2020年09月10日

そば、うどん、らーめん

/ゆで太郎西五反田本店にてマシマシ肉野菜そば(冷)、焼きのり、コロッケ/Japanese UDON noodle lab 麺屋 坂本01@大森にてサラダうどん/石山商店@小田急相模原にてかき玉らーめん/

クリックすると拡大します

 朝は、ゆで太郎西五反田本店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン展開する路麺店、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛。
 本店は自身の生活圏から微妙に外れているので、ちょっぴり行きにくく、訪問の間が空いてしまいました。

クリックすると拡大します

 店先には全体のメニュー、舞茸たっぷりのメニュー、夏麺のメニュー、と並んでいます。
 レギュラーメニューはともかく、食べていないメニューが多すぎます。
 ま、ひとつひとつ、食べていきましょ。

クリックすると拡大します

 まだまだ導入が進んでいない、タッチパネル式券売機。
 向かって左側が高額紙幣対応機、右側が交通系ICカード対応機。
 私は交通系ICカードで購入したいので、右が使われていれば左が空いていても右を待ちます。

クリックすると拡大します

 今朝はマシマシ肉野菜そば(冷)650円、焼きのり100円、クーコロ
 何を食べているのか分からないほどの野菜盛り、野菜は下処理してあってお蕎麦との親和性も高く、とても食べやすく美味しい。
 茹でられた豚バラ肉はポンと乗せられた盛り付けですが、野菜を崩しつつ、一緒に頂きます。
 あっ、すりごまを少し振ってみましたが、とても香ばしいです。

クリックすると拡大します

 多めの野菜に押され気味のお蕎麦も美味しく、海苔は途中からぱりぱりと直食い。
 揚げたてのコロッケ、今朝はソースや塩を掛けず、蕎麦つゆに浸して頂きます。
 色々な食べ方を楽しめるので、何回食べても飽きません。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は、Japanese UDON noodle lab 麺屋 坂本01@大森公式ツイッター)へ。
 公式ツイッターと公式インスタグラムで新メニューの告知、これはいかねばねば。

クリックすると拡大します

 店先に立てられたメニュー写真の立て看板、使い方が間違っているというか、斬新な使い方です。
 告知が特になかったか、私が見逃していて、なす天とネギ天が始まっています。
 店内で飲めるならなぁ、叶わぬから夢、叶えるのが夢。

クリックすると拡大します

 店内を覗いて席が空いていることを確認してから、店内へ。
 券売機が小さめでちょっと分かりにくいのですが、事前に食べるメニューを決めておけば大丈夫。
 天ぷらは注文が入ってから揚げるので、客回転は良くありません。
 店先で10分、注文してから5分は待てる人のみ、美味しいうどんか食べられます。

クリックすると拡大します

 店内で10分ほど待って、サラダうどん960円
 9/9から販売が開始され、1日10食限定。
 うどんが見えないほど豪勢に盛り付けられていて、麺の上に水菜と海藻麺、交互にミニトマトとせせりの天ぷら。
 センターに牛しぐれを高々と盛り付け、トップに白髪ねぎ。

クリックすると拡大します

 メニュー名の「サラダ」のイメージから、多種多様の野菜などを盛り付けているのかと想像していました。
 あくまでもうどんを味わってもらうためのサラダ、このサラダがとても美味しい。
 うどんとの相性抜群の牛しぐれもたっぷり乗っていて、全体の美味しさをさらに美味しくしています。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、石山商店@小田急相模原公式ツイッター)へ。
 今月は火曜日が定休日なので、週替わりの限定メニューは水曜日スタート。
 店先にらーめんの幟が、、2月からあるらしいけど、全く気が付きませんでした。

クリックすると拡大します

 今週の限定メニューはかき玉ラーメン(店先にも写真が貼られています)。
 『少し酸味のあるスープにかき玉、豆苗、鶏挽き肉、トマトの甘酢漬けをあしらいました。軽くラー油がかかっていますが辛さはあまりありません。』
 毎週出すのはパワーが必要で、他の事にパワーを割きたいので、近々(未定)、月替りにするそうです。

クリックすると拡大します

 大抵はノーゲスですが、今夜は先客1人。
 ということでビール500円、今夜はオダサガで一人お疲れ様会。
 ここのところ、キリンラガービールをとんと飲まなくなり、随分と久し振りです。

クリックすると拡大します

 程なくしてかき玉らーめん850円
 ずっと限定メニューしか食べていないので、たまにはレギュラーと思いつつ、今夜も限定メニューを。
 鶏清湯スープに溶き卵を合わせているので鶏白湯に見え、ほんのりと酸味、全体的に旨味、このバランスがとても美味しい。
 たっぷりの鶏挽肉とトマトが、酸辣湯麺とは一線も二線も画し、豆苗の彩りも鮮やかに、辣油でほんのり香り付け。

クリックすると拡大します

 各中太麺は菅野製麺所、少し柔らかめに茹で上げられていて、スープとよく合います。
 食べるにつれ、鶏挽肉がスープに馴染んでいき、全体がほんのりと甘くなって、柔らかい顔つきに変わります。
 途中からライスを入れようかと思いつつ、店主さんと話していたらスープが無くなっていました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187900701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック