2019年11月27日

しじみそば

/箱根そば本陣にてしじみそば/麺屋浜一@矢向にて味噌ラーメン、野菜/

クリックすると拡大します

 朝は、箱根そば本陣ホームページ)。
 しぶそばとのコラボそばが今週から始まって、何とか時間を作って伺います。
 タッチパネル式券売機を隅から隅まで探すも、コラボそばが見つかりません。
 なんと、販売は朝10時からでした、、、告知ポップの「箱根そば本陣で」までしか読んでなかった、、持っていないにも程がある。

クリックすると拡大します

 ので、10時までの限定メニューである「朝のおすすめ」を食べることにします。
 朝のおすすめは、朝そば450円としじみそば430円、ご飯セットがプラス120円。
 タッチパネルでパチッと食券を買って店内へ、受付で店員さんに「お蕎麦で」と伝えます。
 以前ならそこで「ネギ多め」と加えるところですが、今は昔、有料(30円)ですからね。

クリックすると拡大します

 出来上がったしじみそば430円を受付で引き取り、空いている立ち食いスペースで頂きます。
 しじみラーメンは何回か食べたことがありますが、しじみそばは初めてです。
 貝出汁には、塩じゃ無くて醤油が合うと感じているからか、ちょっと口に合いません。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼はどこかに食べに出掛ける気満々だったのですが、雨が降っていたので断念。
 事務所に売りに来ているお弁当、美味しいのですがご飯の量が多い。
 だからといってご飯を残すのは昭和の私には厳しい。

クリックすると拡大します

 夜は、麺屋浜一@矢向(横浜市鶴見区矢向5-4-17)ホームページ)へ。
 2019/11/22オープン、事前情報は営業時間と住所、ラーメン二郎インスパイアであることのみ。

 お店の近くに用事があってので食べたとか、通りかかって立ち寄ったならいざ知らず。
 帰宅方向とは別の方向へ、わざわざ電車代と時間を掛けて食べに行っているのに。
 ラーメン食って写真を撮ってきだけ、何しに行ったのか全く分からない。

クリックすると拡大します

 店先にはメニューが貼り出されていて、その下に「2人で一杯のラーメンはお断り致します」とあります。
 「2人で」と柔らかく書いてあるけど、要は1人1杯の注文をお願いしますということ、ウチはそういう販売しかしませんということ。
 もちろん世の中には、1杯を何人で食べようが、ラーメン食べずにビールだけでも構わないラーメン店もあります。
 私は一人で食べに行っているので、ちゃんと1杯食べます。

クリックすると拡大します

 店内に入るとすぐ左手に券売機があって、食券を買います。
 引き戸が磨りガラスなので、そこに人がいるかどうか外から見えるんだけど、自分が買っているときにいきなり入ってきてぶつかる人って、いますね。
 メニューはラーメン、味噌ラーメン、辛味噌ラーメンが同額780円。汁なしは売り切れ、つけ麺、台湾はカミングスーン。
 ボタンに「野菜増し」があったので、野菜増しは有料なのか、と買ってみました。

 高額紙幣の両替は「お声掛け下さい」ではなく「できません」とあります。
 これは店員さんのワンオペだから手が回らないって事ですけど、ラーメン店に入店するときに財布の中身を事前に確認する人はそう多くいません。

クリックすると拡大します

 この、「1人1杯」「両替不可」は、お店の大切な営業方針なのですが、読んで欲しい人に限って読んでくれないのが世の常。
 未就学児を連れた家族連れとか、たまたま万札しか財布に入っていない人とか、トラブルやクレームまがいのやりとりもありましたが。
 そんなやりとりをブログで公開しても、お店側も食べ手も幸せにならないし。
 なにより、ラーメンが美味しく食べられませんしね。

クリックすると拡大します

 店内は左手の厨房に面したストレートカウンター8席、奥に小上がりがありますが、今のところは使われていません。
 卓上にはカエシ、す、ブラックペッパーグラウンド、カエンペッパーパウダー。
 空いていた一席のカウンターに座ったら、すかさずカウンター台に食券を出すのがラーメン店の常識ではありますが。
 こちらでは、店員さんが食券を引き取りに来るので、食券を渡しつつ、麺のゆで加減だけ伝えます。

クリックすると拡大します

 お冷やを飲みながら、店内が広めということもあり、あの独特の臭いがしません。
 店内を見渡すと、天井からの仕切りに「ヤサイ、ニンニク、カラメ、アブラ」の無料サービスの説明がありました。
 って、じゃあ、野菜増しの食券はどうなるんだろうか。
 少し待って、「ヤサイマシマシのかたぁ〜」と声が掛かったので、「ニンニクで」と答えた一杯がこちらになります。

クリックすると拡大します

 味噌ラーメン780円、野菜60円
 初対面の女性に、いきなり好きと言われた感じ。アンタ、ダレ?
 モヤシの殆どがスープに浸かっていないので、空のお椀にスープに浸かっていない野菜を取り分け、スープに浸かっている野菜から食べます。
 もちろん、取り分けずにそのままモヤシ、一部キャベツ、を食べても一向に構いません。

クリックすると拡大します

 他のお客さんの注文を聞いていると、半分くらいのお客さんが野菜増ししてたので、既にもうそう言う時代なんだな。
 スープは背脂と化調だけではなかろうかと思うほどあっさりした味わい、上品な味噌汁のよう。
 味があっさりしていること自体は悪いことではなく、日常食としてむしろアリですが、店先に書かれていた「濃厚」って、、、

クリックすると拡大します

 平打極太麺はワシワシせず、ゴワゴワせず、普通の噛み応え。
 初めて食べる食感ですので製麺所は分からず、分からないからと言って聞くのはどうなんだろうかと。
 麺量は並ですので235g、235gは中途半端な麺量ですが、一玉160gの一玉半ですね。
 ちなみに大盛350g(100円増し)、特盛470g(200円増し)、ミニ120g(50円引き)。

クリックすると拡大します

 モヤシをかなり食べたら出てきたブタ、ブタと呼べるサイズには感じません。
 一般的なラーメン二郎インスパイアでは、ブタをモヤシの中に埋めたりしません。
 食べ応えは、柔らかくも無く固くも無く、中途販売と言えば中途半端、一般的と言えば一般的。
 ニンニクはそれなりに多かったけど、あんまり辛く無く。

クリックすると拡大します

 何口目かの野菜には、カエンペッパーを振ってみました。
 お客さんは次から次へと入ってきて、店内待ちができるほど。
 これだけ流行っていれば、応援する必要が思い付かないですね。

クリックすると拡大します

 食べ終わって丼の底を見てみると、天下布麺と書かれています。
 ひょっとして、天下布麺グループなのか、、と確認したかったのですが、タイムアップ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> その下に「2人で一杯のラーメンはお断り致します」とあります。

カップルで一杯をシェアするのはダメだけど、一杯のかけそばのように家族でシェアするのはOKなんですよ。

> 味噌ラーメン780円、野菜60円。
> 初対面の女性に、いきなり好きと言われた感じ。アンタ、ダレ?

例えはよくわからないですけど野菜が多くていいですね。
箸使いが下手な人はアブラを増せば野菜がしなしなになって食べやすいですよ。
Posted by tomoco at 2019年11月28日 22:35
tomoco さん

> カップルで一杯をシェアするのはダメだけど、一杯のかけそばのように家族でシェアするのはOKなんですよ。

 なるほどね、やってみて下さいね。

> 例えはよくわからないですけど野菜が多くていいですね。

 野菜って、モヤシですよね。
 モヤシって一袋数十円で売っていますが、良いんですか?

> 箸使いが下手な人はアブラを増せば野菜がしなしなになって食べやすいですよ。

 しなしなになるほどアブラを増すのは、得策とは思えませんが。
Posted by ふらわ at 2019年11月30日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186856368
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック