2020年08月12日

上大岡から戸塚

/拉麺大公 上大岡@上大岡にて3枚チャーシュー焼き味噌/地鶏豚骨らーめん ひなわ@戸塚にて並ラーメン(バラ)/

クリックすると拡大します

 早めの夕飯は、拉麺大公 上大岡@上大岡(横浜市港南区上大岡東2-2-1)公式ツイッター)へ。
 京急上大岡駅から徒歩数分に2020/8/5オープン、南太田の本店に続く2号店になります。
 外待ちが途切れず、人がいない外観が撮れず、じっと手を見る。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手の券売機で食券を買います。
 メニューは焼き味噌900円、焦がし醤油900円、海老出汁味噌950円、スタミナ味噌930円、コク塩900円、味噌つけ麺1,000円、担々麺950円、汁無し900円、辛しニンニク味噌1,000円、煮干し中華そば900円、野菜たんめん950円、辛しネギ味噌1,060円。
 ですが、当面は味噌と醤油のみ(提供するメニューは公式ツイッターにて告知)。
 味噌は味噌、醤油は醤油でまとめて鍋を振るため、注文するタイミングで提供時間が変わります。

クリックすると拡大します

 席配置は奥の厨房に面したカウンター5席、テーブルは2人掛けが7卓。
 カウンター席に案内されましたが、案内され始めはソーシャルディスタンスでしたが、外待ちが出るほど混み合ってきて。

クリックすると拡大します

 卓上には一味、白胡椒。
 調理が見られる席ですが、横須賀でも南太田でも調理人は見えなかったので、今夜の鍋振りが店主さんかどうか不明。
 しかしして、足が地に着かないハイチェアは苦手、短足なので上り下りにも気を遣います。

クリックすると拡大します

 少し待って3枚チャーシュー焼き味噌1,060円、カウンター席であっても、手元まで配膳してくださいます。
 ベースの豚骨スープが薄めで、焼きみその美味しさがしっかりと感じられます。
 スープを中華鍋で煮立てるときにモヤシやタマネギと共に挽肉も合わせ、唯一無二の大公の味わいに仕上がっています。
 時折、おろし生姜を合わせ、辛さで甘さを引き立てて食べ進めます。

クリックすると拡大します

 黄色を帯びた縮れ中細麺、本店と同じなら富多屋製麺でしたが、今は西山製麺に切り替えたとのこと。
 店主さんはすみれでラーメンを始めたと聞いているので、念願叶って北海道の麺が使えていると言うことかな。
 チャーシューはデフォ900円では1枚なので、お店のウリである3枚チャーシュー、このチャーシューが旨いんだよ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 遅い夕飯は、地鶏豚骨らーめん ひなわ@戸塚(横浜市戸塚区戸塚町4023)公式ツイッター)へ。
 らーめんOHANA@戸塚(2015/8/2-2020/6/30)の跡地に、2020/8/10オープン。
 店主さんは渡来武学芸大学出身、渡来武といえば新中野武蔵家出身、生粋の家系ラーメンですな。
 「ひなわ」という店名は「三兄弟の名前から取った」とのことで、顔が似ている三兄弟で営業されています。

クリックすると拡大します

 立地はちょっとだけ分かりにくいけど、餃子の王将の左手を入ってすぐ。
 店名に「地鶏豚骨」と冠が付きますが、地鶏を炊いた鶏白湯スープととんこつスープのブレンド、では無いようです。
 フライヤーに「生ガラ豚骨、地鶏の油を使用した芳醇なスープ」と書かれているので、家系ラーメンのスープではないでしょうか。

クリックすると拡大します

 店内に入り券売機で食券を買います。
 メニューは並ラーメン(もも)780円、並ラーメン(バラ)780円、ひなわつけ麺880円。
 「もも」は薫製もも肉チャーシュー、「バラ」は旨トロバラ肉チャーシューのことです。

クリックすると拡大します

 席配置は厨房を囲むL字カウンター2席と7席、4人掛けテーブルが2卓、計17席。
 先客6人、後客多数、立地が分かりにくいと思っているのは私だけで、地の人には既に認知されているようです。
 お冷やは店員さんがおいて下さり、食券を渡すとお好みを訊かれますので、「柔らかめで」と伝えました。

クリックすると拡大します

 卓上に用意されて調味料は昆布酢、ミックスペッパー。
 家系ラーメン店であれば必ず用意されているおろしニンニクとか生姜とか豆板醤とか、見当たりません。
 それらの調味料は、今後一切置く予定がないのか、現時点では置いていないけど、冷蔵庫には用意されているのか、未確認です。

クリックすると拡大します

 少し待って並ラーメン(バラ)780円、家系お好みは柔らかめ。
 とても家系ラーメンには思えない麺相に、レンゲを差し入れます。
 骨感が残るトロリとしたとんこつスープ、ビシリと利いたかえしは修行先を思い起こさせ、開店三日目とは到底思えない美味しさ。
 地鶏油の香りが、さらに美味しさを引き立てます。

クリックすると拡大します

 短尺平打中太麺、スープの美味しさに一歩も二歩も届いていません。
 渡来武ならば酒井製麺ですが、柔らかめ指定でも麺のエッジが透きとおっておらず、家系ラーメン用麺とは異なる印象です。
 トッピングのバラチャーシューは2枚、柔らかさといい、味の染み具合といい、とても美味しい。
 他は板海苔は1枚、生ほうれん草、茹でキャベツ、薬味ねぎ、思いの外、野菜が多い一杯。

クリックすると拡大します

 食べ終わって「ご馳走様でした」と声を掛けると「ありがとうございます。一度お目にかかったことがありますよね」と言われ。
 うん、お目に掛かったことはあるけど、どこで会ったかは思い出せません。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ふらわさんの行動様式はコロナ以前にもどられたようですね。多くの会社では行動制限や注意喚起がありますがふらわさんがお勤めの会社はどうでしょうか。
Posted by みなみな at 2020年08月13日 09:50
みなみなさん、コメントありがとうございます。

 全く戻っていません。
Posted by ふらわ at 2020年08月13日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187799460
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック