2019年11月02日

ワインで晩酌

/つけ麺ラーメン泪橋宝町店@平塚市宝町にてマンモスラーメン/晩酌/

クリックすると拡大します

 カレンダー上は三連休ですが、連休最終日に仕事が入る可能性があったので予定を入れられず。
 回避というか、担当割りから外れたのが今週に入ってから。
 のんびり過ごせると分かったので昨日、深酒してからの惰眠を貪る朝。
 寝坊して朝食を食べ損なったので、お昼は多めに食べても大丈夫、と、バイクを飛ばします。

クリックすると拡大します

 お昼は、つけ麺ラーメン泪橋宝町店@平塚市宝町4-16(公式ツイッター)へ。
 店名の「泪橋」は、高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや画のボクシング漫画である「あしたのジョー」の舞台となった、ボクシングジム近くの橋の名前に由来しています。
 とまあ、説明が必要な時代になった気がする。

クリックすると拡大します

 今回のオープンを「移転」とするネット情報が散見されるので、泪橋の沿革をまとめてみました。
 2009/10/13 西新橋にて創業。
 2013/11/16 平塚市西八幡(西八幡店)に移転。
 2014/ 1/25 溝の口店オープン。
 2019/10/11 西八幡店、年内休業。
 2019/10/25 仙華跡地に宝町店オープン ←いまここ

クリックすると拡大します

 店内に入り、すぐ右手の券売機で食券を買います。
 メニューはマンモスラーメン850円、醤油ラーメン750円、塩ラーメン750円、つけ麺850円、辛つけ麺850円など。
 この「マンモスラーメン」の「マンモス」は「量が多い」という意味だけではなく、前述のボクシング漫画の主人公の友人(キャラクター)の名前、、、なんてことも説明が必要な時代。
 トッピングに野菜増量があるように、つまり、野菜増しは無料じゃないです。背脂は増量すらありません。

クリックすると拡大します

 マンモスラーメンのビジュアルはラーメン二郎インスパイアですが、ラーメン二郎とは全く異なるラーメンです。
 ラーメン二郎の特徴である「自家製麺」「生肉の出汁スープ」「ブタと呼ぶ角煮チャーシュー」「ニンニク、野菜、脂等の無料トッピング」等を一つも満たしていません。
 もちろん、お店側もラーメン二郎を謳っていません。

クリックすると拡大します

 買った食券を店員さんに渡すと、ニンニクの有無だけを訊かれます。
 店員さんの接客から、お客さんの殆どは西八幡店からの流れのようです。
 店内はすっかり綺麗にリフォームされ、L字カウンター7席(この日は5席のみ使用)、4人掛けテーブル3卓、21席。
 卓上には白胡椒、魚粉、七味唐辛子。

クリックすると拡大します

 少し待ってマンモスラーメン850円。ニンニクをお願いしています。
 もの凄く量が多いように見えますが、殆どが野菜(モヤシ95%、キャベツ5%)で、麺量は一般的なラーメンと同程度。
 トッピングされている花鰹がゆらゆらと湯気でゆらゆらと揺れ、鰹のいい香りを辺りにまき散らします。
 豚骨ベースのスープに魚粉を合わせて魚介を利かせ、どっしりした旨味でありながら、キレのいい後味でとても美味しい。

クリックすると拡大します

 太麺はこれまでと同じ丸高製麺の別誂麺。
 モチモチ感より食べ応え優先の固め仕上げで、この仕上げがさらさらのスープによく合います。
 ニンニクはかなり多めですが、あまり辛さを感じません。

クリックすると拡大します

 大きめのチャーシューが二枚、綺麗な長方形に切りそろえられています。
 そのままではなく、スープに浸して味をしみこませて食べると、とても美味しい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お店を出て、どれどれ西八幡店はどうなっているか向かってみました。
 『新店舗オープンのため しばらくお休みいたします。』とあるので、私には移転には思えませんでしたが。

クリックすると拡大します

 晩酌
 ヨセミテ・ロード リミテッド・セレクション ピノ・ノワール 赤。
 300円台だと料理ワインだけど、1,000円を超えると味わえるようになるな。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186763350
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック