2020年02月06日

定食屋に通う

/ゆで太郎西五反田本店にて朝食セット(焼鯖ごはん冷)、焼きのり、わかめ/ちえちゃん食堂にてとんかつ定食/

クリックすると拡大します

 早起きは蕎麦のために、今朝はゆで太郎西五反田本店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン展開する路麺店、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛。
 最近になって、国産そば粉を打ったお蕎麦を店舗限定、期間限定で販売されるとのこと。

クリックすると拡大します

 それはつまり、普段のお蕎麦は国産そば粉ではないということですが、国産か外国産かを意識されてお蕎麦を食べている人も多いことでしょう。
 産地だけではなく、そば粉と小麦粉の配合も「十割じゃなきゃ蕎麦とは言えない」とか「二八が最高」とか、自身の好みに応じてお店(お蕎麦)を選んでいる人もいます。
 違いの分かる私は気分によって蕎麦屋を選んでいますが、ゆで太郎か箱根そばかいろり庵きらくかのラインですみません。

クリックすると拡大します

 食券を受付に出し、ふと横を見ると揚げ玉サービスが復活しています。
 サービスが始まったときは終日無料サービスでしたが、その後、午前中以外は有料(30円)となりました。
 無料サービスに目がない私は大歓迎、さてさて、どういう盛り付けにしようかな。

クリックすると拡大します

 程なくして朝食セット(焼鯖ごはん冷)380円、焼きのり100円、クーポンわかめ
 そば丼に印刷された屋号の向きがおかしいと思われるかも知れませんが、この向きが正しい理由があります。
 私に訊かれても答えたくありませんので、写真だけでは理由が分からない人は、ググるかお店に行ってみて下さいね。
 蕎麦粉を変えたと言われても、細かい話をしてしまえば、加水とか茹で湯とか色々難し話もあるし、毎日食べていれば「この味が普通」と思うようになるだろうけど。

クリックすると拡大します

 もり汁に蕎麦を半分ほど浸けて手繰ってみると、瑞々しい美味しさ。
 ざる一枚500円のお蕎麦のクオリティに感じ、この美味しさであれば国産そば粉を提供されている期間、中華そばはお休みかな。
 しかしして、味の違いも大切だけど、色々とやってみよう、このままに満足しない様にしよう、の心意気が一番嬉しい。
 今日の薬味ねぎは青い葉の部分が少し入っていて、小さな幸せ。

クリックすると拡大します

 焼鯖ごはんは、揚げ玉と山葵を添えてからそば湯で茶漬けにして頂きます。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

 それにしても、今回、天ぷらの件で間違えてしまいましたが、これまでも多くの間違い、勘違いを書いています。
 間違いはゆで太郎に限りませんし、さらに言えば飲食以外にも多いですし、撮影禁止の場所をアップしてしまうこともあるし。
 それらは殆ど不問としながら、なぜ今回に限ってツッコまれるのかが、分からない。

クリックすると拡大します

 お昼は京浜東北線大森駅北口から歩いて数分の、ちえちゃん食堂へ。
 前回、ラーメンが美味しかったので、他の料理も食べてみようと伺ってみました。
 店先に屋号が掲げられたのは2月に入ってから、つまり2月からグランドオープンです。

クリックすると拡大します

 ガラッと戸を引いて店内に入ると、ランチタイムと言うこともあり、半分以上の席にはお客さんが座っていて、空いている席には使い終わった食器が片付けを待っています。
 何とか空いていたカウンター席に座り、卓上のメニューを見ながら、注文票に記入して、店員さんに渡します。
 メニューは定食としてからあげ定食630円、しょうが焼定食650円、とんかつ定食650円、天ぷら定食680円。いずれもごはん、みそ汁が付きます。
 丼物は牛丼500円、豚丼500円。こちらはみそ汁が付きます。

クリックすると拡大します

 ラーメンは醤油と味噌、それぞれ650円。
 単品メニューもありますが、夜営業のつまみな位置づけです。
 卓上にはマヨネーズ、白胡椒、ソース、一味唐辛子、小袋入り餃子のタレ。
 壁際には辣油、酢、おろしニンニク、チューブ辛子が用意されています。

クリックすると拡大します

 10分ほど待って、とんかつ定食650円
 メニューには味噌汁付きとありますが、持って来てくださったお盆には「あるべき場所」が空いていて。
 「すみません、少々お待ち下さい」と壁際の棚に置かれた保温器からよそって下さいました。

 私はとんかつ定食の経験値が低いので、身厚のとんかつとキャベツ、ご飯、味噌汁で650円はお得な部類に感じてしまいます。
 とんかつは衣が薄く、猫舌の私がそのまま食べられるほど低温で揚げてあります。
 卓上のとんかつソースをドバッと掛け、チューブ辛子を箸で付けながら頂きます。

クリックすると拡大します

 程よい油の香ばしさ、程よい豚肉の美味しさ、身の丈にあった美味しいとんかつ。
 付け合わせの千切りキャベツも良い感じだし、ご飯はやや多め、お味噌汁はシジミじゃないですか。

 行ったことも聞いたことも無い産地の豚肉とか、とろけるような肉質の豚肉のとんかつはめちゃくちゃ美味しいだろうけど、それはそれ、これはこれ。
 サラリーマンの昼飯に、ラーメンに次に食べるとしたらとんかつですよね。

 食べ終わって店員さんと少し雑談、とっても楽しい。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 今日は介護もあって、外食せずに早めに帰る。
 親孝行したいときには親はなし、石に布団は着せられず。
 とならないように。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
風評被害という言葉があります。

ただの素人食いしん坊の情報でも間違った情報でお店がつぶれることもあるのです。
ただの想像で不確かな情報をお気軽にしかも何故か自信満々に発信してはいけません。

それからあなたのブログはやたらと店内の写真が掲載されてますが、注意されないからと言って許可なしで掲載しているのであれば、大人としての常識を疑います。
Posted by 東雲凜 at 2020年02月08日 09:17
なぜ今回に限ってツッコまれるか〜

単純に考えてゆで太郎は店舗数が多いので疑問に感じた人の数も多かった、ということで
ないでしょうか。それとふらわさんが素直に間違いを認めず年を越すまで長期化したという点も大事になった要因と思います。
Living is easy with eyes closed ジョンレノンの詩の一節ですが真理だと思います。
さっさと誤れば済むことでしたね
Posted by 高倉恵美 at 2020年02月08日 09:31
>国産か外国産かを意識されてお蕎麦を食べている人も多いことでしょう。

おおいですよね♪

でも麺が何製麺所かを気にしてる人なんて、この世でふらわさんたった一人だけですよね♪
Posted by すぅ・ぷ at 2020年02月08日 13:43
> 焼鯖ごはんは、揚げ玉と山葵を添えてからそば湯で茶漬けにして頂きます。

ごはんにそば湯。さすがは世界チェーンのゆで太郎。私には思いもつかない食べ方です。椅子から転げ落ちるわw

> 食べ終わって店員さんと少し雑談、とっても楽しい。
> 美味しくいただき、ご馳走様でした。

冷めたとんかつも雑談に応じてもらえると美味しかったことになると。(笑)
Posted by tomoco at 2020年02月08日 21:51
東雲凜さん、コメントありがとうございます。

> 風評被害という言葉があります。

 なるほど。風評になるほどブログを読まれてみたいです。

> 大人としての常識を疑います。

 なるほど。存分に疑って下さいませ。
Posted by ふらわ at 2020年02月12日 23:04
高倉恵美さん、コメントありがとうございます。

> さっさと誤れば済むことでしたね

 誤るのではなく、謝ればよろしかったでしょうか。
Posted by ふらわ at 2020年02月12日 23:06
すぅ・ぷさん、コメントありがとうございます。

> おおいですよね♪

 なるほど、勉強になります。
Posted by ふらわ at 2020年02月12日 23:08
tomocoさん

 そば湯でお茶漬けは別に珍しくないです。
 とんかつは冷めているんじゃなくて、低温で揚げてあります。

 そんなことも知らないの?やったことないの?とこちらが驚かされます。

 ご自身の好みや常識を押し付けられても、何ともお答えできません。
Posted by ふらわ at 2020年02月12日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187133959
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック