2020年08月03日

東門前から元住吉

/ONE@東門前にて髭タンタン/博多らーめん丸福@元住吉にて博多らーめん/

クリックすると拡大します

 早めの夕飯は、ONE(わん)@東門前(川崎市川崎区東門前1-15-9)へ。
 2020/7/17にオープンした、ドリンクスタントと併設するラーメン屋。
 立地は(初めて降りた)京急大師線東門前駅から徒歩2分、食事処 さとう家の跡地。

クリックすると拡大します

 店内に入り、案内されたカウンター席でメニューを眺めます。
 麺類はしょうゆらーめん850円、みそらーめん900円、しおラーメン850円、髭タンタン800円。
 ご飯類は肉肉カレー1,000円、チャーシュー丼700円、カムイ豚定食800円。
 サイドメニューとして水餃子400円。

クリックすると拡大します

 飲み物はアルコール類は生ビールとレモンサワーだけ。
 ドリンクスタンドとしてコーヒー、レモネード、トマトジュース、マンゴーラッシーなどなど。

クリックすると拡大します

 夏季限定メニューとして冷やし辛ネギまぜ麺750円、新メニューとしてニンニクしおラーメン950円。
 事前情報から、食べると決めてきたニュータンタンメン風の髭タンタンを口頭注文すると、「辛さが選べますが」と訊かれたので、「メチャ辛でお願いします」と答えました。

クリックすると拡大します

 席配置は厨房に面したカウンター4席、4人掛けテーブルの計8席。
 卓上には辛味噌、おろしニンニク、辛一味、花山椒、ホワイトペッパーパウダー、ブラックペッパーパウダー、白胡麻、ニンニクチップ。
 メニューの写真を撮っていると、「ブログ、やってるんですか?」とふくよかな女性店員さんに声を掛けられ。
 えー、説明が難しいなぁと受け答えしていたら、単なる世間話で、ホッとしました。

クリックすると拡大します

 少し時間が掛かって髭タンタン800円、「食べてみてもっと辛いのがお好みでしたら、どうぞ」と、唐辛子粉をつけて下さいました。
 元祖ニュータンタンメン本舗(以降、イソゲンと表記)と見紛うばかりの麺相、スープを味わってみるとイソゲンとは全くの別物。
 辛さ控えめ、化調少なめ、鶏ガラダシさっぱりめ、ニンニク少なめ、溶き卵多め、豚挽肉多め。
 溶き卵ラーメンと言うより挽肉ラーメンに感じ、イソゲンとは別の方向性の美味しさ。

クリックすると拡大します

 丸高製麺の丸中太麺は、食感がイソゲンの麺にとてもよく似ていて、イソゲンから仕入れているのかと思ったほど(実際には仕入れていません)。
 どうしても気になるので、思い切って店長さんに「どちらのイソゲンで修業されていたのですか」と訊くと、インスパイアして作り上げたとのこと。
 なるー、それにしても美味しい、(イソゲンより30円)安いし。

クリックすると拡大します

 どうしても辛くしないと納得がいかない、と言うことはないけど、せっかく頂いたので。
 途中で唐辛子粉を全部入れ、おろしニンニクをたっぷり入れて、ググッとイソゲンに寄せて。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 遅めの夜は、博多らーめん丸福@元住吉(川崎市中原区木月2-11-26)へ。
 2018/9に閉店した丸福ちゃんぽん@宿河原が、代替わりして2020/7/3にオープン。
 立地は元住吉駅東口から徒歩数分、住吉家(-2011/2/9)、㐂輪元住吉店(2011/9-2017/6/18)、麺屋㐂龍(2017/8/8-2020/5/31)の跡地。

クリックすると拡大します

 営業時間はオープン時より変更されていて、昼営業は11:30スタートで売り切れまで、夜営業は17:30から売り切れまで。
 定休日の木曜日は変更ありません。
 駅からここまでの間にかなりの数の飲食店、ラーメン屋があるにも関わらず、ノーゲスにはならない程度のお客さん。

クリックすると拡大します

 店内に入り、右手奥の券売機で食券を買います。
 メニューは博多らーめん650円、博多チャーシューめん1,100円、ミニ博多らーめん500円。替玉100円。
 博多ラーメン店なら高菜は無料サービスと思っている人もいますが、こちらでは辛子高菜100円、激辛高菜100円、ピリ辛高菜150円。
 サイドメニューとしてぎょうざ400円、ご飯ものはミニチャーシュー丼350円、ミニうまくち麻婆豆腐丼350円。

クリックすると拡大します

 買った食券を渡しても、好みは訊かれませんでした。
 席配置は厨房を囲むL字カウンター10席と3席、計13席。
 卓上にはブラックペッパーグラウンド、辣油、白ごまが用意されています。
 生粒ニンニク、紅生姜、ラーメンタレは衛生管理のため、カウンター台に二つだけ置かれていますので、店員さんに声を掛けて渡してもらいます。

クリックすると拡大します

 程なくして、博多らーめん650円
 豚骨とゲンコツをお店独自の割合で炊き出し、嫌味にならない程度の香りを放つ長浜ラーメン。
 初めから白胡麻が掛かっていますが、関東では博多ラーメンで通っている味わいのスープ。
 ここで、何をもって長浜ラーメンと呼ぶか、長浜ラーメンと博多ラーメンはどこが違うのか、は論じません(必ず私が負けるから)。

クリックすると拡大します

 細麺は固め仕上げでスープによく合い、ザクザクとした食感を含めてとても美味しい。
 トッピングは豚バラ巻きチャーシューが2枚、細切りキクラゲが沢山、薬味ネギ。
 この手のラーメンには固めのチャーシューが多いのですが、こちらのチャーシューは柔らかく、美味しい。

クリックすると拡大します

 麺が残り少なくなってきたところで、お楽しみの味変タイム。
 今夜は紅生姜とクラッシュニンニク、白胡麻を忘れました。
 生粒ニンニクをクラッシャーでグシュッと潰すのって特別に美味しいですよね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
『らいくあらーめん』というブログに、下記のような書き込みが有りますが。本当で
しょうか?
『クーポンの海老天が中華そばにトッピングされず、懐紙が敷かれた小皿で提供され
るのは、違う油で異なる温度で揚げているから。』
私には、何度食べても同じ物にしか感じられないのですが…

「いつも ゆで太郎のご利用、誠にありがとうございます。
クーポンの海老天と他の海老天で調理方法が違うということはございません。
海老天に限らず、その他の天ぷら・コロッケ・わかめ等の通常商品と
クーポン券で、ご提供するものは調理方法も含め同じものです。

別皿でご提供しておりますのは、「塩をかけて食べる」等、お客様がどのように召し
上がるかわからないためです。ご了承いただければ幸いです。」

甚だ簡単ではございますが、上記にてお問い合わせのご回答とさせていただきます。

今後とも、ゆで太郎ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

ゆで太郎システム
Posted by あかざ at 2020年08月04日 21:34
あかざさん、コメントありがとうございます。

> 下記のような書き込みが有りますが。本当でしょうか?

 以下のように訂正済みです。


 実際の調理は分からないけれど、食べてみると違う油を使って異なる温度で揚げているような味の違いを感じます。※あくまでも個人の感想です。
Posted by ふらわ at 2020年08月04日 23:31
>『実際の調理は分からないけれど、食べてみると違う油を使って異なる温度で揚げているような味の違いを感じます。※あくまでも個人の感想です』

実際の調理も同じだと、ゆで太郎から正式回答が来ているじゃないですか!
そこまで固執するのは意地ですか?精神的な何かの症状でしょうか?
Posted by 理緒 at 2020年08月05日 06:41
理緒さん、コメントありがとうございます。

> そこまで固執するのは意地ですか?精神的な何かの症状でしょうか?

 記事は1月ですし、すぐに修正しています。
 1月の話なのに、今頃になってコメントを頂いて、困惑しています。
 どうして半年以上も経ってコメントされたか、理緒さんに心当たりがあるのでしょうか。
Posted by ふらわ at 2020年08月05日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187770617
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック