2019年12月26日

三寒王とは

/鳥一支店にて冬定食/魚がし日本一五反田店にて冬の三寒王/

クリックすると拡大します

 朝食の選択肢が幾つもあっても、時間不足にはコンビニパンしか対抗できない。
 これはもう、年末年始の中型連休に掛けるしか無いと、仕事に没頭する。
 仕事に集中してもしなくても、お腹は減る。

クリックすると拡大します

 お昼は、鳥一支店へ。
 ここ品川駅港南口の飲食店街で、ランチタイム一番混んでいる居酒屋のランチ営業。
 そもそも、ランチで11:30から開店待ちする店って、世の中の不条理を色濃く現しています。
 早く行くと混んでいるので、逆手を張ってみたら、カレーが売り切れていました。

クリックすると拡大します

 日替わり定食の代わりに四季定食が用意されていて、冬だけは「冬定食」と名前を変えます。
 冬定食とはカキフライが3個の定食であり、トッピング(?)がからあげ、カレールーコロッケ、コロッケ、たまごサラダ、冷奴から選べます。
 牡蠣をもっと食べたい人向けにカキフライ定食も用意されていて、牡蠣5個で1,500円。
 理由は不明ですが、調理に時間が掛かるそうです。

クリックすると拡大します

 お店に着いてから計って30分後に提供された、冬定食(カキフライ3個)1,000円、付け合わせはたまごサラダをお願いしました。
 カキフライとご飯とみそ汁だけで800円程度、と言うわけにはいかないんだな。
 漬物、春雨が付いているし、たまごサラダって千切りキャベツにドレッシングを掛けて玉子を混ぜたポテトをのせただけだし。
 食べる順番に戸惑いつつ、牡蠣フライにソースを掛けるところから。

クリックすると拡大します

 タルタルソースを付け、辛子を乗せて食べてみると火傷するほど熱く、すぐにご飯を食べても熱いまま、お冷やが無くてお茶しか無いのでそのまま食べる。
 熱いけど美味しい、カキフライの美味しさは牡蠣の身の美味しさもさることながら、揚げる油とまぶす衣の美味しさもあるな。
 昭和生まれが関係あるか分からないけど、フライには辛子が要るよね、だって付けると美味しいもの。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が終わったのは21時過ぎで、こんな時間からラーメンってワケにはいかないし。
 かと言って、知り合いの寿司屋や居酒屋に行ったら「軽く」出来るはずもなく。
 そうだ、熟成魚のお寿司屋としてリニューアルしたはず、と、魚がし日本一五反田店ホームページ)へ。
 えっ、外待ちしているのか、、、並んでいるとつい並んでしまうラヲタの悲しい性。

クリックすると拡大します

 並びながらメニューを見ると、えっ、熟成魚はやっていないのか。
 ガラス戸から店内丸見えなので、あああの人長そうとか、あああの人もうすぐ食べ終わりそうとか。
 ま、それはそれとして、並び始めちゃったら途中で帰る訳にはいかないし(いや、帰ろうよ

クリックすると拡大します

 10分ほど待って店内へ。
 店員さんにお飲み物はと勧められて、日本酒の燗をお願いすると、やってないと言う。
 もちろんやっていると思ってメニューも見ずにお願いした私が悪い、すみませんでした。
 改めてメニューを見てみると「燗」と書かれていたと思われる場所が隠してあります。

クリックすると拡大します

 燗ができないんじゃ冷やでいいやとお願いした富士の恵480円。
 湯呑みに注がれて運ばれてきて、美味しい日本酒だけを飲んでいる人には厳しい日本酒。
 造りを知りたかったけど、瓶をお願いして「無かった」ら気まずいので、後で調べるかと黙って飲む。
 ネットで調べるも、『純米酒 静岡』と言うところまでしか分からず、自身の検索力の低さを痛感。

クリックすると拡大します

 目の前のネタケースを眺めていると、カウンター台に二枚の笹の葉が置かれます。
 ファーストオーダーは冬の三寒王(あん肝、蒸しがき、寒ぶり)450円
 野球に詳しい人ならば三冠王に掛けたと知れますが、スターウォーズに詳しい人ならばファーストオーダーが、、
 さて、今の時代、どの程度の人に通じるだろうか、通じる人こそターゲット層なのか。

クリックすると拡大します

 生温かいシャリからは酢を殆ど感じず、箸でつまんだらぼろぼろと崩れる握り。
 あん肝ですよと言われればあん肝の味がするし、蒸し牡蠣ですと説明されれば、生ではなく蒸してあるのは何故ですか、と聞いてはいけない味がする。
 この値段、この手軽さ、この早さからは考えられないほどの美味しさ。
 逆に言えば、こんなに美味しいお寿司を、こんなに早く、こんなに手軽に、この値段で提供したら、個人経営の町寿司屋はどれだけ営業が厳しいだろうか。

クリックすると拡大します

 こち150円。
 淡白な味わいの白身魚は、寿司職人の腕の違いが分かりやすく感じられます。
 どうやって仕込んだのは想像できないほど大きさの違うネタ。

クリックすると拡大します

 赤貝250円。
 誰も頼まないからか、今日は特別なのか、鮨屋級の味わい。
 昨今の食材事情から鮮度が高いのは当たり前ですから、「新鮮で美味しい」なんて言っている人は何年お寿司を食べてないんだよ。
 この手の立ち食い寿司屋でコリッとした食感と、ほんのりとした甘さと、微かな磯の香りを楽しめるとは。

クリックすると拡大します

 こはだ100円。
 江戸前寿司ならコハダだろうとお願いしました。
 魚がし日本一には「本格江戸前寿司」と「立ち喰い寿司」の2系統がありますよ、と気付かされます。
 この辺りで飲物をお代わりするとエンドレスになるので、緑茶で。

クリックすると拡大します

 いわし100円。
 周りを見渡すと、お寿司を手で直接食べている人と、箸を使って食べている人がいて、色々と考えさせられます。
 私は手で直接食べる、料理には料理に応じた作法があると思うし(ラーメンを手で食べる人はいない)、自身の手が汚いとは思わないし。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186971295
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック