2020年09月01日

念願かなってつくしのこ

/品川横丁の品川亭にて鶏から揚げ定食/つくしのこ/ラーメン松壱家大和店@大和にて醤油豚骨並/

クリックすると拡大します

 品川駅高輪口再開発に伴い、高輪口を出て右手のパチンコ屋に併設された雑居ビルの居酒屋が、品川横丁の二階へ移転。
 品川横丁、ネット情報が皆無なんですけど、、

クリックすると拡大します

 その品川横丁の入口近くに「定食やってます」の看板を見つけ、どれ、食べてみるかと。
 簡単な立て看板は楽だけど、雨が降ったり、風が強かったりしたらどうするんだろうか。

クリックすると拡大します

 ビルの二階に上ると、営業されているのは品川亭のみ。
 他のテナントスペースは、途中まで工事が進んでいるような、いないような。
 世情の流れで居酒屋であっても、改正健康増進法により、店内禁煙。
 フロアの奥に喫煙室が用意されています。

クリックすると拡大します

 入口に立て掛けてあるメニュー。
 全品700円均一で、もつ辛口炒め定食、焼餃子定食、麻婆ナス定食、味付け蒸し鶏定食、鶏から揚げ定食、など。
 ライス、スープ、お代わり自由とあります。

クリックすると拡大します

 店内には数人のお客さん、調度品は移転前のお店から持ってきたような感じです。
 全席テーブルで、24席、22席、18席の64席。
 卓上には一味唐からし、テーブルコショー、食卓塩、辣油。
 料理が出来上がると、調理人自ら対面ではなく隣に回り込んで配膳して下さり、「焼そばも出来ます」と紹介して下さいます。

クリックすると拡大します

 程なくして鶏から揚げ定食700円
 日本人の感覚だと、ご飯は必ずお茶碗によそいますが、こちらでは大きめの食器へ。
 鶏肉の唐揚げは揚げたてで美味しく、この量のごはんでは到底足りない。
 スープは野菜の端材を煮込んで味付けした感じで、トマトの酸味がいい感じです。

 無料でお代わり自由とあれば、お代わりしないと損した気分になるので、ごはんとスープをお代わりしました。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お誘いいただき、長年の念願がついに叶って、つくしのこ
 初代が「つくし」、二代目になって「つくしのこ」だそうです。
 いわゆるここが日本酒の聖地、全国の蔵元が飲みに来るお店、形態は居酒屋でしょうか。

クリックすると拡大します

 お店から認められた人しか予約できないので、予約困難ではなく予約不可です。
 もちろん私は誰からも認められていないので、指をくわえてじっと待つこと10年。
 飲み物は日本酒と和らぎ水しか出さないこともあり、店内には全国の蔵元の前掛けが所狭しと飾られています。
 クーラーの上には、松尾大社を祀った神棚があります。

クリックすると拡大します

 全席テーブルで、1階が20席ほど、2階が8席。
 の店内を2代目と先代の奥様の2人で切り盛り、、って奥様は料理担当ですので、2代目が料理とお酒を配膳します。
 世情の影響でテーブルにはアクリル板が設置されています。
 お任せのコースのみ、料理は「お酒のつまみ」程度ですが、必要にして十分。

クリックすると拡大します

 乾杯は獺祭のスパークリング、一般売りされていないつくしのこ専用の日本酒です。
 獺祭はすっかり飲まなくなったなぁ、とても美味しいお酒だけどなぁ。

クリックすると拡大します

 夏茄子の浅漬け、でしょうか。
 料理の説明は基本的にありませんので、美味しい、美味しいと言いながら食べるだけです。

クリックすると拡大します

 日本酒は一升瓶ではなく一合瓶に小分けし、とおるさん(2代目のお名前)手書き紙が巻かれて渡されます。
 改めて説明する必要はないんですけど、数百種類の日本酒が用意されているそうで、一応「リスト」もあるけど、リストを見て注文する人はいません。
 一升瓶のラベルを見て一喜一憂するとか、見栄えする料理に盛り上がるとか、一切ありません。

クリックすると拡大します

 つまみにしては美味しすぎる刺身の盛り合わせ。
 シマアジ、タイ、ヒラメ、マダイ、サーモン、だったかな。
 まるっきり家庭料理のような厚切りですが、これがまた日本酒によく合って、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 日本酒は十四代とか而今とか、なんの隔たりもなく出される。
 飛露喜もさらっと出てくる。
 コップは一つで変えずに飲む、この飲み方が大好きで、どんなお店でもそうしたいほど。

クリックすると拡大します

 焼き子持ちニシン。
 一匹を四人食べるのは難しそうに思えて、こっそり多めに食べる私。

クリックすると拡大します

 続けて鶴齢、不動、永君。
 あれも美味しい、これも美味しい、どれも美味しい、全部美味しい。

クリックすると拡大します

 キュウリと白ゴーヤだったかな、小魚はなんだったっけ。
 日本酒談議が止まらないので、料理が二の次になってしまっている。

クリックすると拡大します

 茗荷仕立ての冬瓜のスープ。
 どの料理も美味しくて、取り合いにはならないけど、少しも残らない。

クリックすると拡大します

 キュウリとカブの漬け物。
 しかしまあ、とおるさん1人で料理を運びつつ、日本酒の注文をきいて間違えずに届け、凄いよね。

クリックすると拡大します

 オムレツ。
 温かい料理が続くと、自然と燗付けが飲みたくなりますね。

クリックすると拡大します

 チロリにも名札を巻いて、階段を上って2階まで運んで下さる。
 不老泉(ふろうせん)、このお酒を燗で飲まずして何で飲むのか、な。
 日本酒の会や日本酒を楽しむ会でも、ここまで日本酒を追い込んで飲むことはしません。

クリックすると拡大します

 日本酒飲み放題(実際は本数制限があるらしい)、時間無制限(とは言え22時半閉店)、一通りの料理で5,500円(税込)って、昭和の値段かよっ
 いゃー、美味しかった、楽しかった。
 お誘いいただき、ありがとうございました。

クリックすると拡大します

 そのまま帰るべきだし、帰ることを最優先するべきだけど、
 自宅方向と微妙に異なりながら向かった、ラーメン松壱家大和店@大和(大和市中央)公式ホームページ
 お店に着いたのは23:15、終電まで1時間強、閉店までは1時間弱。
 飲んだ後でラーメンを食べること自体が久し振りですし、21時以降にラーメン食べるのも思い出せないくらい久し振り。

クリックすると拡大します

 毎月1日は松壱の日、ラーメン一杯をワンコイン、店舗限定で提供しています。
 今月は、藤沢本店と大和店のみで実施されています。
 通常750円のところが500円、250円安くラーメンを食べるために電車代230円を掛ける男。
 つか、ラーメン食べてないで、早く家に帰れって。

クリックすると拡大します

 『伝統の千葉産超特級濃口醤油使用の秘伝の醤油タレ。九州産の新鮮な生骨から丁寧に炊き上げた極上濃厚豚骨スープ、そこに味と香り引き立つ厳選された小麦から切り出される最高級もっちり中太麺が絡み合う「醤油豚骨ラーメン」』 
 『北海道産の特選赤味噌とニンニク・生姜、そして秘伝の醤が合わさる特製みそタレ。九州産厳選素材使用の超濃厚豚骨スープと、もっちり中太麺が絡み合う。北の大地と南の大地が生み出すパンチとパワーのコラボレーション!!「みそ豚骨ラーメン」』
 藤沢本店では醤油と塩、大和店では醤油と味噌、とくれば味噌を食べるべきですが。

クリックすると拡大します

 こんな時間でも先客3人、後客2人。
 少し待って醤油豚骨並500円、家系お好みは麺柔らかめ。
 極上濃厚豚骨スープを味わってみると、こんな時間でもあたっておらず、しっかりした美味しさ。 
 ワンコインと言うことだけではなく、食材を改めて告知する限定メニューですので「ひょっとして店内炊き?」と頭をよぎりましたが、よぎっただけ。

クリックすると拡大します

 中西食品の中太麺は「もう少し柔らかくして」的な食べ応え、スープにとてもよく合います。
 トッピングは豚バラ巻きチャーシュー、板海苔三枚、茹でほうれん草、ウズラの玉子1個。
 途中で豆板醤とおろしニンニクで味変を楽しみました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> まるっきり家庭料理のような厚切りですが、これがまた日本酒によく合って、とても美味しい。

ふらわさんのお家では、スーパーの見切り品のさし盛りしか出て来てませんが、まるっきり家庭料理となぜ思われたのでしょうか?
Posted by 碧 at 2020年09月04日 13:02
> 料理が出来上がると、調理人自ら対面ではなく隣に回り込んで配膳して下さり、「焼そばも出来ます」と紹介して下さいます。

定食を頼んだ客に焼きそば?
聞き間違いじゃなければ、よっぽどの大食漢だと思われたのでしょうか?

> 日本人の感覚だと、ご飯は必ずお茶碗によそいますが、こちらでは大きめの食器へ。

ご飯の器よりトレイの上の食器の配置を気にしましょうよ。(笑)
Posted by tomoco at 2020年09月04日 22:02
碧さん、コメントありがとうございます。

> まるっきり家庭料理となぜ思われたのでしょうか?

 同席の友人がそう言っていたので、私もそう思って、そう書きましたが。
 家庭料理ではないでしょうか。
Posted by ふらわ at 2020年09月05日 08:46
tomocoさん

> 定食を頼んだ客に焼きそば?

 tomocoさんって、あんまり外食されないのでしょうか。外食されても同じお店ばかり行くのでしょうか。
 「焼そばも出来ます」とは「今日は(表のメニューに書かれている)鶏から揚げ定食を食べて下さいましたが、(表のメニューに書かれていない)焼きそばもできますので、また食べに来て下さいね」という意味だと思いますけど。

> ご飯の器よりトレイの上の食器の配置を気にしましょうよ。

 器の配置は自分で並べ替えています。理由はお分かりだと思いますけど。
Posted by ふらわ at 2020年09月05日 08:51
> 器の配置は自分で並べ替えています。理由はお分かりだと思いますけど。

答えは・・・
@ 育ちが悪いから!
A 日本人では無いから!
当たりですか?

それと私の質問をはぐらかして逃げましたねw
Posted by 碧 at 2020年09月05日 12:45
碧さん、コメントありがとうございます。

 育ちが悪いと器を並び替えるんですか?日本人以外でも?
 全く違いますね。
Posted by ふらわ at 2020年09月05日 14:16
私はコメントでの絡みOKですので、碧さんのコメントに真摯に回答してくださいね♪

> (表のメニューに書かれていない)焼きそばもできますので、また食べに来て下さいね」という意味だと思いますけど。

はぁ?

> 器の配置は自分で並べ替えています。理由はお分かりだと思いますけど。

写真からは何も伝わってきません。ぜひ教えてください。
Posted by tomoco at 2020年09月05日 19:45
tomocoさん

 写真では何も伝えていませんので、伝わっていなくて安心です。
Posted by ふらわ at 2020年09月05日 23:44
>育ちが悪いと器を並び替えるんですか?日本人以外でも?

どうも理解いただけないようですね。
器の並べ方も知らない(躾けられていない)お育ちなんですね!って意味ですよ。
Posted by 碧 at 2020年09月08日 08:33
碧さん、コメントありがとうございます。

 ああ、そうでしたか。
 失礼しました。
Posted by ふらわ at 2020年09月09日 23:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187872956
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック