2020年01月05日

隣町に焼肉ライクが

/ゆで太郎平塚桜ヶ丘店にて天中華、焼きのり、季節のかき揚げ/焼肉ライク平塚四之宮店にてカルビ・ハラミ&旨辛チゲラーメンセット/晩酌/

クリックすると拡大します

 早起きして中華蕎麦を、今朝はゆで太郎平塚桜ヶ丘店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン展開する路麺店、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛。
 三が日を休み、昨日から営業再開されています。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、一人二人と先客、自分のことを棚に上げて、今日から食べに来ている人がいるんだな。
 券売機に向き合い、押すべきボタンを探すも見つからず。
 ポップを見上げると「現金にてお願いします」と書かれていて、なるほど、と。

クリックすると拡大します

 程なくして番号を呼ばれ、天中華450円(ネギ多め)、焼きのり100円、季節のかき揚げ250円
 前回同様、平塚桜ヶ丘店では天中華の海老天は別皿で提供されます。
 別皿提供に加えて嬉しいのは、丼が中華そば専用の紅丼ではなく、そば丼で提供してくださること。
 丼に描かれた「ゆで太郎」の文字を眺めながら食べるのが、個人的に楽しみなので。

クリックすると拡大します

 たった250円のかき揚げでも、チェーン店の海老天でも、心を込める方法はいくらでもある。
 心を込めればお客さんに伝わる、心を込めなければ、こもっていないことが伝わる。
 季節のかき揚げ、ホタテの柔らかさとレンコンの固さのアンバランスさが美味しい。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 連休最後は未食のラーメン店巡りの予定でしたが、女房に押し切られ、焼肉ライク平塚四之宮店公式ホームページ)へ。
 2019/12/17オープン、新橋に一号店を出店して、23店舗目。
 焼き肉店なんて、安価店から高級店まで溢れかえっていて、今更新しいジャンルの開拓なんて想像できなかったけど。
 ちゃんと想像して、ちゃんと具現化して、ちゃんと道を作る人がいるんだなぁ。

クリックすると拡大します

 焼肉ライクのウリは一人焼肉定食の提供。
 駅近店は一人様ロースターと1,000円以下の焼肉定食で入店の敷居を下げ、高客回転で営業を成り立たせる戦略でスタート。
 で、幸楽苑跡地に、ロースターは一人様のままで、2人席、4人席を導入されています。
 平塚四之宮店ではお一人様向け相対カウンターは16席ありますが、残り34席はテーブル席。
 新橋本店で焼肉ライクデビューした私(女房のデビューは町田北口店)にとっては、「テーブル席もあるんだ」の印象ですが、平塚四之宮店でデビューのお客さんは「お一人様向けカウンターもあるんだ」の印象でしょう。

クリックすると拡大します

 案内された席に座って、メニューの検討。
 アラカルトの注文も出来るけど、白米がセットされた肉セットか、白米以外の石焼きビビンバやラーメン、カレーなどがセットされた贅沢コンボがお得ですね。
 肉は一部の国産牛を除きUS牛、部位はバラカルビ、匠カルビ、みすじ、ハラミ、国産牛カルビ、牛タン、牛ホルモン。豚のイベリコ豚。
 肉量が100g、150g、200gと細かく設定され200gで足りなければアラカルトを追加できます。

クリックすると拡大します

 子供用メニューも抜かりなく、飲物はビール、ハイボール、ソフトドリンク。
 サラダもあります。
 店内は半分以上の入りで、殆どのお客さんは焼肉ライクデビューと思われます。

クリックすると拡大します

 メニューを決めたらタッチパネル式、、というかiPadでオーダー。
 以前の回転寿司屋、居酒屋などではタブレットから開発していましたが、今は昔、iPadにアプリを組み込んだ方がどれだけ楽か。
 アプリには「店員を呼ぶ」「お水」などもメニューも用意されています。

クリックすると拡大します

 料理をオーダーしたら、テーブル下のスイッチでガスコンロに点火。
 一度やってみれば何てことないけど、初めてだと「AとBを同時押し」が以外と難しい。

クリックすると拡大します

 ガスコンロに点火したら、テーブル手前の引き出しを引いて、おしぼりと箸を用意します。
 割り箸は森林資源に厳しい、などと現状を確認しないイメージ先行のスローガンは鳴りを潜め、間伐材や端材の有効利用だと知れ渡っています。
 プラ箸(エコ箸)は再利用の洗浄に洗剤や水を使うので、それはそれで水質汚染に繋がると。
 ま、難しいことはよく分からないという落ち着いたところで、焼肉が運ばれてきました。

クリックすると拡大します

 私は、カルビ・ハラミ&旨辛チゲラーメンセット(100g)1,080円
 女房は、匠カルビ・バラカルビ&石焼ビビンバセット(200g)1,380円
 アラカルトで、牛タン50g490円
 セットメニューにはキムチが付いてきて、石焼ビビンバセットにはスープも付いています。

クリックすると拡大します

 タレは自由に選べ、あっさり生醤油だれ、濃厚生醤油だれ、焦がし味噌だれ、にんにくおろし、旨辛コチジャン、レモン汁。
 生醤油だれを2種類、牛タンはレモンで美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 肉は一枚ずつしか焼かないので、お一人様用ロースターを二人で使っても全く問題なし。
 何枚かまとめて焼くスタイルの人には狭いので、カウンターで一人一ロースターの方がいいですね。
 夕方5時まではご飯お代わり無料、美味しいご飯でしたがお代わりせず。

クリックすると拡大します

 女房の石焼きビビンバ。
 写真では分かりにくいけど、半人前なので「色々食べたい女性」にはピッタリです。

クリックすると拡大します

 私のチゲラーメン。
 牛骨から取ったスープにコチュジャンを合わせた、ピリ辛仕立てのスープ。
 トッピングは薬味ネギだけなので、素ラーメンですね。

クリックすると拡大します

 中細麺はまずまずの味わい、この手のラーメンの麺でどうのこうのもないし。
 個人的には焼肉を食べ終わった頃に提供して欲しかったのですが、焼肉とほぼ同時に運ばれてきました。
 どこかで指定できたのかも知れないし、開店して一ヶ月未満のオペレーション不慣れかも知れません。

クリックすると拡大します

 コース1万円以上の焼肉に日本酒を合わせるディナーも楽しいし、2人でお腹いっぱい食べて3,000円のランチも楽しい。
 ピンからキリまで食事を楽しめる生活環境の前では、外食や食べ歩きの主義主張なんて、単なる独りよがり。
 とは言え、食べることは生きることですから、どうしても食べることは保守的になりますね。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 その後、買い物に付き合って帰宅。
 帰宅して玄関掃除とか、あれこれ片付けこととか、明日からの出勤の準備。

クリックすると拡大します

 晩酌
 嘉美心(かみこころ)しゅわしゅわ。
posted by ふらわ at 20:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> 丼に描かれた「ゆで太郎」の文字を眺めながら食べるのが、個人的に楽しみなので。

それならご自宅で食べる年越しそばにゆで太郎の丼を使ってはいかがですか?
お椀に盛りつけているおそばを「汚そば」と貶されているのを見ると悲しくなります…。

> 心を込めればお客さんに伝わる、心を込めなければ、こもっていないことが伝わる。

ふらわさんの写真からは心がこもっていることが伝わってこないんですよね。
まずはホワイトバランスを合わせましょうよ。
ふらわさんは実は別の立ち食いそばチェーンの関係者でわざと不味そうな写真を掲載して
ゆで太郎を閉店させようとしていたりして(笑)
Posted by tomoco at 2020年01月06日 21:34
tomocoさん

> お椀に盛りつけているおそばを「汚そば」と貶されているのを見ると悲しくなります…。

 見ず知らずの家庭の年越し蕎麦をなんと言われようと、悲しむことなんてないのに。

> ふらわさんの写真からは心がこもっていることが伝わってこないんですよね。

 頑張ります。
Posted by ふらわ at 2020年01月08日 00:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186999473
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック