2020年07月31日

月夜の金曜日

/えきめんや 品川店@京急品川駅ホーム内にて豆腐一丁(冷)/月夜/

クリックすると拡大します

 朝はえきめんや 品川店@京急品川駅ホーム内公式ホームページ
 去年の1月に訪問したときに「全部で11軒しかない」と記しているけど、改めて公式ホームページを見ると12軒。
 まったく、12軒も正しく数えられないのかよ。

クリックすると拡大します

 期間限定メニューが告知されています。
 そば屋のまぜそば誕生のサブタイトル、麺が中華麺ではなく日本蕎麦に変えただけなのか。
 ラーメンのことは詳しくないけど、ラーメンのまぜそばは殆どが暖かい麺だと思いますが、こちらでは冷たい麺。
 しかしして追い飯風の小ライスは120円で有料です。

クリックすると拡大します

 まま、限定メニューを眺めてみると、他にも夏季限定販売と思われる冷たいメニューが販売されています。
 下部の方はトッピングやご飯ものメニューになっていて、全体的にそんなにメニューが多いわけでは無いみたいですね。

クリックすると拡大します

 店内に入ると数人のお客さんが受付の辺りに集まっています。
 これまでならばごく当たり前の光景、食券を渡す場所でもあるし、出来上がったら料理を受け取る場所でもあるから。
 で、食券を渡そう(実際には『テーブルに置く』)とすると、「そのままお持ち下さい」と言われ、あー、ニューノーマル。
 ソーシャルディスタンスで待っていると、揚げ置きの天ぷらを温めているけど、これって大丈夫なのかな。

クリックすると拡大します

 完全立ち食い席しか用意されていないのですが、各テーブルをアクリル板で仕切っています。
 1人ずつ仕切っているのかと思えば、2人席もあるようです。
 ウィルスの感染方法について詳しくないのですが、テーブルの幅だけ仕切っても、丼を持って食べる私は隣のお客さんからの飛沫が飛んできそう。
 いや、飛ばすお客さんが仕切りの中なら大丈夫なのかな、、、そもそも飛沫って真横に飛ぶのかな。

クリックすると拡大します

 少し待って、豆腐一丁(冷)500円
 今日、ここで食べるまで、豆腐一丁は箱根そばでしか食べられない、ある意味、箱根そばオリジナルメニューだと思っていました。
 立ち返って考えてみると、豆腐を一丁そのまま乗せるだけだから、日本中のお蕎麦やで出来るよな。
 細かい話をすれば、 箱根そばは冷やしそば用の間口が広い丼に盛り付けてありますが、えきめんやは温かい麺用の丼に盛り付けてあります。

クリックすると拡大します

 全体的には箱根そばの豆腐一丁と酷似していますが、箱根そばでは刻み海苔が乗っていません。
 蕎麦つゆは冷してあるけど少し甘めに感じ、豆腐はお蕎麦と馴染んだりしないので、そのまま美味しくいただきます。
 山葵の使い方が難しいけど、まあ、適当に。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が終わったのは月が高くなってから。
 ここから帰ると自宅に着くのは23時を過ぎてしまう。
 どこにも寄れないけど、ま、そんなこんなも金曜日。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187761953
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック