2020年07月13日

雨の名古屋

/住よしJR名古屋駅新幹線下りホーム店にて冷しかき揚げきしめん/名古屋辛麺 鯱輪@矢場町にて旨辛にんにくラーメン、5辛/

クリックすると拡大します

 先週に引き続き、今週も関西出張。
 腹が減っては戦が出来ぬとは昔からの言い伝えですが、ニューノーマルの昨今では通用しないのかなぁ。
 お昼は、住よしJR名古屋駅新幹線下りホーム店@JR名古屋駅16・17番ホームへ。
 店先に券売機が二台あって、好みの券売機で食券を買います。

クリックすると拡大します

 メニューはきしめん360円から、名古屋コーチンきしめん890円まで、きしめんのみ。
 冷やしが50円増しなのは箱根そばと同じだな、と今調べたら、箱根そばは30円か60円増しでした。
 飲み物メニューは用意されておらず、きしめん以外はいなり2個110円だけです。
 ※在来線ホームの住よしには、飲み物メニューがある店舗もあります。

クリックすると拡大します

 以前はフリーだったカウンター席には仕切り板が立てられ、4席と3席に限定されています。
 仕切り板を立てると、2人や3人で一つあれば良かった箸箱や一味唐辛子の、数や置き場所を工夫しなければなりません。
 お冷やの整水器は以前から変わらず店内コーナーに用意されているので、きしめんが出来上がる前に素早く注いで来なければなりません。

クリックすると拡大します

 あっという間に、冷しかき揚げきしめん580円
 なんか物足りないなぁと思ったら、ゆらゆらと湯気で動く花鰹が無いんだ。
 初めて食べてみた冷やし、かき揚げには刻み海苔を乗せ、薬味ネギとおろし生姜を添えてあります。

クリックすると拡大します

 冷凍きしめんを茹で上げてから冷水で冷してあり、冷たいお汁に相まって、とても美味しい。
 かき揚げは在来線ホーム店でまとめて揚げているから揚げ置き、お汁に浸して美味しくいただきます。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、名古屋辛麺 鯱輪(しゃちりん)@矢場町(名古屋市中区栄)公式ツイッター)(公式インスタグラム)へ。
 2019/12/10オープン、麺屋はなび総大将新山直人氏監修の新しい辛麺屋、とのこと。
 リアルの友達だけではなく、ネットのフォロアーも少ない私、フォローして下さったお店には出来る限りに伺うことにしています(全部いかれないのが私のダメなところ)。
 ま、私が伺ってもラーメン1杯食べるだけですから、ラーメン1杯分の売り上げにしかならないんですけどね。

クリックすると拡大します

 人がやっとすれ違えるほどの狭い通路を奥まで進むと、壁一杯にタペストリーが掲げられています。
 メニューが説明されているのですが、狭い通路で全景を撮ることが出来ず、自身の腕の低さにじっと手を見る。
 店内に入ると、右手にタッチパネル式券売機があります。

クリックすると拡大します

 辛いラーメンとして旨辛にんにくラーメン780円、旨辛赤まぜそば850円。
 辛くないラーメンは醤油ラーメン780円、まぜそば850円、の4種類。
 ラーメンを選ぶと、トッピングを選ぶ画面に遷移します。
 トッピングはもやし120円、ネギ120円、チャーシュー250円、チーズ150円など。

クリックすると拡大します

 辛いラーメンを選んだので、続けて辛さを選べます。
 そこそこの辛さを食べるなら、辛さを売りにする店に来た意味は無いわけで。
 だからと言って、単に辛いだけで味が壊れたメニューを食べても仕方ないので。
 今日のところは5辛100円としました。

クリックすると拡大します

 席配置は厨房を囲むL字カウンター7席と4席の11席。
 店員さんワンオペで、恐らく店長さんと思われます。
 食券を店員さんに渡すと「5辛はモノ凄く辛いけど」と言われましたが、じゃあ止めますとも言えないので。

クリックすると拡大します

 辛いラーメンの店だから、丸椅子が赤いんだなぁ。
 卓上にはブラックペッパーグラウンド、昆布酢が用意されています。
 テーブルこそ木目調ですが、それ以外はレンゲやコップ、お冷ポットも赤い。

クリックすると拡大します

 ネット情報によるとメニューは何度か変わっていて、合わせてコールも変わっているようです。
 現在は温麺については背脂とニンニクを、まぜそばはニンニクを、盛り付け時に訊かれます。
 有り無しだけではなく、多め(マシ)も可能の様ですが、どこまで多めに出来るかは未確認です。

クリックすると拡大します

 少し待って旨辛にんにくラーメン780円、5辛100円。コールはニンニク、セアブラ。
 手前の白いのが背脂で、右奥の薄黄色がおろしニンニク、全体が赤銅色。
 元々辛いのが苦手なのに、、、じゃあ何で食べているんだよと聞かれると答えられない。
 スープは豚ガラ、鶏ガラの白湯に大量の溶き卵が入っていて、さながらニュータンタンメンの様です。

クリックすると拡大します

 飲んで(食べて)見るともの凄く辛い、火傷するくらい熱い、一口で汗びっしょりになります。
 麺屋はなび謹製の細麺、調理を見ていたので分かっていたのですが、かなりの固め。
 スープには生ニラが混ぜてあり、ネギも乗せてありますが、そのどちらもが辛い方向へ誘う。
 唯一の甘さは背脂だけですが全く太刀打ちできず。

クリックすると拡大します

 辛いのはともかく熱いのは耐えられないので、水を少しずつ飲みながら食べ、途中から昆布酢を回し掛けます。
 食べている途中で後客5人、自分で辛さ増ししておいて残すのはありえない、汗びっしょりになりながら食べ続けます。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 完食すると5辛の先の爆鯱への挑戦券をもらえますが、恐れ多くて辞退しました。

クリックすると拡大します

 雨が降っている名古屋は久し振り。
 さてさて、ホテルへ急ぎます。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
住よしのきしめん、美味しいですよね。

毎週のように出張していたころはよく食べていましたがこのご時世お客様から来るなと強く言われています。コロナが収束しないなか、最近各地を飛び回っているふらわさんは替えが効かない逸材なのだな、と羨ましくもありますが、くれぐれもお体にお気を付けください。
Posted by muunoo at 2020年07月20日 18:42
muunooさん、コメントありがとうございます。

 久し振りのきしめん、美味しかったです。

 感染拡大予防を徹底して、移動してます。
Posted by ふらわ at 2020年07月22日 00:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187713108
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック