2020年01月11日

泰然自若

/歌舞伎稲荷神社/銀座 喰い切り ひら山にて正月日本酒会/スターウォーズ ラストエピソード/

クリックすると拡大します

 銀座に着いたら、先ずは歌舞伎稲荷神社にてお参りします。
 苦しい時の神頼み、何でもかんでも神頼み、お賽銭は少ないけど、あれこれよろしくお願いします。
 あれこれが無理なら、健康だけで結構です。
 私のことは後回しで、女房、親父、子供たち、皆が健康でありますように。

クリックすると拡大します

 お誘い頂きまして、銀座 喰い切り ひら山にて泰然自若の正月日本酒会
 私はお金も無いし、地位も無いし、人望とか人脈なんて全く関係ないので、縁だけでお声掛けいただくことに感謝します。
 こうして特別な会でしか伺えていませんが、いつの日か、ちゃんと伺いたいと思ってはいるのですが。
 公開イベントなので記すのは問題ないと思いますが、会費12,000円、幹事含めて定員10人。

クリックすると拡大します

 あり得ない会費であっても料理と飲物(日本酒だけですが)に一切の手加減なし。
 今日の料理はお節ですね、まあ、家庭食べるお節とは違いますけど。
 お献立の漢字、読めない率高いので説明を聞くか、読みを聞いたりしながら食事を進めます。
 最近分かってきましたが、正しい漢字と当て字があること、当て字はお店(料理人)によって変わること。

クリックすると拡大します

 新潟の蔵元である高の井酒造が醸す「二十年の眠り」大吟醸 11BY 20年氷温貯蔵酒
 全国鑑評会出品用大吟醸を原酒のまま20年間長期熟成させたお酒
 新潟の蔵元である原酒造が醸す「銀の翼(ぎんのつばさ)」大吟醸プレミアム21 1BY。
 春に開催される全国新酒鑑評会、秋に開催される東京関東信越国税局酒類鑑評会の二つの鑑評会に出品した大吟醸が金賞を受賞した年だけに発売されるスペシャルな大吟醸、シリアルナンバー44/150

クリックすると拡大します

 今日のお酒は新潟の蔵元しばり。
 縁があって入手できた貴重酒、高級酒を、自宅などでごく親しい人達と飲むのもいいと思います。
 しかし幹事さんは「お酒の良さが分かる人と、最高の料理に合わせて飲みたい」と思ったそうです。
 思ってくれてありがとう、今日の会を開いて下さってありがとう。

クリックすると拡大します

 先付 七運つかみ。
 人参(にんじん)、銀杏(ぎんなん)、隠元(いんげん)、蓮根(れんこん)、金柑(きんかん)、寒天(かんてん)、南京(なんきん)の炊き合わせ。
 「こういう料理はどれから食べたらいいのか迷っちゃう」とひら山が初めての人が言えば、「『手前から食べるように盛り付けてあるんだよ』とふらわさんに叱られました」とひら山に前回連れてきた友達が答え、「言って分かる人にしか言わない」と私が言い訳する。

クリックすると拡大します

 前菜 姫慈姑(ひめくわい)素揚げ、車えび頭、紅白真薯(しんじょ)、鶏松風、千代呂木松葉。
 水引きを模した松葉は端を素揚げしてあるので食べられるんじゃ無いかと、聞いてしまいました。
 千代呂木(ちょろぎ)を差している松葉も同様、食べない方がいいらしい。
 そんなことより、車えびの頭が凄く美味しかった。

クリックすると拡大します

 お椀 鯛白味噌仕立て。
 事前に「今日は鯛をクエに変えてあります」と案内があり、一気に会のテンションが上がります。
 クエの味噌仕立てなんて食べたこと無いけど、、、かなり大きめのクエが沈めてあり、うっとりするほど美味しい。
 ああ、日本人に産まれて良かった。

クリックすると拡大します

 新潟の蔵元である青木酒造が醸す「鶴齢(かくれい)」特別純米 美山錦 無濾過生原酒 1BY。
 新潟の蔵元である河忠酒造が醸す「福扇(ふくせん)」純米大吟醸 生詰原酒 袋取り 越淡麗 29BY。
 飲むのにエネルギーが要る高級酒ばかりではなく、飲みやすい新酒を。
 まあ、料理が美味しいのでお酒が進むというか、お酒が美味しいので料理が進むのか。

クリックすると拡大します

 向附 鰤湯霜造り。
 掛けるポン酢が自家製なのは当たり前ですが、その入れる器の蓋の裏側まで気を通わせる。
 芽ネギより細い刻みネギ、こんなに細くても一本ずつの食感が残っているとは。
 もちろん鰤が美味しいのは説明するまでも無く。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 八寸 ひらめ龍皮巻き、銀鱈西京焼き、田作り、鴨ロース、杏金団、堀川牛蒡、菊花蕪甘酢。
 ひら山さんに来て何が楽しみかって、この八寸の料理とその器。
 今日は水引きも乗せてあって、さらに松葉が敷かれていて、こちらの想像をいつも超えていく。
 一品々々にお酒を合わせたいほど美味しい。

クリックすると拡大します

 新潟は佐渡の蔵元である北雪酒造が醸す「北雪(ほくせつ)」純米酒 佐渡國々酒 1BY。
 新潟の蔵元である逸見酒造が醸す「至(いたる)」純米吟醸 1BY。
 幹事さんは何かしら佐渡島のお酒を持ってくることが多いなぁ。
 関東で入手しようとすると、通販(ネットショップ)で買うしかないので、ありがたいことです。

クリックすると拡大します

 鉢肴 雲子蕪小鍋。
 この日は9人で予約しましたが8人しか来られず、1人分は皆で山分け。
 熱々の鍋、雲子(鱈の白子)の美味しさよ。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 食事 焼豚と小松菜ご飯。
 止椀 赤出汁。香物 べったら、赤蕪。
 私が参加する会の食事は、いつも炊き込みご飯で、今日は大好きなチャーシューの炊き込みご飯。
 店員さんの賄いも兼ねているのか(違うかも知れません)、いつもお代わりが出来るので、今日もお代わりしてしまった。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 水菓子 柚子ゼリー、酒粕クリームブリュレ。
 最後のお菓子まで日本酒に合わせてあるのは、今日の会が日本酒の会だからに他ならない。
 この料理が最後と分かっている私達は、あちことで嬌声を上げ、私のとなりの「この手の会」に初参加の友達は、言葉も無い様子。

クリックすると拡大します

 最後にお茶を飲みながら。
 ひら山の店主さんが藤沢に出したお店に行く相談をしていたけど、私には用事があって黙っていました。
 それはそれとして、今日は美味しい料理、美味しい日本酒、楽しいお喋りをありがとうございました。

クリックすると拡大します

 夕方からスターウォーズ、ラストエピソード
 色々な人が色々なことを言っているので、作品の感想はそちらを読んで頂くとして。
 9作中、殆どはDVD(パソコン)で観ましたが、数作は劇場で観ていて。
 スターウォーズ スカイウォーカー完結編、とても面白かったです。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187030208
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック