2020年07月15日

2回目の福井

/モーニング/中華そば 一力@福井県敦賀市中央町にてワンタン麺/麺匠かぐや@福井県敦賀市呉竹町にて熟成味噌/

クリックすると拡大します

 今日も今日とで、東横インモーニング
 毎日の様に食べていると、この小分けスタイルがいつも通りと思い込んでしまいそう。
 おにぎり二つはともかく、おかずや野菜をもっと食べたいなぁ。

クリックすると拡大します

 今日の琵琶湖。
 いつもと違う角度から撮ってみましたが、上手く撮れないモノですねぇ。

クリックすると拡大します

 人生二度目の福井県、人生初めての敦賀駅。
 ベンチに恐竜が座っているので、一緒に記念撮影したいのですが、撮ってくれる人がいない。

クリックすると拡大します

 徒歩25分の距離なので、晴れていればてくてくと歩いて行くのですが。
 あいにくの雨、雨に濡れても構わないけど、体調を崩すのは避けなければならない。
 というか、時刻表を見たらちょうどいい時間にバスがありました。

クリックすると拡大します

 お昼は、中華そば 一力@福井県敦賀市中央町公式ホームページ)へ。
 1977/12オープン、新横浜ラーメン博物館出店済み。
 立地は敦賀市役所至近、バスの便の関係から開店30分前着。
 雨宿りできる場所で待っていると、3台の車客に抜かれるが、1番客のこだわりは無いので、そのまま4番目に入店。

クリックすると拡大します

 席配置は奥に丸テーブル6人は座れそう、4人掛けテーブルが7卓。
 卓上にはコショーしか用意されていないので、点心を食べるときは辣油とか一緒に運ばれてくるのだろう。
 先客4人、後客ぞろぞろ、1人客が多いですね。

クリックすると拡大します

 案内された席でメニューを眺め、口頭注文後会計。
 ラーメンは中華そば800円、つけ麺1,200円、唐そば950円、味噌そば950円など。
 サイドメニューは水餃子600円、小籠包600円、大焼売600円など。
 せっかくなので飲んでも良かったけど、仕事に差し支えるといけないのでやめました。

クリックすると拡大します

 少し待って、ワンタン麺1,050円
 想像していたより小ぶりの丼、麺が見えないほどのトッピング。
 スープは豚ガラ、鶏ガラに化調をビシッと利かせた昭和スタンダードの味わい、ざらっと初めから胡椒が掛かっています。
 アラ還暦なジジイには懐かしさを感じる、とても美味しいスープ。

クリックすると拡大します

 自家製の細麺はスープによく合っていて、とても良い感じ。
 トッピングは大振りの豚バラ肉チャーシューが3枚、メンマが数本、紅生姜、茹でもやし。

クリックすると拡大します

 そしてワンタン3つ、柔らかくて箸で持ち上げようとすると崩れ落ちそう。
 餡は豚挽肉を多めに包んであり、皮は薄めで柔らかく、餡も皮も楽しめるタイプ。

クリックすると拡大します

 これで1,000円超、麺量やスープも標準よりやや少なめなので、都心部ならば「強気の値段」と言われるだろうなぁ。
 私には、まあ、この位はするだろうな、的な値段に感じました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は麺匠かぐや@福井県敦賀市呉竹町公式ホームページ)へ。
 2015/8オープン、立地は敦賀駅から徒歩25分、一力から徒歩1分。
 外食するパイが限られている地方で、ラーメン店が徒歩圏内にあるのは非常に珍しい。
 これがラーメン店とハンバーガーショップ、お蕎麦屋、ファミレスなどなら共存できることもあるけど。

クリックすると拡大します

 席配置はカウンター3席(公式ホームページでは5席)、テーブルは2人掛けが6卓(同7卓)。
 卓上の箸入れの上にコショウ、ブラックペッパー、ラー油、焼餃子のタレが置かれています。
 小分けされた濡れティッシュも用意されていて、つい使ってしまいました。

クリックすると拡大します

 メニューが全席に用意され、口頭注文後会計。
 ラーメンは塩とんこつ780円、海老塩880円、甘辛塩850円、熟成味噌780円、海老味噌880円、甘辛味噌850円、特製つけめん880円。
 サイドメニューは焼きギョーザ380円、ご飯物は満月卵チャーシュー丼450円など。

クリックすると拡大します

 季節限定メニューとして豆乳スープの冷やし担々麺880円。
 普通に考えると、とんこつ塩を食べるべきなのでしょうけど、店先の暖簾に「小林製麺」と染め抜かれていたので、味噌をお願いしました。
 厨房の様子は伺えませんが、中華鍋を振ってスープを煮立てている音が聞こえてきます。

クリックすると拡大します

 少し待って熟成味噌780円
 カウンター台越しに大きな角盆に乗せて置こうとされますが、ギリギリ届かない、いや届くのか。つい手を出してしまいます。
 大きめのすり鉢状の丼に、たっぷりの味噌スープ。
 スープのベースは豚骨、味噌は熟成、どっしりとした重厚な美味しさ。

クリックすると拡大します

 合わせる小林製麺の中細麺、スープがはっきりした美味しさなのだから、ここは中太麺か太麺ではなかろうか、どうだろうか。
 トッピングは大ぶりでトロッとしたチャーシュー、メンマが数本、細切りキクラゲ、半身の味玉、斜め切りのネギ。
 白胡麻が全体に散らされていて、美味しい味噌スープがさらに美味しく感じます。

クリックすると拡大します

 途中で味変をするのを忘れて一気に食べ切ってしまいました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 今日は先週と同様の夜間作業、大過なく終えてホッとしました。
 これでもう帰るだけですので飲みに行っても良いけど、帰ってくるまでが遠足、と言いますよね。
 ホテルのラウンジでビールを買って、部屋で1人飲み。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187720607
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック