2019年11月20日

三田から内幸町

/とんこつラーメン藤参@三田にてノリわかめラーメン/孫作@内幸町にてラーメン/

クリックすると拡大します

 お昼は、とんこつラーメン藤参(ふじさん)@三田(港区三田)へ。
 既に開店から一年が過ぎ、(言い方は失礼ですが)元気に営業されています。
 22時までの営業時間が、翌6時までの通し営業に延長されています。
 さて、何が変わって何が変わっていないか、食べてみることにします。

クリックすると拡大します

 店内に入り、先ずはランチタイムから8脚の椅子が用意されていることに驚きます。
 って、店内に入る前から透明ガラス越しに椅子が見えていましたが。
 開店当初、ランチタイムは立ち食いスタイルが話題でした。
 私の周りの立ち食いスタイルと言えば、いきなりステーキと麺屋坂本01、どちらも椅子を導入されています。

クリックすると拡大します

 椅子に座ってメニューを見上げると、以前書かれていたメニューは一切変更されず(消費税増税後の値上げ無し)、ノリわかめラーメンとメンマが追加されています。
 壁の空きスペースに(確か以前は無かった)ビール600円、酎ハイ500円が張り出されています。
 おつまみとしてネギメンマ300円、のりわかめ300円、チャーシュー玉子400円も。
 学割が始まっていて、自己申告でラーメンかチャーシューメンが100円引きで、玄米ライスが無料になります。

クリックすると拡大します

 卓上の調味料が充実してきました。
 紅生姜、ラーメンタレ、りんご酢、白胡麻、粒胡椒、豆板醤、国産無添加にんにく、食べる辣油。
 ラーメンのスープは、お店が決めた味が一番美味しいとは思いますが。
 色々な味変の楽しさも捨てがたい。

クリックすると拡大します

 程なくして、ノリわかめラーメン並800円、家系お好みは麺柔らかめ。
 配膳された瞬間、サンプル写真以上の盛り付けにびっくり、今風に言えば「コスパ最高」ってヤツでしょうか。
 スープは薄めあっさりめの豚骨鶏ガラスープ、このあっさりめがとても美味しく感じるお年頃。
 濃い薄いは良い悪いではなく特徴なんだけどね、若い頃は中々気が付かなかったりします。

クリックすると拡大します

 増田製麺の平打中太麺、柔らかめでお願いしたので美味しいのですが、もう少し柔らかくてもよろしくてよ。
 チャーシューは大きく切り分けたの以外に、端っこが二つも三つもあって、とても嬉しい。
 たった100円で茎わかめが一掴み、海苔が5枚増量され、さらに茎わかめが美味しいのなんのって。

クリックすると拡大します

 さてさて、お楽しみの味変。
 家系ラーメン店でも余り見かけない紅生姜を合わせ、リンゴ酢を掛けてみましたが、これがまた美味しい。
 あまりにも美味しくてスープを飲み干しそうな勢い、もう勢いだけにしなくちゃ行けないお年頃。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、孫作@内幸町(港区西新橋)公式ツイッター)へ。
 看板を逆さに付け替え、おお、どうなるんだとざわざわしたのが、去年の5月。
 その時はつけ麺のみでしたが、半年程して夜はラーメンを販売するようになりました。
 どんなラーメンか、食べに行こうと思っていながら、まー、一年は過ぎましたか。

クリックすると拡大します

 タッチパネル式の券売機は昼夜で全くレイアウトを変えています。
 メニューはラーメンのみで、麺量の違い(並250g、中375g、大500g)で3種類、チャーシューメン、ダブルチャーシューメン。
 トッピングは味玉、生卵、ネギ。
 ビール大瓶600円。

クリックすると拡大します

 店内の席配置は全く変わらず、空いている席に着くと、卓上の調味料(白胡椒、酢、一味唐辛子)や出勤表も変わっていません。
 お客さんは半分以上の入りで、後客も途切れる事がありません。
 仕事が終わって、一杯引っかけて帰る人もいれば、一杯引っかけずにラーメンを食べる人もいると。

クリックすると拡大します

 少し待って、ラーメン700円
 豚骨ベースに香味野菜を合わせたスープは、何物にも邪魔されない真っ直ぐな味わい。
 どっしりと重くて美味しいけど、何もしないで一杯は食べ切れないほど単調な味わいでもあります。
 そんなことは食べ手に言われなくても分かっているので、初めから刻みニンニクと刻み生姜が乗せてあり、一味も振ってあって、ゆっくりと混ぜ合わせながら食べ進めます。

クリックすると拡大します

 麺量250gもある角太麺、もちろん松富士食品製、みっちりと食べ応えがありますが、消化が良いのか、後もたれしません。
 トッピングは豚肩ロースチャーシューが二枚、ザク切りの長ネギがたっぷり。
 このネギの切り方、写真では分かりにくいけど、切り損ないと思うほどの大きなのもあります。
 麺を殆ど食べたところで、卓上の一味を振ってみます。

クリックすると拡大します

 調味料を使うタイミングって、私は殆どの場合で「食べる終わる頃」ですが、初めっから掛ける人もいるんだろうなぁ。
 しかしまあ、この麺量でこの味わいを他店が850円、900円とする中で、舎鈴系は700円スタート。
 良くやっていけるね、と言うか、なぜ(その値段で)やっていくのか、を聞いてみたいな。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
しかし何も中身の無いbolgですね。
Posted by 百合 at 2019年11月23日 04:28
相も変わらず酒池肉林の世界ですね。
近頃はクリスマスライトアップの写真は撮らないんですか?
Posted by じゅりあ at 2019年11月23日 13:48
百合さん、コメントありがとうございます。

 日本語が読めないと言うことでしょうか。
Posted by ふらわ at 2019年11月24日 13:52
じゅりあさん、コメントありがとうございます。

 クリスマスライトアップ、年々始まりが遅くなっています。
Posted by ふらわ at 2019年11月24日 13:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186834162
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック