2020年08月06日

関内駅から徒歩圏

/ゆで太郎西五反田2丁目店にて冷し帆立天そば、焼きのり、海老天/横濱家系ラーメン勝鬨家@伊勢佐木長者町にてラーメン/麺や勝治@関内にて青唐辛痛冷麺/

クリックすると拡大します

 早起きは蕎麦のため、朝はゆで太郎西五反田2丁目店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン展開する路麺店、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛。
 店先に無料クーポン券配布中の幟がたなびいています。
 太刀魚のちくわ天そば、陸奥湾帆立の幟はこれまで通り。

クリックすると拡大します

 6月から販売が開始された陸奥湾帆立の天ぷら、先ずは中華そばに合わせましたが、今月からお蕎麦にも合わせてきました。
 ゆで太郎が蕎麦屋であることを考え、ベキ論で言えば先にお蕎麦に合わせ、続けて中華そばという順番でしょうけど。
 機を見て敏なり、右上の帆立の貝の間に甘エビ、、、じゃなかったアマビエががが

クリックすると拡大します

 本日の朝食は冷し帆立天そば560円、焼きのり100円、そば大盛サービス、クーポン海老天
 海老天が白飛びしてますが、まま、そのままで。
 種物を別皿とするか、お蕎麦に盛り付けてしまうか、店舗や人で異なるようですが、法則性は分かりません。

クリックすると拡大します

 時間が無かったので適当に盛り付けて、一気に食べます。
 お蕎麦の大盛りサービスが続いているので、食べ応えがあって、とても嬉しい。
 種物は半分は温かいままホクホクで、残りはもり汁に浸けてしっとりと、どちらも美味しい。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は久し振りに社内販売の弁当、一食500円。
 副菜が多いのでお得感は高いけど、こぢんまりとまとまっているのに満足できない日もある。
 1時間の昼休みなので、買いに行って「今日はちょっとなぁ」と思っても、コンビニ弁当を買いに行く時間的余裕が無い。
 うーん、サラリーマンとはかくあるべし。

クリックすると拡大します

 早めの夕飯は、横濱家系ラーメン勝鬨家@伊勢佐木長者町(横浜市中区長者町)公式ツイッター)へ。
 2016/8/15オープン、直系インスパイアを標榜する独立店として修業店は非公式とされています。
 寒川に新規オープンした家系ラーメン店と関連があるらしいと言うネット情報に触れ、慌てての訪問。
 この店がオープンした当時、近くを何度も通り過ぎていますが、その時は特別惹かれなかったんだよなぁ。

クリックすると拡大します

 昨今の世情の影響から、営業時間は平日11:00-27:00、土日11:00-21:00って、影響ないのか。
 お盆休みは8/13から8/16であり、8/12は早仕舞いが予想されるとのこと。

クリックすると拡大します

 メニューはラーメン700円、塩ラーメン700円、味噌ラーメン800円、紅辛ラーメン800円、限定ラーメン(現在はつけ麺)800円。
 直系インスパイアを標榜するだけあって、トッピングにはお花畑、岩のりなどが揃っています。
 家系ラーメンフリークならば、うずらがあれば壱六系、メンマがあれば松壱家系と目星が付くんですけどね。
 ご飯ものにカレー丼があるのが珍しいですね、、、食べ損ないました。

クリックすると拡大します

 券売機の上にはラーメンの写真が張り出してあるので、メニュー選びの参考になれば。
 混み合っていて、食券を買おうとしたら後ろに並ばれると、ちょっと余裕が無いですけど。

クリックすると拡大します

 ワンオペの店員さんに食券を渡すと「お好みはございますか」と訊かれますので、「柔らかめで」とお願いします。
 席はカウンター8席のみで、事前情報のテーブル席が見当たりません。
 卓上にはラーメンコショー、酢、白胡麻、おろししょうが、激辛生唐辛子、行者にんにく、刻み生姜。

クリックすると拡大します

 少し待ってラーメン並700円、家系お好みは麺柔らかめ。
 夏の骨は痩せている聞いていますが、どっしりとした髄の味わいなのは多めに豚骨を炊いているからでしょうか。
 化調もきっちり利かせ、直系インスパイアの名に恥じない美味しさ。
 ネット情報ですと味が落ちたとのこと、この味が落ちた味で本来はもっと美味しいのか、この味は上ブレなのか、どっちなのだろうか。

クリックすると拡大します

 大橋製麺多摩の平打太麺はきっちり柔らか仕上げ、最後の一本まで熱々でとても美味しい。
 燻製チャーシューは薄切り、板海苔三枚は固さがあって上質、茹でほうれん草は香りを感じます。
 ライス無料サービスではないので、いったん席を立って券売機でライスの食券を買ってこようとは思いましたが、後客が入ってきたので、なんとなくやめてしまいました。

クリックすると拡大します

 麺を半分以上食べて、お楽しみの味変タイム。
 今日は刻み生姜と行者ニンニク、激辛生唐辛子を加えてみました。
 激辛生唐辛子は入っている容器に見覚えがありますが、何かと何かをブレンドされて自家製のような辛さと美味しさ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 遅い夕飯は、麺や勝治@関内(横浜市中区常盤町)公式ツイッター)へ。
 2013/2/18オープン、大好きなラーメン店の一つであるブリキの木こりの店主さんの修業店です。
 食べログの住所情報でお店に向かいましたが、「あれっ、この小径だったっけ?」と立地を完全に勘違いしていました。

クリックすると拡大します

 後ろに大行列でも無い限り、店先の張り紙には全部目を通したい派。
 営業時間は月から木が11:00-22:00、金が11:00-00:00、土が11:00-15:00、日曜定休。
 お盆休みはありませんが、8/11-8/15は11:00-18:00と短縮時間での営業とのこと。

クリックすると拡大します

 店内に入り左手の券売機で食券を買います。
 メニューは青唐辛痛麺850円、塩らーめん800円、醤油らーめん800円、塩まぜそば850円。
 夏季限定メニューとして青唐辛痛冷麺900円、塩つけ麺850円が用意されています。
 あとはご飯ものとか、餃子とか飲み物とか。

クリックすると拡大します

 券売機の上に夏季限定メニューの写真が張り出してあるけど、照明の関係で半分暗かったり、場所の関係で正面から撮れなかったり。
 分かる程度には画像修正しましたが、さて、どうだろうか。

クリックすると拡大します

 店員さんに食券を渡すと「辛さは普通、辛め、激辛から選べます」と言われたので、勢いに乗って激辛でお願いしました。
 厨房を囲むL字カウンター3席と8席は厚手のアクリル板で仕切られています。
 卓上には調味料が用意されていません。
 厨房には店主さんと女将さんと思われる女性店員さん、の2人。

クリックすると拡大します

 少し待って、青唐辛痛冷麺900円
 うっすらと鶯色のスープに引き込まれるように蓮華をすくうと、青唐辛子独特の針で刺されるような辛さ。
 鷹の爪やブートジェロキアなどの赤唐辛子系(という表現が正しいかどうか分からないけど)とは異なり、牛骨スープの旨味がしっかり感じられます。
 スープはかなり冷やされていて、それでいて脂分を殆ど感じず、このスープがとても美味しい。

クリックすると拡大します

 合わせるサッポロ麺フーズの縮れ細麺はワカメを練り込んだ翡翠麺、とても美味しい。
 食べた時はスープの辛さが完全に移ってしまっていて、唐辛子が練り込まれているのだと思ってしまいました。
 トッピングは大きめの豚肩ロースチャーシューが三枚、穂先メンマ一本、板海苔一枚、白髪ねぎにカイワレ大根。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> お蕎麦の大盛りサービスが続いているので、食べ応えがあって、とても嬉しい。

こういう状況ですから客寄せにはいいですね。

> ライス無料サービスではないので、いったん席を立って券売機でライスの食券を買ってこようとは思いましたが、後客が入ってきたので、なんとなくやめてしまいました。

ふらわさんの場合はお金を払ってライスを頼むのが嫌なんだなと感じるのは何故でしょう?
Posted by tomoco at 2020年08月07日 21:59
tomocoさん

> こういう状況ですから客寄せにはいいですね。

 確かに。

> ふらわさんの場合はお金を払ってライスを頼むのが嫌なんだなと感じるのは何故でしょう?

 お金が無い貧乏だからじゃ無いでしょうか。
Posted by ふらわ at 2020年08月07日 23:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187780594
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック