2020年06月22日

梅雨寒の月曜日

/麺屋歩輝勇(ぽきお)センター北店@センター北にて油そば/長岡食堂@町田にて味噌ラーメン/

クリックすると拡大します

 さて月曜日、先週も一週間長かったけど、今週も一週間が長そう。
 テレワークとか時差出勤が公に認められるようになり、早起きできた日は早出して早く帰れる(何も無ければ)。
 となると、まだ明るい時間にあちこちに寄り道できることになりますが。
 その話はまた別の機会に。

クリックすると拡大します

 横浜の一番嫌いな所はブルーラインとグリーンラインで、なんで嫌いかって言うと、駅ホームから外に出るまでが遠いから。
 夜は、麺屋歩輝勇(ぽきお)センター北店@センター北(横浜市都筑区中川中央)公式ツイッター)へ。
 2018/11/11オープン、多摩川にある1号店のラーメンと遜色ないだろうし、仮に遜色があったとしても自分には違いが分からないだろうと、二の足を踏んでいたら、1年半も経ってしまっていました。
 ラーメンの神様、ゴメンナサイ。

クリックすると拡大します

 店内に入り、右手の券売機で食券を買います。
 メニューは極濃家系ラーメンのみで、並800円、大900円、特1,000円、他はトッピングバラエティ。
 やっぱり家系ラーメン店のメニューはこうでなくちゃ、とは思うし、いくら何でも豚骨醤油ラーメンだけは厳しいでしょ、とも思うし。
 定年間近のジジイには重めのラーメンは厳しいなと思った刹那、油そばがあるじゃないか(50円高いけど)。

クリックすると拡大します

 食券をワンオペの店員さんに渡し、椅子に鞄を置いてからお冷やを汲みに立ち上がります。
 お冷やの隣にはライスの保温ジャーが用意されていて、無料サービスとなっています。
 無料サービスはラーメンを注文された方のみと書かれていますが、それはつまりラーメンを食べないでライスだけ食べる人がいるってことでしょうか。
 ライスを取り過ぎて食べ残したら100円取るよと書かれていますが、それはつまり食べ切れないほど取る人がいるってことでしょうか。

クリックすると拡大します

 席配置は厨房を囲む角のL字カウンターが2席と2席、窓向きカウンターが3席、4人掛けテーブルが2卓。
 L字カウンターは2席ほど間引かれているようです。
 卓上には豆板醤、ニンニク、白胡麻、酢、ブラックペッパーパウダーが用意されています。

クリックすると拡大します

 少し待って油そば850円
 麺が見えないほどのトッピングの麺相、私の中では油そばではなく混ぜそばの扱いです。
 豚肩ロースレアチャーシュー、メンマ、刻み長ねぎ、鰹節粉、煮干し粉、板海苔一枚。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の太麺を力強く手繰って全体を混ぜてみると、何かを計算したかの様にレアチャーシューやメンマが良く混ざります。
 勢いよく食べてみると、味覚神経を直撃する濃厚な味わいで、何度でも食べたくなるほどの美味しさ。
 濃厚な醤油たれにしつこさやくどさを感じられず、まあ、旨いわ。

クリックすると拡大します

 そのまま食べ切るところを、提供時に渡されたマヨネーズとラー油を掛けて。
 ついでに豆板醤とおろしニンニクを乗せ、ゆっくりと全体をよくかき混ぜます。
 濃厚な味わいがさらに濃厚になり、マヨネーズの旨味、豆板醤の酸味、ニンニクの辛味、辣油の香りが幾重にも重なります。
 はぁ、美味しすぎて椅子から転げ落ちそう。

クリックすると拡大します

 食べ終わったらスープ割り、じゃなくて、飯割り。
 麺を食べ終わる頃にたれがなくなるように麺量が調整されているので、たれが残るように調整して麺を食べておきます。
 この残った餡やたれをご飯と共に食べることの、なんと幸せなことか。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 アンゴラ共和国から寄贈された絵画。
 別に隠し立てするわけじゃありませんが、何枚もの写真を繋ぎ合わせてあります。

クリックすると拡大します

 夜は、長岡食堂@町田公式ツイッター)へ。
 開店当初は昼営業のみだったこともあり、外待ち客が絶えませんでした。
 流行病の影響もあってか、今ではすんなりと店内へ。

クリックすると拡大します

 開店当初には販売されていなかった味噌ラーメン。
 夜営業が開始されると同時に、その夜営業に販売が開始されました。
 今では曜日昼夜関係なく、販売されていることが多いです。
 しかしして醤油ラーメンしか食べていないので、いずれ近いうちに塩ラーメンも食べておきたいです。

クリックすると拡大します

 以前は店員さんがお冷やを汲んで席に置いてくださいましたが、今は昔、セルフでお願いしますに変わっています。
 と言うか、「店員さんがお冷やを用意して下さる」ことが良接客の手本だったのは、昔の話になってしまったのですね。
 厨房での店員さん同士の私語は、町田商店や豚山を展開するギフト系の店舗では珍しいのですが、これも時代の移り変わりでしょうか。

クリックすると拡大します

 厨房を囲むL字カウンター席のみ店内、各席はアクリル板でセパレートされています。
 卓上の調味料は白胡椒のみでしたので、いったん厨房に引き取り、必要なお客さんには声を掛けてもらうスタイルに変更されています。
 クレームでもケチでもありませんが、ノーゲスの店内で「お熱いのですのでお気を付け下さい」とカウンター台に丼を置くくなら、ぐるっと回ってテーブルまで運ぼうとは思わないのだろうか。

クリックすると拡大します

 程なくして味噌ラーメン880円
 店名に長岡と付いているので、東横の味噌ラーメンを大きく期待しましたが、勝手に期待した私の勇み足でした。
 スープはググッと厚みのある味噌たれが力強く、胸ぐらをぐいと掴む美味しさで、ここまで旨味が強いスープは中々味わえません。
 合わせる麺は四之宮商店の中太麺、加水率が高そうで、しっかりと芯まで熱く茹で上げてあります。

クリックすると拡大します

 トッピングは大ぶりの角切りチャーシューが数個、味付け細切りメンマが数本、刻みショウガが大さじ、茹でもやしが二つかみ、薬味ネギ。
 味噌ラーメンには初めから練り唐辛子のような辛味が乗せられていますが、幅広いお客さんの好み合わせるのであれば、この辛味と刻みショウガは「お好みで」に出来ないものだろうか。
 いやなに、他の味噌ラーメンとは一線を画す美味しい味わいなので、「ウチのラーメンはかくあるべき」を主張するより「お客さんのお好みに合わせます」がよりギフトらしいかと思っただけで。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 ブログで公開する程度なら手撮りででも構わないけど、出来ることならちゃんと撮りたい紫陽花。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>テレワークとか時差出勤が公に認められるようになり、早起きできた日は早出して早く帰れる(何も無ければ)。

一般的に時差出勤は出勤(退勤)の時刻を決められた時刻にずらすだけです。日によって早く行ったり遅く行ったりするのはまた別の制度ですよ。
Posted by みなみな at 2020年06月23日 10:12
> 麺が見えないほどのトッピングの麺相、私の中では油そばではなく混ぜそばの扱いです。

勉強不足でスミマセン。油そばと混ぜそばの違いってなんですか?

> 「お熱いのですのでお気を付け下さい」とカウンター台に丼を置くくなら、ぐるっと回ってテーブルまで運ぼうとは思わないのだろうか。

できたてを提供したいってことじゃないですか?

丼を触りたくないならその旨を伝えれば対応してくれると思いますよ。
Posted by tomoco at 2020年06月23日 21:01
ラーメン好きの知り合いにおもしろいブログがあるよと教えてもらって、よく拝見してます。
油そばの後半の写真は……いただけないですね(苦笑)。
Posted by ラーメンOL at 2020年06月23日 22:47
みなみなさん、コメントありがとうございます。

 教えて下さってありがとうございます。
Posted by ふらわ at 2020年06月24日 01:22
tomocoさん

 油そばは、麺にたれを絡めて食べるラーメンです。
 混ぜそばは、麺にたれとトッピングを混ぜて食べるラーメンです。

 とは言え、定義や境界がどんどん曖昧にはなっていますね。
Posted by ふらわ at 2020年06月24日 01:25
ラーメンOLさん、コメントありがとうございます。

 これからは気を付けます。
Posted by ふらわ at 2020年06月24日 01:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187624658
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック