2020年06月30日

梅雨の日本晴れ

/ゆで太郎西五反田本店にて太刀魚のちくわ天そば、焼きのり、わかめ/うどん屋新堀(しんほり)@代々木にて野菜天ざる/うおや坐唯杏にて日本晴コースを楽しむ/

クリックすると拡大します

 朝は、ゆで太郎西五反田本店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン展開する路麺店、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛。
 6月は今日でお終い、2,020年もついに折り返し地点に到達。

クリックすると拡大します

 外食自粛の影響なのか、先月から始まったそば大盛りサービス。
 1ヶ月間だけの予定だったらしいけど、一部の店舗で今月も継続。

クリックすると拡大します

 来月から始まる夏麺、ゆで太郎では一部の店舗で先行販売してオペレーション等を最終的に確認します。
 夏麺とは言え、薬味そば、かきあげそば、帆立天ざる中華は今月からの継続です。
 来月から新投入されるのは、太刀魚のちくわ天そば。

クリックすると拡大します

 期間未定であり、店舗限定でガリガリ君を販売されます。
 中学生までは1本無料、高校生以上は1本50円。
 試しに食べてみたかったのですが、朝から食べるのは私には無理です。

クリックすると拡大します

 さて、太刀魚のちくわ天そば(大盛)560円、焼きのり100円、クーポンわかめ
 太刀魚のちくわ天、ふわっと揚がっていてお蕎麦と同じくらいに美味しい。
 おろしがさっぱりさせ、揺れる花鰹、無料トッピングの紅生姜を添えて。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 来月の無料クーポンが店舗限定で先行配布されています。
 納豆とわかめがメニューアウト、おろしがメニューイン。

クリックすると拡大します

 ゆで太郎代々木東口店が閉店して久しい。
 雨の中を「どうなったのかなぁ」と通り掛かってみると、うどん屋新堀(しんほり)@代々木が開店していました。
 2020/6/8オープン、店先の看板は間に合っておらず、ショップカードも用意されていません。
 営業時間は11:00-15:30 17:30-21:30、土曜は昼営業のみ、日曜定休。

クリックすると拡大します

 空いていたカウンター席に座ってメニューを眺めます。
 メニューは冷たいうどんは「ざる」と「ぶっかけ」、温かいうどんは「釜玉」と「かけ」が用意されています。
 値段はざる650円、かしわ天ざる1,000円、天ざる1,450円。
 普段、700円とか800円のラーメンを食べ歩いている私には高く感じますが、食べてみないと分かりません。

クリックすると拡大します

 メニューの裏側に飲み物がずらり、、、ではなく、天ぷら、トッピングがずらり。
 ドリンクのアルコールは瓶ビールのみ、後はソフトドリンクで、日本酒も焼酎も置かれていません。
 まま、開店して1ヶ月も過ぎていないので、今後変わっていくことでしょう。

クリックすると拡大します

 店内は木材のみで組み立てられた調度品、間接照明を多用されていて、とても暖かい雰囲気。
 席間は十分に確保されていて、カウンター8席、4人掛けテーブルが5卓。
 店内製麺のうどんは注文が入ってから茹で始めるので、提供まで最短で10分は掛かります。

クリックすると拡大します

 15分ほど待って提供された野菜天ざる950円
 捻ったうどんの盛り付けは、見た目はとても美しいのですが、どこに箸を入れたらいいのか分からない。
 程よいコシとつるんとした麺肌が心地よいうどん、おつゆは鰹節由来の美味しさに、辛めのかえしが鋭利に利いています。
 うどん通ならこのうどんとうどんつゆで、料理人の修業店が類推できるのではないでしょうか。

クリックすると拡大します

 野菜の天ぷらは南瓜、茄子、人参、しし唐、薄めの衣でカラッと揚げられています。
 しかしながら、お汁に浸けるには半切りしないとお猪口に入らないし、だからといってお塩が用意されているわけでは無いし。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 今夜は新宿二丁目のうおや坐唯杏ホームページ)、雨の中を飲み倒してきました。
 東池袋の地下で営業されている頃は年一程度で通っていましたが、去年の秋に閉店し、今年の一月に新宿御苑で復活。
 いわゆる海鮮居酒屋、普通より美味しい魚の刺身や煮付けなどの魚料理が楽しめます。
 ですので、美味しい魚料理目当てで伺わなくてはならないところを、私達はお酒目当て。

クリックすると拡大します

 単品料理もありますが、席を予約しつつ料理もお願いしておきます。
 料理のコースは三つあり、お試しコース(6品+120分飲み放題)4,500円、土佐黒潮コース(7品+120分飲み放題)5,500円、日本晴コース(8品+150分飲み放題)6,500円。
 今回は日本晴コース(8品+150分飲み放題)6,500円、値段は税込です。

クリックすると拡大します

 と言うことで、今夜は新宿御苑で三人お疲れ様会。
 久し振りに飲む生ビールの、なんと美味しいことか。

クリックすると拡大します

 【前菜】季節の総菜2種盛。
 今夜の惣菜は南蛮漬けと芋の煮っ転がし。
 久しぶりに会う友との語らいと共に頂くのですが、あっさりした味付けでとても美味しい。

クリックすると拡大します

 飲み放題の日本酒はその日で変わる10種類、全部飲めばいいと言うことは無いけど、結果的に全部飲んでしまうことはあり得る。
 先ずは、福井の蔵元である黒龍酒造が醸す「黒龍(こくりゅう) いっちょらい」吟醸酒 R1BY。
 二杯目に、奈良の蔵元である千代酒造が醸す「篠峯(しのみね)」純米無濾過生酒 生もと 山田錦 R1BY。
 一合の片口を三人で割ると、ちょうど良い感じです。

クリックすると拡大します

 【サラダ】和菜のサラダ。
 レタスでかさ増しされているとは言え、「先に野菜を食べると食べ過ぎない」法則に従い、遠慮せず頂きます。

クリックすると拡大します

 茨城の蔵元である武勇が醸す「武勇酒蔵(ぶゆうしゅぞう)」純米酒 生もと 愛山 R1BY。
 愛山は古米(復活米)であり、稲穂が赤く実るので、ラベルも赤い、と。

クリックすると拡大します

 【刺身】牡蠣付き室戸鮮魚の7点盛。
 奥からイサキ、ヒラメ、アジ、イトヒキアジ、クジラ、カツオ、牡蠣。
 人数分に切り分けて、綺麗に盛り付ける料理人の技が素晴らしい。
 カツオとクジラに池袋坐唯杏を遠く感じます。

クリックすると拡大します

 島根の蔵元である富士酒造が醸す「出雲富士(いずもふじ)」純米吟醸酒 佐香錦 青ラベル R1BY。
 日本酒リストには特定名称酒は書いてあるけど特定名称酒しか書いてないので、料理と合わせるには後は想像するしか無い。
 今夜はまずまずの的中率で、大ハズレはありませんでした。

クリックすると拡大します

 【煮物】大判おでん大根の鴨鴫焼乗せ。
 この店は魚の次におでん料理に力を入れていて、その美味しさの片鱗を感じることが出来ます。
 とは言え、大根おでんに鴨鴫焼きを合わせる料理は初めて、良い感じです。

クリックすると拡大します

 石川の蔵元である数馬酒造が醸す「竹葉(ちくは)」能登上撰 R1BY。
 コース料理は事前に分かっているので、次の「温かい料理」に合わせるべく、お燗をお願いしました。
 どのお酒も燗映えしそうですが、本醸造に勝る燗映えは考えられません。
 「本醸造ですが、よろしいですか」と訊かれたので、「なおよし」と通ぶって答えてみました(単なる酔っ払い)。

クリックすると拡大します

 【揚物】カキフライ。
 生牡蠣を美味しく食べてから、更に牡蠣フライも美味しく食べると。
 この熱々のフライに熱燗の合うこと合うこと、あっという間に飲んでしまいます。

クリックすると拡大します

 岡山の蔵元である利守酒造が醸す「酒一筋(さけひとすじ)」純米吟醸生原酒 生もと 30BY。
 日本酒リストには「純米吟醸」としか書かれていませんでしたが、頼んでみたら生もと」純米吟醸、しかも生原酒、さらに30BY。
 高級酒や貴重酒を出そうと思えば出せる時代において、あくまでも料理を引き立てるお酒として、枠をはみ出さないセレクト。
 素晴らしい。

クリックすると拡大します

 【煮付】うおや坐唯杏名物!室戸地金目鯛の煮付け
 牛蒡と共に炊いてある金目鯛、池袋の坐唯杏で何度も食べた煮付け。
 ただでさえ進むお酒が、更に進んでしまいます。

クリックすると拡大します

 静岡の蔵元である青島酒造が醸す「喜久酔(きくよい)」特別純米酒。
 「上げておきました」と言われた飛び切り燗、このくらいに熱くするのはお店だから出来ること。
 煮付けにベストマッチの一杯、だいぶ良い感じに酔っ払っています。

クリックすると拡大します

 【食事】サバの棒寿司。
 ちょーっと棒には見えませんが、日本酒をたっぷり飲んでからのご飯物の美味しさよ。
 お蕎麦やうどんも美味しいけど、やっぱりご飯ですね。

クリックすると拡大します

 山形の蔵元である酒田酒造が醸す「松嶺の富士(まつのふじ)」純米吟醸酒 家紋ラベル。
 残りの料理は甘味なのに、まだ飲むか、的な。
 10種類のウチ8種類は飲めたので、まま、今夜はこの辺で勘弁しておいてやるか(酔っ払いの戯言)。

クリックすると拡大します

 【甘味】抹茶わらび餅と季節のアイス
 積極的には食べない甘い料理であっても、コースで出されると残せない私。
 次回は自家製どぶろくが出来上がってからだな。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>うどん通ならこのうどんとうどんつゆで、料理人の修業店が類推できるのではないでしょうか。

料理人の修行先が類推出来てどんな意味があるのでしょうか?良く分からないので教えて頂けませんでしょうか。
素人の私には、ただ美味しいかどうかしか考えた事が無いもので・・・
Posted by 夏菜子 at 2020年07月03日 11:34
なんでしょ、この日本人の喉元すぎれば熱さ忘れるの精神って。
別にコロナ警察を気取るつもりもないですし、こんな時期にふらふらとお食事会をする人を非難するつもりもありませんけど、それにしても自分本意な行動。
数ヶ月くらい我慢できないのかなぁ。特に東京の人達!
Posted by どら at 2020年07月04日 08:18
夏菜子さん、コメントありがとうございます。

> 素人の私には、ただ美味しいかどうかしか考えた事が無いもので・・・

 それでしたら説明しても無駄ですので、説明しません。
Posted by ふらわ at 2020年07月04日 10:51
どらさん、コメントありがとうございます。

> 数ヶ月くらい我慢できないのかなぁ。特に東京の人達!

 なるほど、東京の人達は大変ですね。
Posted by ふらわ at 2020年07月04日 10:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187658722
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック