2020年03月27日

根岸と吉野町

/とんこつラーメン凰櫻@生麦にて醤油豚骨ラーメン/麺や 山道(やまみち)@吉野町にてみそらーめん/

クリックすると拡大します

 やってきました金曜日、明日はお休み。
 なんだけど、流行り病で週末の外出禁止令(自粛依頼)が発令されている。
 そんなの関係ないと出かける人もいるだろうし、怖い怖いと自宅に引きこもる人もいるだろう。

クリックすると拡大します

 夜は初めて降りる京浜急行電鉄本線生麦駅、今日まで「ショウガ駅って変わった駅名だなぁ」と思っていたのはネタで。
 駅から徒歩数分のとんこつラーメン凰櫻(おうざくら)@生麦(横浜市鶴見区生麦3-6-4)へ。
 2020/3/3オープン、店主さんは聞けば誰でも店名くらい聞いたことのある有名ラーメンチェーン店で14年修業されて、の独立。
 ちなみに、店先に掲げられている絵画は、ご家族の方が描いたとのこと。

クリックすると拡大します

 店先に券売機が設置されています。
 メニューは醤油豚骨ラーメン780円、味噌豚骨ラーメン880円、スペシャルDEVIL味噌ラーメン980円。
 大盛は200円、水ギョーザ350円があります。
 ご飯物はライスのみ、飲み物は缶ビール。

クリックすると拡大します

 入ろうとしたら満席で、少し待ってから入店しました。
 店内の2/3ほどを厨房が占め、その厨房に面したカウンター7席。
 卓上にはにんにく、辛味、胡椒。
 ピリッと辛いレモンが沈められたお冷やを飲みながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして、醤油豚骨ラーメン780円
 完全に白濁してはいない豚骨白湯スープ、鶏の影は感じず、純豚骨の美味しいスープ。
 純豚骨スープは、とかく濃厚、とにかく濃密に振りがちですが、程々に抑えている辺りは流石です。

クリックすると拡大します

 丸高製麺の中太麺、スープによく合っていてとても美味しい。
 注文時に麺の茹で加減は訊かれなかったけど、できることなら柔らかめでお願いしてみたい。
 トッピングの豚肩ロースチャーシューは二枚分、板海苔は一枚、ホウレン草がシャキシャキで、、刻み玉ねぎも乗せてあります。
 それぞれが良い役割を果たしているんだけど、ラーメンブロガーじゃないので細かい味表現は割愛します。

クリックすると拡大します

 味変の必要性は全く感じませんでしたが、だからといって味変しないというワケにはいきません。
 卓上の練り唐辛子をおろしニンニクをひとさじ分ずつ、全体に馴染ませてから美味しくいただきます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜営業が20時までなので、ずっと後回しにしていましたが、何とかいけそう、駅までダッシュ。
 乗り換えの横浜駅でもダッシュで1本前に乗って、余裕で到着した根岸駅。
 時間には間に合ったけど、時代には取り残された。

クリックすると拡大します

 これからの行動には幾つかの選択肢があります。
 ここまでの電車代と移動時間を無駄にしないために、何食わぬ顔で千家でラーメンを食べるというのもアリ。
 いったん駅まで戻り、電車に乗って手元のメモを調べて、ああ、そうだと思い起こします。
 関内で降りて、バスで中村橋へ。

クリックすると拡大します

 中村橋バス停から徒歩数分の、麺や 山道(やまみち)@吉野町(横浜市南区睦町)へ。
 2017/3/3オープン。2019/9/28にオープンした山道家(やまみちや)@西横浜(横浜市西区浜松町)の1号店。
 大通り沿いの飲食店って、ぽつりぽつりと間を空けずにギュッと繋がっていることが多いですね。

クリックすると拡大します

 戸をガラッと開けて店内へ、左手に券売機が設置されています。
 味噌ラーメンはみそらーめん700円、辛みそらーめん750円、辛シビみそらーめん800円、つけ麺750円、辛みそつけ麺800円。
 他に豚骨魚介つけ麺850円、黒胡麻担々麺800円とあり、味噌らーめん専門店ではありません。
 他はご飯物にギョーザ300円に瓶ビール500円。

クリックすると拡大します

 厨房に面したカウンター7席、先客3人、後客ゼロ。
 卓上には辣油、酢、醤油、ブラックペッパーグラウンド、一味唐からし、ニンニク。
 終日キムチ無料サービス、17時まで小ライス無料サービス。

クリックすると拡大します

 少し待ってみそらーめん700円
 どーみても小林屋の味噌ラーメンだよなぁ、、麺相だけだけど。
 あっさりとした豚骨スープに味噌たれを合わせた、特にこれといった特徴がないのが特徴のスープ。
 モヤシはスープと一緒に温めているのではなく、別に茹でてから乗せています。

クリックすると拡大します

 サッポロ製麺の中太麺は可もなく不可もなくスープに合い、普段使いには全く問題ありません。
 厚みのある豚バラ巻チャーシュー、板海苔二枚、味玉一個分、白髪ネギ。
 この構成の700円がコスパ良しなのか、この構成が標準であり、850円、900円を高いと考えるかは、食べ手の自由ですが。
 どんな場所に生活していても、自由に好きな料理を食べられるわけではない。

クリックすると拡大します

 食べ終わってみるとタイミングよくノーゲス。
 「ヤマミチ、って読むんですね。サンドウって読んでました」
 「ええ、本当はヤマミチですけど、サンドウと呼ぶお客さんもいます」
 「なんでヤマミチなんですか?どなたかの名前とか」
 「始めた人の名前に『山』が付いていたらしいのですが、、、」

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。

 吉野駅まではまっすぐ一本道。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187322823
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック