2020年09月22日

相模原の先へ

/彼岸花/中華そば麺や六助@相模原にて中華そば/らーめん武蔵堂 相原大戸本店@町田市相原町にてみそトマトラーメン並/

クリックすると拡大します

 朝起きて、そろそろ咲いていると玄関先を見てみると、咲いていた彼岸花
 出勤、帰宅時には全く気が付いていなくて、慌ててカメラを用意して撮ったんだけど、まずまず。
 古いカメラだからピントが合わなくなってきていて、手動なのが辛い。

クリックすると拡大します

 お昼は、中華そば麺や六助@相模原(相模原市中央区相模原)公式ツイッター)へ。
 2010/10/28オープン、202/6/5リニューアル、なんだけどリニューアル前は未訪。
 相模原駅から徒歩数分ですが、お店自体を知りませんでした。

クリックすると拡大します

 お店は六角堂グループですので、リニューアル前は博多とんこつラーメンだったようです。
 で、魚介(煮干し)ラーメンにリニューアルしたそうです。
 リリューアルした理由というか、目的を知りたかったのですが、ネット検索が下手くそで見つけられず。
 ちなみに営業時間は11:00-15:00 18:00-23:00、日祝は11:00-15:00、不定休です。

クリックすると拡大します

 店内に入り、券売機で食券を買います。
 メニューは中華そば800円、塩そば800円、つけそば900円、濃厚中華そば900円。
 和え玉は生玉子付250円、一玉200円、半150円が用意されています。
 トッピングのチャーシューが秀逸で、花びらレアチャーシュー300円、バラチャーシュー300円、鶏チャーシュー300円、ミックスチャーシュー380円と揃っています。

クリックすると拡大します

 席配置は右手に4人掛けテーブル、左手にL字カウンター2席と5席、計11席。
 卓上にはテーブルコショー、昆布酢、一味唐からしが用意されていますが、いずれも容器がデカイ。
 厨房が奥でワンオペ、ネット検索で見つけられなかった件は全く訊けずじまい。

クリックすると拡大します

 お冷やを飲みながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。
 最近、煮干しや貝類だけでスープを作ることを、「アニマルオフ」とか「動物系未使用」と説明されていることがあります。
 言わんとしていることは分かるのですが、煮干しの原料である魚は動物では無いでしょうか。
 ま、日本語が正しく使えない人に言われたくないか、失礼しました。

クリックすると拡大します

 程なくして中華そば800円
 スープを味わってみると、魚介中心の出汁にしては、かなりしっかりした旨味を感じます。
 醤油たれが控えめなのかも知れませんが、この辺りの調整は私の好みに合っているかどうかではなく、この地のお客さんの好み合っているかどうかが大切。

クリックすると拡大します

 中西食品の細麺はかなり固め仕上げ、スープに合っている様には感じませんが、まだまだリニューアル中とも考えられます。
 トッピングは3種類(豚肩ロースレアチャーシュー、豚バラチャーシュー、鶏チャーシュー)のチャーシュー、茹でほうれん草、揚げネギ、穂先メンマ、三つ葉、刻み紫タマネギ。
 お値段以上の贅沢なトッピングがスープの味を変えてしまう面もあると思えますが、まだまだリニューアル中とも考えられます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、らーめん武蔵堂 相原大戸本店@町田市相原町公式ツイッター)へ。
 2011/12/30オープン、最寄駅は相原駅ですが2.6kmも離れているので、公共機関だけで訪問される人がいるかどうか。
 店名の由来は店主さんの故郷金沢市武蔵町から「武蔵」、修行先の鎌倉の名店「太陽堂」から「堂」。
 オープンが私の低めのラーメンアンテナに全く引っかからず、オープンして8年以上経ってからの初訪問。

クリックすると拡大します

 学生客に人気のラーメン店だと思い込んでいて、店内は低めのカウンター台越しに店員さんとお客さんが和気あいあい、、じゃないんだ。
 厨房を囲むL字カウンター5席と3席、小上がり4席の12席。
 卓上にはコショー、ブラックペッパー(あらびき)。
 口頭注文後会計、さて、何を食べましょうか。

クリックすると拡大します

 とんこつスープとしてしょう油ラーメン750円、みそラーメン800円、とんこつしおラーメン800円。
 とりガラスープとして和風しょう油ラーメン750円、玉ねぎしょう油ラーメン800円、白しょう油(しお)ラーメン800円。
 他に、みそトマトラーメン850円、汁なしまぜそば750円、つけ麺750円、夏季限定メニューの冷しとんこつ750円。
 サイドメニューはぎょうざ400円、金沢カレー300円、

クリックすると拡大します

 先客ゼロ(後客5人)でオーダーしましたが、20分ほど待って、みそトマトラーメン並850円
 逆円錐形の丼に大きなチャーシュー、細切りチーズ、なると、乾燥したネギ、茹でもやし、板海苔と麺が見えないほど盛り付けられています。
 とんこつスープのみそラーメンをベースにされているようで、ホールトマトと思われるトマトがたっぷり入っています。
 とんこつの旨味とトマトの酸味のバランスは絶妙、チーズを溶かしながら頂くと、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 修業店と同じ横浜亭製麺所の縮れ中細麺、良い感じにスープに合っています。
 みそラーメンを食べていないので写真と比較になってしまいますが、細切りチーズ以外のトッピングはみそラーメンと変えていないようです。
 セットメニューとしてリゾットが用意されていますが、まま、今日の所はラーメンだけで。

クリックすると拡大します

 支払いは現金以外に各種クレジットカード、電子マネーに対応していて、なんか都内のラーメン店みたい。
 そんなことより、デスソースが気になるなぁ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 次に伺う予定にしているお店は、夜営業のみなので、開店時間まで待ちます。
 と言っても、バイクを停めておく場所って意外と無くて、勝手に道ばたに長い間停まるのも何かの迷惑になるかも知れないし。
 以前ならコンビニのコーヒーコーナーが定番でしたが。

クリックすると拡大します

 開店時間になっても札はひっくり返らず。
 ま、店内の明かりが点いてから営業の準備を始めるわけだから、開店時間に明かりが点いても遅いわけですが。
 縁が無かったのかな、自身の日頃の行いが悪いのかな。
posted by ふらわ at 23:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> 縁が無かったのかな、自身の日頃の行いが悪いのかな。

コメントで教えてくださいと聞いても自分で調べろっていう人ですからね。(笑)
Posted by tomoco at 2020年09月23日 20:26
tomocoさん

 ですよね〜〜
Posted by ふらわ at 2020年09月23日 21:51
>お昼は、中華そは麺や六助@相模原(相模原市中央区相模原)(公式ツイッター)へ。

店名あってます?
ああ、ふらわさんに聞いちゃいけないんでしたっけ。
Posted by みなみな at 2020年09月24日 21:13
みなみなさん、コメントありがとうございます。

 直しておきました。
Posted by ふらわ at 2020年09月25日 01:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187951310
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック