2019年11月09日

牡蠣味噌拉麺

/柴崎亭梅ヶ丘店にて柴崎亭のかき味噌/箱根そば渋沢店にてざる、クーポンかき揚げ/

クリックすると拡大します

 下の子を駅まで送っていくので、土曜日でもいつもと同じ時間に起きなければならない。
 面倒だと思っていたことは、無くなってみると寂しくなること。
 いつの日か娘が家をでるまでの話ですな。

クリックすると拡大します

 お昼は柴崎亭梅ヶ丘店ホームページ)へ。
 安定して美味しいラーメンを販売されているので、ついつい訪問を先延ばしにしていまい、随分と間が空いてしまいました。
 毎週々々、魅力的な限定メニューが販売されているので、ツイッターのチェックも欠かせません。

クリックすると拡大します

 店先の告知を見ると、「本日の限定」が書かれています。
 ですが、開店直後の限定の注文が途切れたら終わり、みたいにツイッターでは告知しています。
 でもまあ、限定が売り切れていたら、未食メニューを食べたらいいから、問題はありません。

クリックすると拡大します

 食券を買い、厨房近くの席に案内されると、厨房には店主さんと店長さんがいらっしゃって。
 お久しぶりです。
 カウンター席の奥を見ると2席ほど固定椅子を外されたようで、どんなに流行っていても現状に満足しないんだな。

クリックすると拡大します

 店内には未だラーメンが出来上がっていないお客さんがいるので、どのくらい待つのかなぁと、お冷やを飲みながら調理を眺めていると。
 「よっ、久し振り。飲みますか」と保冷庫から1本持ってきて。
 券売機にボタンがあれば飲みやすいんだけどなぁ、ま、その話はいずれまた。

クリックすると拡大します

 程なくして、柴崎亭のかき味噌1,000円
 縁に土手味噌をあしらった、このメニュー専用に用意された陶器製の丼。
 牛蒡を混ぜた鶏清湯スープに味噌たれを合わせて、すっきり澄み切った味わい、旨いですねぇ。
 レギュラーメニューの味噌を未だ食べていないのに、限定メニューから食べるのはどうかと思うけど、やむを得ません。

クリックすると拡大します

 田村製麺の縮れ平打太麺、スープに負けていないどころかスープを引き上げる美味しさ。
 トッピングは大根おろしなんだけど、大根の葉を混ぜてあって、個人的に大好きなおろし。
 そしてして、この葉おろしが味噌スープに怖いくらいに合います。

クリックすると拡大します

 「牡蠣」ラーメンと呼ぶラーメンは、これまで何杯も食べています。
 ですので、柴崎亭の牡蠣ラーメンには、牡蠣が何個入っているか数えてみたのですが。
 10個を超えたところで数えるのを止めました、数でああだこうだ言おうとした私、ごめんなさい。

クリックすると拡大します

 牡蠣を数えていたら、白子も入っていて。
 白子を入れた「牡蠣」ラーメンと呼ぶラーメンを食べたことは数杯ありますが。
 白子が三つも入っている牡蠣ラーメンは初めてで、値段と全く釣り合わないですが。
 いや、この「牡蠣」ラーメンが正しいコスト計算で、これまで食べてきた「牡蠣」ラーメンが間違っていると言うことは無いだろうか。

クリックすると拡大します

 スルッと食べて、ご馳走様でした。
 食べ終わった頃はお店も空いてきたので、あんなことやこんなことの四方山話。
 それでは、来月、よろしくお願いします。

クリックすると拡大します

 電車に乗ったらぐっすり寝てしまい、降りる駅を寝過ごしてしまったので、いったん改札を出て。
 少し早いけど、夜は、箱根そば渋沢店ホームページ)へ。
 遅々として進まない箱根そば全店舗訪問、こういうチャンス(ピンチ?)を逃さずに訪問しておかねば。

クリックすると拡大します

 店内に入ってすぐ右手裏側に券売機があります。
 おっ、缶ビールを販売されているじゃ無いですが、おにぎりも。
 お客さんのハイキング(クライミング)姿を見て気が付きましたが、ハイキングや山登りの帰路に立ち寄り、軽く一杯の要望に応えているんですね。

クリックすると拡大します

 食券を受付に出して、鞄を椅子において、券売機裏手の整水器からお冷やを汲んできます。
 席配置は、券売機の左側に立ち食いカウンター3人分、店舗左側に2人掛けテーブル6卓、奥に壁向きカウンター4席。
 先客3人、後客5人とお客さんが途絶えることがありませんでした。

クリックすると拡大します

 程なくしてメニュー名を呼ばれ、自身で受け取ってきた、ざる400円、クーポンかき揚げ天
 箱根そばの「ざる(そば)」は刻み海苔が掛かっていて、もり汁は小鉢で、薬味は小皿で用意されています。
 かき揚げは揚げ置きで冷たくなっていますが、だからといって冷たいお蕎麦の上に乗せて提供したりしません。
 お蕎麦、かき揚げ、美味しくいただきました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186789118
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック