2020年11月01日

フレンチとお酒

/八王子ホープ軒@根岸にてラーメン/瀬戸酒造店のKura Master 2020 快挙を祝う会/つけめん TETSU CIAL横浜店@横浜にて鶏白湯中華そば/

クリックすると拡大します

 お年頃の私は、1日に複数のイベントをこなすのは無理。
 若い頃は飲み会があれば、その前後にラーメンを食べるのを常としていたのに。
 まま、誰だってそうなるのだろうと、思い浮かべるしかないな。

クリックすると拡大します

 早めのお昼は、八王子ホープ軒@根岸(横浜市磯子区西町)へ。
 らーめんむつみ屋根岸店、らーめん天翔(2011/2-2019/7/28)の跡地に、2019/10/29オープン。
 訪問がオープンして一年を過ぎてしまったのは、伺う度にシャッターが閉まっていたからで、シャッターの写真ばかり5枚撮ってます。
 そんな昔話も、こうしてシャッターが開いていれば全て忘れてしまいます。

クリックすると拡大します

 店内に入って左手に廻ると、ドア側に券売機が置かれています。
 メニューはラーメン710円、カラウマラーメン830円、つまりおそらくスープは一種類。
 麺の中盛りは100円、大盛りは210円、少なめは60円引き。
 せっかくなのでネギラーメンにしようかと思いつつも、ここはひとつ、デフォで。

クリックすると拡大します

 席配置は左側の厨房に面したカウンター6席、右側の壁に2人掛けテーブルが3卓、1卓は未使用。
 前店のらーめん天翔は未訪ですのでネット情報頼りですが、店内はそのままの様です。
 カウンター台越しに店員さんに食券を渡すと、「お好みはございますか?」と訊かれます。
 入口近くの給水器でお冷やを汲んで、端から詰めて座ります。

クリックすると拡大します

 卓上にはブラックペッパー、おろしニンニク、豆板醤。
 これじゃまんま家系ラーメン店じゃないかと思いましたが、どこをどう探しても家系ラーメンという話は聞こえてきていません。
 先客三人、その後、続々とお客さんがいらっしゃって、後客三人。
 厨房の店員さんのワンオペ、お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 10分ほど待ってラーメン710円。お好みは麺柔らかめ。
 構えていたよりかなり大きめ、多めの麺相で、麺が完全にスープに沈んでいます。
 茹でモヤシがたっぷり、薬味ネギもたっぷり、平たいメンマが数枚、どんとミディアムレアの豚肩ロースチャーシュー。
 真っ白く見えるスープは豚骨清湯、これでもかと背脂が溶け込まれていて、スープに溶かさずに上から振り掛ければ背脂ちゃっちゃ系ですな。

クリックすると拡大します

 スープを飲んでみると構えていたよりずっとあっさり味で、とても美味しい。
 醤油味ではなく塩味の方が合いそうな気がするけど、さて、どうだろうか。
 極太麺は他の八王子ホープ軒の様に自家製麺ではなくマルミ食品、食べ応えありますねぇ。
 スープより麺が勝ってしまっている印象ですが、何度か食べるとそうでもないんじゃないかな。

クリックすると拡大します

 卓上の調味料が気になって、おろしニンニクと豆板醤をふたさじ乗せ、パパッと黒胡椒を振ってみました。
 麺に負けていたスープがすっくと立ち上がり、イーブンまで持ち上がってきました。
 ラーメンに胡椒を使うことは少ない私ですが、たまには使ってみるのもアリですね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 根岸から桜木町まで電車で、新南口からでて、川を渡ります。
 このラクシスフロントには、ついこの前に来たばかり。
 つか、こんな短期間でもう一度来ることになるとは思っていなかったのだけれど。

クリックすると拡大します

 2020/8/5にオープンしたフレンチ コンチネンタル Universal Dining ONEへ。
 久し振りのフレンチ、フレンチなんだけどかなりラフなスタイル。
 貸切ではなく半分位のスペースで開催されましたが、残りの半分にお客さんが入っているのはいいですね。

クリックすると拡大します

 ちがさき粋酔会の主催で、瀬戸酒造店のKura Master 2020 快挙を祝う会
 プラチナ賞1本、金賞8本を受賞し、その全てを コンチネンタル・キュイジーヌをコンセプトとした料理に合わせる。
 蔵自体は復活して3年しか経っていないけど、お酒の美味しさは年月とは関係ないのだろう。

クリックすると拡大します

 先ずは瀬戸酒造店の森社長自ら、蔵創設(復活)の裏話と、蔵の方向性を説明して下さいます。
 半分位は蔵復活の時に聞いた話でしたが、初めて聞く話しもあり、とても貴重な話でした。

クリックすると拡大します

 今日は飲み物が日本酒、料理がフレンチの組み合わせ。
 日本酒は全部で8種類飲んで、そのいずれもがとても美味しい日本酒でしたので、すっかり飲み過ぎてしまいました。
 その日本酒をフレンチに合わせると言っても、お店が普段通りに提供される料理に、懐の深い日本酒を合わせることが殆ど。
 今回は、お店の方が蔵まで出向いて日本酒の味を確認し、その味に料理の味を調整されたとのこと。

クリックすると拡大します

 食前の一口 からすみとカラフル大根
 一杯目はセトイチでしたが、そこはフレンチレストラン、いったんデキャンタしてから注いで下さいました。
 もちろん、なんでもデキャンタすればいいと言うことでは無く、お酒の味を確認し、料理とのマリアージュを考えてのこと。

クリックすると拡大します

 バケットは際限なく出されます。
 パンの種類を訊き忘れましたが、オリーブオイルを付けて美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 前菜 松輪鯖(まつわさば)とゴルゴンゾーラのサラダ アボガドと蟹の手鞠仕立て
 冷たい飲み物は口当たりは美味しいけど、身体に負担が掛かります。
 だからといって冷や(常温)というわけにはいかないけど、瓶を持つと1滴も結露していなくて、最高の温度管理。

クリックすると拡大します

 スープ 木の子のポタージュ
 フレンチもイタリアンも寒い国の料理なので、身体を温めるスープが早い段階で出されますね。
 ここまで味と一つにするには何日も掛かっていると感じさせる、お代わりしたいほど美味しいスープ。

クリックすると拡大します

 魚料理 平目のクルトン焼き 雲丹のクリームソース
 ふわっと焼いた白魚にソースを合わせる料理は、私が知らないだけかも知れないけどフレンチ独特なんじゃないかな。
 ゆっくりと白ワインを合わせたいところ、今日の日本酒はその代役を十二分に務めます。

クリックすると拡大します

 肉料理 牛フィレ肉の低温ロースト 山葵ソース 赤米のリゾット添え
 ここのところ、肉料理と言えば焼肉ばかりだったので、フレンチとしての肉料理がとても嬉しい。
 日本酒に合わせると言うことで、食べられる稲穂が添えてあります。

クリックすると拡大します

 デザート 酒粕のチーズケーキ、お米と牛乳のアイスと共に抹茶ソースで
 酒粕でチーズケーキが作れるのか、実際に作ってあるし、とても美味しいし。

クリックすると拡大します

 コーヒーか紅茶 ワガママを言ってエスプレッソ。
 料理が美味しいのでお酒が進み、お酒が旨いので料理が進み、あっという間の三時間。
 素晴らしい会を企画して頂き、その会にお声掛け頂き、ありがとうございました。

クリックすると拡大します

 その後、クールダウン後に乗換駅の横浜駅に隣接したCIAL横浜へ、店内案内を確認して、地下三階へ。
 早めの夕飯は、つけめん TETSU CIAL横浜店@横浜(横浜市西区南幸)公式ホームページ)へ。
 2020/7/1オープン、レストランフロアなので、店先の写真が難しいなぁ。

クリックすると拡大します

 店舗限定のラーメンがあると聞いていて、そのラーメン狙いで伺いました。
 キッチン上部のメニューを眺めると、油そばと鶏白湯中華そばが店舗限定メニュー。
 えっ、限定メニューは一つじゃないのか、、、
 見なかったことにして、聞いていた方の限定メニューにしよう。

クリックすると拡大します

 券売機を見ると、つけめん880円、あつもり880円がレギュラーメニュー。
 店舗限定メニューとして鶏白湯中華そば900円、油そば900円。
 期間限定メニューとして煮干鬼脂中華そば900円、ご飯物が釜焼きチャーシュー丼390円。
 交通系ICカード対応機なのが助かりますね。

クリックすると拡大します

 座席はコの字カウンター12席、なんだけど、ソーシャルディスタンスでコーナー席は使用禁止、つまり10席。
 確かにコーナー席は飛沫感染が心配ではあるけど、これだけオープンな場所で、ソーシャルディスタンスする必要、あるかなぁ。

クリックすると拡大します

 卓上には酢、柚子八味、特選胡椒、揚げ葱。
 お冷やは給水器からもポットからも注げます。

クリックすると拡大します

 程なくして鶏白湯中華そば900円
 鶏ガラを強火で煮出して旨味を凝縮させた、王道的製法と思われる鶏白湯スープに黒胡椒を振ってTETSUらしく仕上げてあります。
 豚骨スープも美味しいけど、鶏白湯スープも美味しい。

クリックすると拡大します

 角中太麺はスープとの相性に若干の隙間を感じますが、多めのネギと合わせながら食べると好相性になる不思議。
 一口では食べられないほどの丼半分を覆う釜焼きチャーシュー、肉そのものが美味しいし、スープともよく合うし。
 鶏つくねは二つ、一つはチーズを、一つは大葉を練り込んであり、手が込んでいますねぇ。
 他には酸味を利かせた浅漬けのヤングコーン、カイワレ大根。

クリックすると拡大します

 せっかくなので卓上の調味料を使ってみようと、揚げ葱と柚子八味と合わせてみました。
 柚子八味はまずまず、揚げネギははてな、どちらも鶏白湯スープには不要でした。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>フレンチもイタリアンも寒い国の料理なので、身体を温めるスープが早い段階で出されますね。

流石ふらわさんは博識だわ!私もメモして友達に話して得意顔しちゃおう!
Posted by 明子 at 2020年11月02日 03:02
>バケットは際限なく出されます。
>パンの種類を訊き忘れましたが、オリーブオイルを付けて美味しくいただきます。

バケットがなんだか知らないのに書いてるのがよくわかる文章ですね。知らないことばを使うと無知なのがばれますよ。
Posted by みなみな at 2020年11月02日 17:53
明子さん、コメントありがとうございます。

 皆知っていると思いますけど。
Posted by ふらわ at 2020年11月03日 00:30
みなみなさん、コメントありがとうございます。

 無知がばれる?
 無知を隠したことはありませんが、隠していなくても「ばれる」と言うのでしょうか。
Posted by ふらわ at 2020年11月03日 00:31
>無知を隠したことはありませんが、隠していなくても「ばれる」と言うのでしょうか。

そうですね、言葉の定義からすると「ばれる」は間違いかもしれません。
しかし、それを言うなら間違いだらけの自身の文章に問いかけてみてはいかがでしょうか?
Posted by みなみな at 2020年11月03日 22:48
みなみなさん、コメントありがとうございます。

 おっしゃる通りです。
Posted by ふらわ at 2020年11月05日 07:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188084946
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック