2020年09月07日

爽やかな拉麺

/横浜家系ラーメン銀家 横浜西口店にて銀家ラーメン/ラーメン庵@和田町にてビール、爽麺/晩酌/

クリックすると拡大します

 朝から酷い雨、とてもではないが駅までバイクでは行かれない。
 女房を起こして駅まで送ってもらうのが最善手としたら、今日は次善手のバスで向かいます。
 人間は考える葦である、とは行ったのは誰だったか。

クリックすると拡大します

 お昼はお手製のお弁当で済ませ、雨が降ったり止んだりの中を、横浜家系ラーメン銀家 横浜西口店@横浜(横浜市西区南幸)へ。
 日吉の本店から始まって、伊勢佐木町、戸塚、大和、札幌に続く6店舗目として、2020/2/22オープン。
 吉村家裏手の山崎家隣の立地を、有り得ないと最悪に考える人と、この地にこそ商機ありと考える人と。
 経営母体はまつざき商事、公式ホームページが無いので、バイト募集からの推測です。

クリックすると拡大します

 暖簾をくぐるとドンと券売機、観音開きのドアにはフラグシップメニューと、メニューラインナップと。
 営業時間外は戸を閉めて施錠するのでしょうけど、このタイプは初めてです。
 右下に「2F席あり」とありますが、未確認です。

クリックすると拡大します

 各種タッチ式電子マネー対応の券売機、ボタンが色分けされていて分かりやすい。
 メニューは銀家ラーメン750円、赤辛銀家ラーメン900円、鬼辛銀家ラーメン1,000円、極こってりラーメン900円、まぜそば880円。
 たれは醤油のみ、流石は生粋の横浜家系ラーメンを名乗るだけのことはありますね。
 トッピングにキャベツ、手作り角煮などもあり、ご飯物も揃っています。
 ライス無料、おかわり自由と大きく書かれていますが、9:30-17:00の時間帯のみ。

クリックすると拡大します

 店内に入ると左壁に大きく銀家のマーク。
 反対側の壁はスープ、麺、たれの説明。

クリックすると拡大します

 席配置は、奥の厨房に面したカウンター3席、左壁向きカウンター席6席、右手に4人掛けテーブルが2卓。
 卓上には白胡椒、フライドガーリック、酢、豆板醤、おろしにんにく、ふりかけ、すりごま。

クリックすると拡大します

 店員さんに食券を渡すと家系お好みを訊かれますので、麺の硬さ(お店によって「硬さ」「固さ」の揺れが気になる)だけお願いしました。
 麺の増量は家系ラーメン店にしては珍しく、大盛りだけではなく、替玉も出来ます。
 替玉は麺中盛りの110円より安い100円、極細麺とのこと。

クリックすると拡大します

 程なくして銀家ラーメン750円、家系お好みは麺柔らかめ。
 銀家の店主さんの修業先は吉村家と聞いていますが、(吉村家と)同じ方向で勝負しても勝負にならないでしょう。
 そんな中で選択したと思われる薄味路線のスープ、豚感より鶏感を強めに、それでいて豚を忘れない塩梅の味わい。
 醤油たれのほどよさも含めて、美味しいなぁ。

 この味わいは、昔っから家系ラーメンの人とか、これから家系ラーメンの人には、薄くて味がしないと感じられるかも知れません。
 私は程々の家系ラーメンですから、この塩梅が一番美味しく感じます。
 言い方を変えると、濃厚な家系ラーメンを一通り食べて、一回りした感じかな。

クリックすると拡大します

 短尺平打中太麺は丸山製麺、柔らかめ指定でも硬さを感じるのは、スープが薄味だからだろう。
 トッピングは厚めの豚バラ巻きチャーシュー、そこその硬さを保つ板海苔三枚、冷凍物を思わせる茹でほうれん草。
 私にしては珍しく、有料のライスで家系海苔巻きを食べようと思いましたが。
 追加のライスを買うには店先の券売機に行かなくちゃならないし(面倒くさい)、現金追加しようにも店内に告知は見当たらないし(小心者)。

クリックすると拡大します

 麺が残り少なくなったところで、お楽しみの味変タイム。
 今日はフライドガーリックと豆板醤、すりごまで味変してみると、ちょっと物足りない感じ。
 生のおろしニンニクでないとダメなのか、次回をお楽しみに。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 遅めの夕飯は、ラーメン庵@和田町(横浜市保土ヶ谷区和田)へ。
 先週、開店一周年を迎えて、おめでとうございます。
 なんですけど、相変わらず電話は無いわ、ツイッターやインスタグラム等の情報発信はしないわ。
 不定期にラーメンを切り替えているので、そのお知らせだけでもお願いできないものだろうか。

クリックすると拡大します

 今夜もノーゲス、今夜も私のためだけのプライベートレストラン(ラーメン屋で悪かったな)。
 偶数日と奇数日ではメニューを変えていて、今は奇数日に爽麺、偶数日にタンタン、今日は奇数日。
 訊けば爽麺は7月から、タンタンは8月から始めたとのこと。
 今月一杯は続けるけど、来月も暑ければ継続するとのこと。

クリックすると拡大します

 先ずはビール350円で、今夜は和田町で一人お疲れ様会。
 チャーシューを刻んで味付けし、ネギをあしらったお通し。
 このお通しが何てことの無いキリンラガービールを、他では味わえない美味しいビールに変身させる。
 ビールを飲みながら、ラーメン談議しながら、爽麺650円

クリックすると拡大します

 煮干しや鰹節などに加えて干し牡蠣などを合わせて煮出した冷たいスープ。
 もの凄く美味しいと言うことでは無く、この店で無ければ味わえない美味しさ。
 合わせる麺はこのメニュー専用の切刃30番の極細麺、麻生製麺。
 少しだけ固めに茹で上げ、冷水で締めてかなり固く仕上がります。

クリックすると拡大します

 トッピングはチャーシュー、メンマ、ワカメ、万ネギ、センターに揚げネギ、フライドガーリック、豆板醤。
 どこにでもあるありきたりな食材を調理、組み合わせて仕立てた麺料理を、ラーメンと言います(諸説あります)。
 特別な美味しさを組み上げたり、特別な華やかさを放つラーメンも好きですが、日々の食事として立ち位置のラーメンが好きです。

クリックすると拡大します

 麺が1/3程になったところで「お好みで」と、(写真には写っていませんが)勧められた酢を回しかけます
 元々さっぱりした味わいなので酢でさっぱりさせる必要性は感じませんが、酸味での味変も面白い。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 晩酌
 新潟の蔵元である原酒造が醸す 越の誉 『新潟限定』大吟醸無濾過原酒。
 コロナ禍で行き場を無くしたお酒たちを送り出したい!にて支援した日本酒、最後の一本。
 まー、どこにも引っかからずにスイスイと飲みやすい大吟醸だこと。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>私は程々の家系ラーメンですから、この塩梅が一番美味しく感じます。


見直してから上げた方が笑い者にならなくてお薦めですよ!
Posted by 佐知子 at 2020年09月08日 08:30
佐知子さん、コメントありがとうございます。

 あらっ、これから気を付けます。
Posted by ふらわ at 2020年09月09日 23:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187890928
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック