きな中華鍋でスープと共に煮込むのは味噌らーめんと同じ。
 おろし生姜と挽肉は無く、大きめの豚肩ロースチャーシュー、メンマ数本、かまぼこ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 丼は味噌、塩、醤油で共通で使われていました。
 当たり前の話ですが、感謝とは「美味しいラーメンをご馳走になりました」という意味ですよね。

クリックすると拡大します

 その後、大好きな仲間の飲み会を断って、地元の葬儀のお手伝いへ。
 どのようなプロセスで決定したか不明ですが、今夜は通夜、明日が告別式とのこと。

クリックすると拡大します

 つつがなく終えて、通夜ぶるまい。
 どうせカピカピのデリバリー寿司と、乾き物だろと部屋に入ってびっくり。
 職人さんがお鮨を握っているし、職人さんが天ぷらを揚げているし。

クリックすると拡大します

 ごめんなさい、最近の通夜ぶるまいを舐めてました。
 うどんも、茶碗蒸しも、おでんも美味しい。
 車で来てしまったのをどれだけ恨んだか。

クリックすると拡大します

 なんとデザートは二種類。
 しかしながら、今夜の席は私が最年少的な年齢構成なので。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
夕方からの通夜の為に半休ではなく、全休なんですね。
Posted by 陽子 at 2019年11月02日 08:54
陽子さん、コメントありがとうございます。

 半休と全休は違いますよ。
Posted by ふらわ at 2019年11月02日 12:39
> 当たり前の話ですが、感謝とは「美味しいラーメンをご馳走になりました」という意味ですよね。

「スープを全部飲んでいただきありがとうございました」という店からのメッセージじゃないですか?
Posted by tomoco at 2019年11月02日 21:12
tomocoさん

 確かに、、、間違えました。
Posted by ふらわ at 2019年11月02日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186748474
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック