2020年07月28日

冷や汁とは

/らーめん雅楽GARAKU@あざみ野にて冷やしみそトマトチーズらーめん/

クリックすると拡大します

 早起きできて、仕事も忙しくないのに、朝飯を食べ損ない。
 お昼は出掛けてどこかで食べようかと思っていたのに、うっかりコンビニ弁当を買ってしまい。
 そんなこんなで仕事が最後の最後にトラブって、やや残業になり。

クリックすると拡大します

 夜は、らーめん雅楽GARAKU@あざみ野(横浜市青葉区)公式ブログ)へ。
 今月で6周年を迎え、ますます繁盛に拍車が掛かっているのに、今頃になって伺う体たらく。
 行かないより行った方がマシ、と前向きに考えますか。

クリックすると拡大します

 今頃になって今月の限定メニューを紹介しても意味はありません。
 『冷え冷えのベーススープにトマトソースをブレンドしトッピングは冷製チキンのコンソメ煮、トマト&玉ねぎのみじん切り、ブロッコリー。
 クリームチーズソースと自家製バジルペーストがトマトソースに良く合います。
 今年は食べ終わった後のスープにチーズライスを入れて「トマトチーズリゾット」にして召し上がって下さい!!』

クリックすると拡大します

 と言うことで、今夜はあざみ野で一人お疲れ様会。
 店主ご夫妻には「ビールはハートランド」と伝わっていて、食券を出す前に座る席に用意されています。
 ひょっとして食券を買わなくても用意されるかも知れないけど、そんなことは考えたこともありません。
 だだちゃ豆をポリポリとつまみながら、出前館の感じをああだこうだと。

クリックすると拡大します

 今夜の試食は、挽肉多め、芝麻醤多め、辛さ控えめ。
 あまりにも美味しくて、試食じゃ無くて正式商品化をずっとずっと待っているのですが。
 貧乏性の私は、ネギひとかけ、モヤシ一本、残せないんですよね。

クリックすると拡大します

 閉店時間を睨みながら、冷やしみそトマトチーズらーめん1,100円
 ※店主さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なりますので、ご了承ください。
 スープの温度より冷やされた丼に、およそ冷やしラーメンには見えない盛り付け。
 そしてそのスープは「冷や汁をイメージした」冷たい味噌スープ、こんな美味しい冷や汁、味わったことが無い。

クリックすると拡大します

 この手の冷やしラーメンには肉類のトッピングが乗らないことが多いのですが、コンソメで煮込んだ鶏肉を冷してトッピング。
 それぞれのトッピングは混ぜて食べるのでは無く、ひとつひとつ麺とスープと合わせながら食べます。
 冷たい味噌スープと多くのトッピングを受け止める麺は三河屋製麺の太麺、これがまた旨い。

クリックすると拡大します

 添えられたチーズライス、残ったスープに入れるとスープを全部飲んでしまいそうなので、ライスにスープを掛けます。
 スープを掛けるときにせっかくなのでブロッコリーとトマトも一緒に。
 卓上にはタバスコも用意されていましたが、そのまま美味しくいただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187752192
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック