2020年03月17日

ボケの花

/ボケ/柴崎亭梅ヶ丘店にて油そば/名代 箱根そば 祖師ヶ谷大蔵店にて海老天そば/

クリックすると拡大します

 毎年ボケの花を撮っていて、毎年上手く撮れていく気がする。
 自身のブログの写真なので、自分が上手いと思っていればいい。
 写真を撮りおわって機材を片付けていたら、急に晴れてきたのは内緒。

クリックすると拡大します

 夜は、柴崎亭梅ヶ丘店公式ホームページ)へ。
 随分と本店には伺っていないけど、梅ヶ丘店は毎回店員さんが違う気がする。
 同じ曜日に伺わないと、同じ店員さんには会えないのかな。

クリックすると拡大します

 今夜は釜揚げ狙いでしたが、券売機から名前が消えている。
 食べ損なったのか、、そもそも期間限定だったのか、、何だったんだろう。
 気を取り直して、未食のメニューをポチり。

クリックすると拡大します

 店内には待合席が10人分以上あるのですが、なぜか先頭7人分だけ仕切ってあります。
 7という数字に意味があるのかも知れないし、単なる思いつきかも知れない。
 そんなことを考えていたら、ラーメンが出来上がってきました。

クリックすると拡大します

 油そば600円、これがひとつの柴崎亭油そば。
 麺線が綺麗に整えられて、半分ほど真っ黒な油に浸かっています。
 柴崎亭のラーメンは基本的に動物性由来の脂は使われておらず、全体をよくかき混ぜるのと漂ってくる、ネギの香り。
 そう、醤油たれで味付けしたネギ油のスープ。

クリックすると拡大します

 田村製麺の角細麺がスープを良く持ち上げて、この上なく美味しい。
 トッピングは豚肩ロースレアチャーシュー、メンマ、貝割れ大根。
 胸倉を掴まれて殴られるかなような力強い味の油そばもあれば、そっと肩を抱きしめる柔らかい味わいの油そばもある。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 小田急線に定期で乗れるのもそう長くないので、今のウチに小田急線沿いの宿題店は早めに片付けたい。
 小田急線祖師ヶ谷大蔵駅の改札外にある、名代 箱根そば 祖師ヶ谷大蔵店公式ホームページ)へ。
 拠ん所ない事情で食べログに掲載しだしてからは、初訪問になります。

クリックすると拡大します

 店内に入って券売機へ。
 回数券の目印がズレているのはいいとしても、かき揚げ天や海老天が、トッピングとテイクアウトでボタンが違うのは何故だろう。
 テイクアウトの数を食券でカウントしているのかも知れないけど、トッピングの食券を「テイクアウトで」と出されたらテイクアウトするだろうに。

クリックすると拡大します

 席配置は壁向きカウンター6席、6人掛け相対カウンターが2島、2人掛けテーブルが9卓。
 卓上には一通り揃っている親切さ。
 お冷やを飲みながらお蕎麦のできあがりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして、海老天そば550円
 550円を特段高いとは思わないけど、衣でかさ増しされた海老天は、昔ながらの天ぷらと考えてよろしかったでしょうか。
 有料トッピングに変わった直後は大盛りだった薬味ネギ、今では元通りの量になってしまいました。

クリックすると拡大します

 お蕎麦は安定の箱そばクオリティ、寄り添うような美味しさ。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
 それにして、閉店まで1時間近くあるのに、ダスターとか箸箱とか片付けるのは、いくら何でも早すぎるでしょう。
posted by ふらわ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187283748
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック