2019年12月27日

納会

/ゆで太郎西五反田本店にて天中華、焼きのり、かき揚げ/季節料理酔郷やぶにてAランチ/らぁ麺田じま@渋谷にて煮干しそば、まぜそば/

クリックすると拡大します

 早起きは中華蕎麦のために、今朝はゆで太郎西五反田本店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン店系路麺店、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 私にはホームと呼ばれるゆで太郎本支店がありませんが、今日のホームは西五反田本店。

クリックすると拡大します

 店内の受付近くに、テレビ取材を受けたときの色紙が飾られています。
 池田社長さんの似顔絵、特徴を良く捉えていて、とても良い感じです。
 この色紙を見るたびに、そのときの放送を思い出します。

クリックすると拡大します

 程なくして天中華450円、焼きのり100円、クーポンかき揚げ
 本店のかき揚げ、やはり玉ねぎの鮮度が違う(気がする)、数がででいると言うことでしょうか。
 焼きのり、いつ食べても美味しい、作っている人が素晴らしいと言うことでしょうか。
 美味しくいただき、今年もご馳走様でした。

クリックすると拡大します




クリックすると拡大します

 お昼は、季節料理酔郷やぶへ。
 初訪問ですので、どんな店か調べてみると、こちらは品川東口店と港南口店の異なった表記があって、どちらなのだろうか。
 他には高輪店、つまり駅反対側、品川東口店と港南口店が同一店舗としたら、全2店舗。
 居酒屋のランチ営業ですので、店先のメニューを眺め、カキフライがあることを確認して入店。

クリックすると拡大します

 2階は喫煙者向け、1階は禁煙席、店員さんにたばこを吸わないことを伝えると、厳かに1階奥の円卓へ案内されます。
 店内はテーブル席のみで、半分以上が埋まっていました。
 ランチメニューは1,000円前後、今週のランチはABCと揃っていています。
 食後のコーヒー、グラスビールが200円なんだ、いつかその日が来たら飲んでみよう。

クリックすると拡大します

 少し待ってAランチ(カキフライ&ポテトサラダ)900円
 1,000円以下のカキフライ定食で、カキフライが4つ、牡蠣のクオリティが分からない人にはコスパ良し。
 ランチの定食は主菜、ご飯、みそ汁、付け物が気が楽ですね。
 おお、こちらでは辛子とレモンは付いていないだなと、先ずは牡蠣にソースを掛けるところから。

クリックすると拡大します

 カキフライはそのまま食べると熱いことがこれまでの経験から分かっているので、冷たい千切りキャベツと一緒に食べてみました。
 おお、ちょうどいい温度で熱くない、牡蠣の美味しさもしっかり分かる(自分比)。
 こういう食べ方をするためにキャベツが添えてあるのか、、今までの人生って一体、、、
 付け合わせのトマト、ブロッコリーも美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が終わらないので、明日の出勤を予定していましたが。
 夕方からフロア全体が納会ムードになり、強制終了。
 サラリーマン稼業として、最後の納会を客先で迎えることになり、何とも。
 今年も一年、お疲れ様でした。

クリックすると拡大します

 夜はらぁ麺田じま@渋谷(渋谷区宇田川町31-9)公式インスタグラム)へ。
 本日12/27オープン、本日を含めた3日間は全メニュー(らぁ麺800円、つけ麺850円、煮干しそば800円、まぜそば800円)が、開店記念の500円(100食限定)で提供されます。
 はやし田系の麺亭しま田を経営するジーアールインベストメントの、ラーメン店として2号店。
 しま田は「島田」、田じまは「田島」、何かのアナグラムだろうか。

クリックすると拡大します

 店内に入り、右手に設置されたタッチパネル式券売機で食券を買います。
 メニューは全て開店記念価格となっていて、らぁ麺500円、つけ麺500円、煮干しそば500円、まぜそば500円。
 替え玉も対応されていて、トッピングにメンマ白(穂先メンマ)、メンマ黒(味付き材木メンマ)が用意されています。
 ここは一番割引率が高いつけ麺を食べるべきですが、開店初日にハイリスクローリターンなので、ね。

クリックすると拡大します

 店内は和モダンな設えで、卓上に調味料を置かないスタイルを継承、お箸とお冷やポットのみ。
 席配置は、厨房を囲むカウンターが8席と7席、壁側には4人掛けテーブルが2卓。
 店員さんはダークグレーの作務衣に似た制服、のんびりとラーメンの出来上がりを待っていると、肩越しに「ご来店ありがとうございます」を声を掛けられ。
 うーん、顔を覚えてもらい、ありがとうございます。

クリックすると拡大します

 カウンター台に張られた説明書き。
 「大山とり」「マキシムこいたまご」が気になるポイントですが、まぜそばだけ食べ方の説明になっているのも気になる。
 他にも、田じまの横に「醤」とあるけど、それって中華そばたかばん(中華そばます田系列)と似ています。

クリックすると拡大します

 程なくして、煮干しそば800円(開店記念で500円)
 ます田で調理をされていた方が担当されているので、店内がどんなにバタバタでも盛り付けはしっかりしています。
 季節や仕入れによって変わる煮干し(鯵煮干し、平子煮干し、白口煮干し)などをバランス良くブレンドしてあり、開店初日とは思えない美味しさ。

クリックすると拡大します

 細麺は菅野製麺所、ややダマ気味ですが、いつも通りの食感だと思えばいつも通り。
 トッピングは豚肩ロースレアチャーシューが一枚、味付き材木メンマが2本、紫玉ねぎ、九条ネギ。
 まだまだ調理器具が水に馴染んでいない印象を受けますが、それはつまり店内炊きだと言うことと、これから水に馴染むにつれて美味しくなると言うこと。

クリックすると拡大します

 2杯目はまぜそば800円(開店記念で500円)
 濃いめの鶏油中心のたれに切り分けられた豚肩ロースレアチャーシューと味付き材木メンマを乗せ、ネギを長ネギに変えてあります。
 全体をかき混ぜて食べてみると、かなり美味しい、麺亭しま田の再現性は高く、渋谷でもある一定以上の評価は得られるでしょう。

クリックすると拡大します

 麺はつけ麺と同じ菅野製麺所の平打中細麺。
 気持ち固めに茹でてあって、するすると食べられて美味しいです。
 麺がダマ気味でも温麺なら自身で湯がけばいいけど、まぜそばでダマ気味だったら、、、って味変用の玉子が用意されていますな。

クリックすると拡大します

 撮影用に麺を整えてチャーシューを拾い集めたら、トリュフオイル漬けの「マキシマムこいたまご」を入れる。
 ラーメン好きには見慣れた風景、今頃になって卵黄の味変なんて、と思われるかも知れませんが、初めて食べる人には感動的でしょう。
 最後の一口、二口はレモンを搾って酸味を利かせます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> 程なくして天中華450円、焼きのり100円、クーポンかき揚げ。

トッピングを盛りつけていない写真って珍しいですね。
揚げ玉や紅生姜を取るお皿は一人一枚なんですか?

> 本店のかき揚げ、やはり玉ねぎの鮮度が違う(気がする)、数がででいると言うことでしょうか。

味なんてわかりもしないのにそんなことを書くと嗤われますよ。
Posted by tomoco at 2019年12月29日 20:11
tomocoさん

> トッピングを盛りつけていない写真って珍しいですね。

 12/12もそうだったかな。

> 揚げ玉や紅生姜を取るお皿は一人一枚なんですか?

 ご自由にどうぞの丸皿があれば使いますが(12/12の写真参照)、この日は丸皿が無かったので、焼きのりが乗せられているお皿を使いました。
 揚げ玉は朝だけ、紅生姜や刻み鷹の爪は終日ご自由にどうぞですので、好きなだけ食べられます。

> 味なんてわかりもしないのにそんなことを書くと嗤われますよ。

 嗤うくらいならブログを読まなければいいんじゃ無いと思いますけどね。
Posted by ふらわ at 2019年12月30日 13:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186971738
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック