2020年03月21日

第57回日本酒を楽しむ会

/麺屋一光堂@藤沢市菖蒲沢にて海老味噌らーめん/鳥ほたるにて第57回日本酒を楽しむ会/

クリックすると拡大します

 今夜は小田原で飲み会があるので、その開始時間を逆算して用事を済ませます。
 バイクにガソリンを入れて、平日には出来ない買い物をしたら、天気もいいことだしラーメンでも食べに行くか。

クリックすると拡大します

 バイクを飛ばすこと1時間、麺屋一光堂@藤沢市菖蒲沢998-19ホームページ)へ。
 ニューとん太藤沢北店(-2017/1)、湘南タンメン(2017/3/27-2019/1)の跡地に、2020/2/27オープン。
 (株)アンビシャスと関連がありそうですが、詳細は調べきれませんでした。
 店先でメニューを確認して店内へ、先客4人、後客5人と少しずつ地に浸透しているようです。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、メニューは醤油、塩、海老味噌、魚介つけめん。
 サイドメニューにチャーハンや餃子は無く、焼売のみ。
 その時は「チャーハン、食べたかったなぁ」と思ったけど、今から考えると、焼売を食べておけば良かったか。
 ヘアゴム、紙エプロンの用意があるので、必要でしたら注文時などに店員さんに声を掛けると良いでしょう。

クリックすると拡大します

 席配置は厨房を囲むカウンター3席と5席、4人掛けテーブルが2卓、小上がりは12席、全29席。
 店内は居抜きでしたので、一年近く「そのまま」だったんだなぁ。
 卓上には辣油、酢、醤油、ブラックペッパーグラウンド、七味唐辛子、おろしにんにく。
 座った席から厨房が見えず、スマホを弄っていると、意外と早く提供。

クリックすると拡大します

 お待たせしましたと運ばれてきた、海老味噌らーめん820円
 中華鍋を振って味噌スープと野菜を炒める北海道ラーメンスタイルでは無く、スープに味噌たれを溶かす東京スタイル。
 鶏ガラと豚ガラに魚介出汁を差し込んだスープに、感じられる程度に海老を利かせた味噌たれを合わせてあります。
 味が安定し過ぎているキライありますが、美味しいスープ。

クリックすると拡大します

 もちっと感強めの大連食品の太麺にはタピオカが練り込まれていて、麺自体は美味しいけど相性はイマイチ。
 トッピングは、肩ロースチャーシュー、板海苔、薬味ネギ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 会計は席では無くレジで。
 店名や藤沢店の意味、店長さんの門地など気になることが多かったけど、全て次回に持ち越し。

クリックすると拡大します

 桜も菜の花もほぼ満開。
 花見など人が集まるのが苦手なので、こうして1人で花を愛でるのが大好き。
 しばし見とれて。

クリックすると拡大します

 今夜は鳥ほたるFacebookページ)(公式ツイッター)で第57回日本酒を楽しむ会
 参加するだけが出来ない不器用な私は、日本酒を楽しむ会に全部は参加できていません。
 それでも声を掛けてくださって、ありがたいことです。

クリックすると拡大します

 地元(?)開催なので15分前到着でほぼ全員が揃っています。
 今日は焼き鳥6本の特別コース料理に日本酒飲み放題で6,000円(税込)。
 スタートは、生ハムとチーズ盛り合わせ、刺身盛り合わせ。
 乾杯酒はSEIRYO HANAGOKORO 純米おりがらみ生、日本酒を楽しむ会では日本酒で乾杯。

クリックすると拡大します

 ひじきの煮物。
 店内はカウンター4席に4人掛けテーブルが2卓のみで12席、幹事の石塚さんは飲まないので、11人の飲み会。
 テーブルに座りましたが全員知り合い、それでも近況報告とか、あります。

クリックすると拡大します

 一串目はもも。
 焼き場を見ていないので想像でしかないのですが、火が通り切る直前の火入れが素晴らしい。
 この火入れだと素材の味がとても良く分かるのですが、これがまた美味しい鶏肉。

クリックすると拡大します

 二串目は鶏ハツ。
 ぷるんとした歯応えと共に柔らかい噛み応え、とても美味しい。
 お酒は冷やだけでは無く燗も出して下さり、燗酒と焼き鳥のマリアージュは最強ですな。

クリックすると拡大します

 三串目は紫蘇巻き。
 レギュラーメニューに載っていない、特別コース料理用の串。
 豚バラ肉と大葉の食べ合わせは贅沢な美味しい。

クリックすると拡大します

 四串目は砂肝。
 振り塩のまばらさが返って美味しさを引き立てるようで、焼き鳥の奥深さを知らされます。

クリックすると拡大します

 ここで、肩もとの唐揚げ。
 マヨネーズとかタルタルソースとか、そういう調味料は使わずに、そのまま楽しみます。
 最小限の下味で鶏肉の美味しさを最大限に引き上げています。

クリックすると拡大します

 五串目は豚かしら。
 焼き鳥だけでは無く焼きとんも扱っているのですね。
 この「焼き鳥」「焼鳥」「やきとり」などの呼称は正式な決まりが無いので、何を何と呼んでもお店(人)に自由です。
 私は参考書の考えに従い、鶏肉の串焼き料理を「焼き鳥」、豚や牛、野菜などを含めた串焼き料理は「やきとり」と表記していこうと。

クリックすると拡大します

 六串目はつくね。
 最初で最後のたれ焼き、ふんわふわで、これぞつくねの一串。
 この上なく熱燗に合います。

クリックすると拡大します

 厚焼き玉子。
 お寿司やならば出汁巻き玉子が多いけど、焼き鳥屋ならば厚焼き玉子。
 ふっかふかの焼き加減で、ちろりと醤油を垂らして、美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 〆にお蕎麦が出るとは思ってもみませんでした。
 いわゆる山菜そばですな、さっぱりして焼き鳥の〆に相応しいお蕎麦です。

クリックすると拡大します

 お腹いっぱい食べて、お酒もたっぷり飲んで、ご馳走様でした。
 飲んだ日本酒は以下の通り(飲んだ順)。
 伊予賀儀屋 SEIRYO HANAGOKORO純米生原酒おりがらみ R1BY
 白老 槽場直汲み特別純米無濾過生原酒 R1BY
 開運 特別純米酒 29BY
 天明 中取り壱号特別純米生酒おりがらみ R1BY
 天明 中取り壱号特別純米生酒おりがらみ 28BY
 四季桜 「今井昌平」純米大吟醸無濾過原酒 30BY
 千代むすび 純米吟醸酒強力50 29BY
 松みどり 純米大吟醸酒 28BY。
posted by ふらわ at 11:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
店内に入ってから店を出るまでが料理の味、を持論とする私、手元のスマフォを弄くる余裕はありません。

以前こんなこといってませんでした?
Posted by ぶた at 2020年03月24日 21:19
ぶたさん、コメントありがとうございます。

 はい、そうです。
Posted by ふらわ at 2020年03月27日 00:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187298140
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック