2020年08月08日

大船と藤沢

/麺屋 でこぼこ@鎌倉市小袋谷にて塩つけ麺/麺屋おはな@藤沢にて魚介醤油つけ麺/晩酌/

クリックすると拡大します

 夏休み二日目、というか、普通に土曜日。
 新店巡りも一段落したので、潮風に当たろうと、海へ。

クリックすると拡大します

 早めのお昼は、麺屋 でこぼこ@鎌倉市小袋谷フェイスブックのページ)へ。
 前回訪問は2018/7ですので、2年ぶりのご無沙汰です。
 ラーメンが美味しくなったと言う話を、今年になってちらほらと耳にするようになりまして。
 この暑い時期に駅から歩くのがしんどくて、自宅からバイクで一時間半、、、

クリックすると拡大します

 8月は月曜日以外に11日はお休みします。
 駐車場は少し遠いけど2台分あります。
 ポイントカードは終了しました。
 7月、8月の限定メニューは塩つけ麺です。

クリックすると拡大します

 覚えていた券売機の場所を見ると、全体的な造作は変わっていません。
 メニューは醤油ラーメン790円、塩ラーメン820円、白みそラーメン860円。
 前回は醤油だったので今日は塩、ではなく7月・8月の限定メニューで。

クリックすると拡大します

 先客5人、空いていたカウンター席に座り、ワンオペの店主さんに食券を渡すと「全粒粉入りと、ライ麦入りの自家製麺のどちらにしますか」と訊かれます。
 今年の2月から自家製麺に変わったと聞いていたけど、切り替えたのでは無く併用しているのですね。
 世情の影響を受け、カウンターは3席ずつですが、テーブル席はそのままです。
 卓上には塩つけ麺の食べ方や、お店の思いが書かれています。

クリックすると拡大します

 少し待って塩つけ麺920円
 食べ方としては、先ずはそのまま、次に塩を乗せて、続けてつけ汁に浸けて。
 自家製麺はライ麦と春よ恋をブレンドした中細角麺、噛むと押し返すような弾力、手繰ると伸びるコシ。
 今すぐ都内の激戦区に打って出ても通用するほど美味しい。

クリックすると拡大します

 つけ汁はラーメンスープをそのまま使っていると思える豚ガラ鶏ガラスープ、昆布水をたっぷり吸った麺にはこのくらいの濃度が一番美味しい。
 麺とスープのマリアージュを邪魔しないようにトッピングは青ネギだけ、つけ汁にはチャーシューを沈めてあります。 
 最後の味変にレモンを絞ると、何かの化学変化を起こすかのように酸味が旨味を引き上げます。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったら、残った昆布水を割スープとして、つけ汁の容器に注ぎ入れます。
 器の縁が片口風になっていて、昆布水を注ぐときに溢れにくいです。
 最初の一口、二口はレンゲですくっていましたが、ちょっと飲みにくいので、途中から器を持って。

クリックすると拡大します

 ふう、美味しかった。
 食べ終わって、後客への配膳が一段落したところで、一言二言。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 遅いお昼は、麺屋おはな@藤沢(藤沢市藤沢969-1)公式ツイッター)へ。
 2020/8/1移転オープン、移転前の立地からは徒歩一分くらい。
 OHANAとはハワイ語で「家族」を意味する言葉らしく、多店舗展開されています。
 1号店:【閉店】らーめんOHANA@辻堂(2009/5-2013/5)
 2号店:濃厚豚骨らーめん オハナ堂@本厚木(2008/12/10-)
 3号店:麺屋 おはな@藤沢(2009/5/11-2020/7/26)、移転(2020/8/1-)
 4号店:【閉店】おはな商店@関内(2010/2/1-2015/7/23)
 5号店:【閉店】らーめんOHANA@戸塚(2015/8/2-2020/6/30) ※おはな商店@関内の移転

クリックすると拡大します

 正式な営業時間は不明ですが、当面は11:00-16:00 17:00-22:00となります。
 特に記してはいませんが、定休日は無いとのこと。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、左側に移転前の店舗から持ってきたと思われる券売機。
 メニューは魚介醤油つけ麺800円、魚介醤油らーめん700円、あっさり味魚介醤油らーめん700円、辛つけめん900円の4種類。
 トッピングは玉子、のり(7枚)は100円ですが、メンマ、ネギは200円。
 他はご飯ものとギョーザ、ビールなど。

クリックすると拡大します

 店内はゆったりめの席配置で、厨房に向いたカウンター9席、店内中央に相対カウンター8席、壁側に4人掛けテーブルが3卓。
 卓上には辣油、酢、醤油、ニンニク。

クリックすると拡大します

 店員さんに食券を渡すと、「中盛りまで同額です」と案内されますので、並盛りでお願いします。
 ちなみに、つけ麺は麺量が選べ、並盛り200g、中盛り400gまでは同額、大盛り600円は100円増し、特盛り800gは200円増し。
 替玉の説明書きには「毎日、本店にて打つ〜」とありますが、本店は7年前に閉店されています。

クリックすると拡大します

 10分ほど待って魚介醤油つけ麺800円、先に麺、続けてつけ汁。
 少し固さを感じるほど冷水でしっかり締めた太麺、濃厚豚骨出汁と魚介出汁がブレンドされたつけ汁に潜らせます。
 あの、ラーメン界を一時期席巻した「またおま系」の美味しい味わい。

クリックすると拡大します

 つけ汁にはチャーシューとメンマが沈められていて、刻みタマネギとネギが散らされています。
 板海苔の食べ方がイマイチ分からないけど、つけ汁に浸して頂きました。
 味の慣れは恐ろしく、ラーメン界に流行りだした頃は「もの凄く美味しい」と感じたけど、今では「美味しい」と感じます。

クリックすると拡大します

 つけ麺はあまり味変しないので、今日もしませんでした。
 麺を食べ終わったらスープ割り、店員さんに声を掛けると、割スープの入った保温ポットを渡されます。
 結構多めに入れてしまってけど、もったいないので全部飲んでしまいました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 帰り道で日本酒を仕入れる。
 値段のことを考えると一升瓶を買うべきですが、色々な味を勉強したので四合瓶を二本購入。

クリックすると拡大します

 晩酌
 岩手の蔵元である月の輪酒造店が醸す「月の輪(つきのわ)」夏酒 旨辛純米酒 R1BY。
 夏酒と謳っているけどアルコール15度と高め、旨味十分でしっかり酔えます。
 合わせる料理は夏茄子と鶏肉の油淋鶏たれ煮込み、日本酒にピッタリ。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>替玉の説明書きには「毎日、本店にて打つ〜」とありますが、本店は7年前に閉店されています。

本店ってまさかと思いますが「本店・支店」の本店しか知らないんですか!
凄いですね!
Posted by 優子 at 2020年08月09日 18:13
記事の中で間違えているのかよくわからないところがあったのですが、毎度聞いても答えていただけないので直接お店に確認させていただきますね。
Posted by みなみな at 2020年08月09日 18:36
優子さん、コメントありがとうございます。

 お褒め頂き、ありがとうございます。
Posted by ふらわ at 2020年08月11日 18:43
みなみなさん、コメントありがとうございます。

 お店への確認を肯定も否定もしませんので、ご自由にどうぞ。
Posted by ふらわ at 2020年08月11日 18:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187786873
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック