2020年11月05日

新しい振られ方

/えきめんや 金沢文庫店にてヤンニョムチキンそば/麺屋 煮干と鶏 ひんな@弘明寺にて芳醇牡蠣蕎麦/味付き替え玉(ハーフ)/つけ蕎麦 ツヅラオ代々木上原店にてトマトつけ蕎麦、鶏天/

クリックすると拡大します

 朝はえきめんや 金沢文庫店公式ホームページ)へ。
 力こぶを作って全店制覇を狙っているわけではなく、行く先々でタイミングが合えば食べるようにしています。
 もうさ、朝からお蕎麦でお腹いっぱい、のお年頃ではないので。

クリックすると拡大します

 気にしていませんでしたが、冬季限定メニューが販売開始しています。
 『コチュジャン、唐辛子、蜂蜜などが入った濃厚な甘辛ヤンニョムダレを使用。ボリューム満点の鶏唐揚げと絡めました』
 実に美味しそう。

クリックすると拡大します

 交通系ICカード対応の券売機を見ると、単品販売以外にミニ丼セットも用意されています。
 朝からご飯付きのお蕎麦は無理ですって、値段が800円近いのも無理ですって。

クリックすると拡大します

 席配置は一番奥に壁向きカウンター2席、半分に仕切られた4人掛けテーブルが2卓、半分に仕切られた立ち食い4人分テーブルが2卓。
 受付に七味唐辛子はありますが、卓上に調味料は用意されていません。

クリックすると拡大します

 程なくして、ヤンニョムチキンそば500円
 えきめんや歴が低いので分かっていないのですが、お蕎麦でレンゲの使い方が分かりません。
 そばつゆをレンゲですくって飲むのだろうか、私は丼に直接口を付ける飲み方しか知りません。

クリックすると拡大します

 路麺店を食べ歩いていても、そばつゆの味の違いは分かりますが、お蕎麦の違いは分かりにくい。
 まま、頭でっかちに考えずに、どのお蕎麦も美味しいって食べたらいいんですよね。
 種物は鶏唐揚げ、茹でほうれん草、白髪ネギ。
 白髪ネギが乗ったら薬味ネギは省かれるようです。

クリックすると拡大します

 ヤンニョムをまとった鶏唐揚げ、とても美味しい。
 お蕎麦に合わせる必然性が分からないけど、美味しいからいいか。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 新規オープンしたと情報を得たお店へ、お昼に行ってみたら。
 オープンしているどころか、店舗の工事すら始まっていませんでした。
 間違えて定休日に行ってしまったり、臨時休業にぶちあったり、移転してしまってもぬけの殻だったり、いろいろな振られ方をしていますが。
 工事前の店舗に行ってしまったのは初めて、なんてこった。

クリックすると拡大します

 お昼は、麺屋 煮干と鶏 ひんな@弘明寺(横浜市南区六ツ川1-50)公式ツイッター)へ。
 2020/11/1オープン、立地は弘明寺駅から徒歩2分、横浜家系ラーメン萩原家弘明寺店(2011/11/18-2020/9/26)の跡地。
 「ひんな」とはゴールデンカムイを知っていれば「あー、『ヒンナヒンナ』ねー」と分かる言葉。
 ゴールデンカムイを知らない人はググってね。

クリックすると拡大します

 店先には、メニューが紹介されています。
 横浜の人にとって、濃厚煮干(セメント煮干)だったら、すぐに丿貫出身、丿貫インスパイアを連想されるようです。
 煮干だけでなく、蟹、牡蠣と揃っているので、躊躇せず「丿貫インスパイアです」と言い切る人もいそうです。
 ラーメン二郎や濃厚豚骨魚介つけ麺、家系ラーメンほど飽和したジャンルならともかく、駅の反対側に丿貫インスパイアを出すかなぁ。最近は関係ないのか。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、右手壁側に券売機があります。
 メニューは濃厚煮干蕎麦800円、濃厚海老白湯850円、濃厚蟹白湯900円、芳醇牡蠣蕎麦950円、淡麗醤油800円。
 和え玉ではなく替え玉、ハーフも用意されています。
 ハーフは替え玉だけじゃなくて全ラーメンにも対応しているので(麺量だけが半分になり値段は50円引き)、店内連食される方はありがたいですね。
 ちなみにハーフは、新横浜ラーメン博物館などのラーメンコンプレックスなどにあり、最近では紬@白楽で見かけました(紬はハーフではなくミニ表記)。

クリックすると拡大します

 ラーメンと替え玉の食券を合わせて店員さんに渡し、タイミングを見計らって替え玉をコールするシステム。
 席配置は厨房を囲むコの字カウンター、4席、5席、1席の10席。

クリックすると拡大します

 先客3人、後客5人、卓上にはにんにくオリーブ、煮干酢。
 各席には目玉を付けたパワーストーンが置かれていて、「守り神みたいなもんス」と。

クリックすると拡大します

 程なくして芳醇牡蠣蕎麦950円
 『大量の広島産の牡蠣を使用、さらに牡蠣のオイル煮をのせて、贅沢な一品です』
 味わった感じでは、煮干し白湯と鶏白湯をブレンドした濃厚煮干蕎麦のスープに、牡蠣スープを更にブレンドし、牡蠣オイルを掛けた味わい。
 滑らかな舌触りと共にトッピングされた牡蠣の身も相まって、十分に牡蠣を感じられるとても美味しいスープ。

クリックすると拡大します

 細麺は菅野製麺所、このスープにこの麺ありの定番が事なかれ主義に感じられて、ちょっと残念。
 そうは言っても商売だからなあ、誰もが美味しければ高くても良いとは思わないだろうし。
 トッピングは都度スライスの豚肩ロースチャーシュー、穂先メンマ2本、刻みタマネギ、万ネギ、板海苔一枚、牡蠣の身。
 麺とトッピングを食べ終わったタイミングで、店員さんに替え玉を伝えます。

クリックすると拡大します

 味付き替え玉(ハーフ)150円
 つけ麺はメニューに無いので、この大きめの平皿は替え玉専用に用意されたのでしょう。
 大抵の和え玉では魚粉(煮干し粉)が粉状で添えられていますが、麺に絡みやすくするためか、水で練ってあります。
 ベーコンなどを混ぜた肉と刻みタマネギ、万ネギと共に、先ずは良くかき混ぜます。

クリックすると拡大します

 これは美味しい。
 こんなに美味しいならハーフでは無くフルで食べるんだった(きっと食べ切れない)。
 醤油たれと合わせることが多い和え玉ですが、替え玉と呼ぶのはこういうことなんですね。

クリックすると拡大します

 そのまま一気に全部食べるところを半分ほど残し、残しておいたスープに浸けてつけ麺スタイルで楽しむ。
 これもまた美味しい、この食べ方にさえ味を調整されているのは素晴らしいです。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、つけ蕎麦 ツヅラオ代々木上原店公式ホームページ)へ。
 新宿本店、新百合ヶ丘、町田、相模大野、代々木上原と展開されていた、小田急レストランシステムが経営するおそば・お酒 つゞらお。
 代々木上原店が10/30に閉店し、2020/11/4からリニューアルオープン。

クリックすると拡大します

 オープン記念として、11/4から11/8までは4品限定ですが、100円引きで提供されます。
 一部のメニューをつけ蕎麦として提供されるお店は見かけたことがありますが、全品つけ蕎麦のお店は初めてです。

クリックすると拡大します

 蕎麦は全種類同一でしょうか、つけ汁とトッピングを変えて11種類。
 年間を通して冷たいお蕎麦なんだろうか、冬には温かいメニューがあるんだろうか。
 一番安いのはもり蕎麦800円(税別)、高いのは青森県産とろろと八ヶ岳卵のつけ蕎麦1,150円。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、お好きな席へどうぞと案内されます。
 右手は厨房でカウンターが8席程度、左手はテーブルで40席程度、奥には壁手仕切られた喫煙可のスーペスも用意されています。
 卓上には箱根そばと同じ七味唐辛子。

クリックすると拡大します

 メニューはメニューブック形式に閉じられています。
 ファミレスでよく見かける大きめのメニューで一望できた方が選びやすいけど、店舗が安っぽく見えるしな。
 店内は半分以上が埋まっていて、席間は取っていますが、特に仕切り板は見当たりませんでした。

クリックすると拡大します

 程なくしてトマトつけ蕎麦1,100円、オープン記念で100円引き、LINE登録で鶏天サービス
 お蕎麦が見えないほどトッピング、、いや、お蕎麦だから種物が乗せられています。
 種物は鶏天、ミニトマト、半身の茹で玉子、ルッコラ、白ネギ、糸唐辛子。

クリックすると拡大します

 冷たいお蕎麦を手繰ってつけ汁に浸けて食べてみると、冷たいトマトソースとの相性が良く、美味しくいただけます。
 蕎麦自体は田舎蕎麦と説明されていますが、私にはイマイチ分かりませんでした(そもそも「田舎蕎麦」が分かっていないかも)。

クリックすると拡大します

 鶏天はチャーシューの要領でトマトソースに浸けて食べましたが、温かい鶏天が冷たくなってしまいます。
 茹で玉子やミニトマト、白ネギなどは冷たく、同じようにトマトソースに浸けて食べました。
 どうやって食べるかは食べ手の自由だと思っていますが、本来はどう食べるべきか、お店側としてはどう食べてもらいたいかを知りたいところです。

クリックすると拡大します

 麺と種物を食べ終わって、残ったトマトソースはどうするか思案していると、店員さんが湯桶を運んできて下さいました。
 湯桶にはそば湯が注がれていますが、店内製麺されていないお蕎麦のそば湯ってどうなの。
 ま、難しく考えずに割り入れて、レンゲは用意されていないので、直接器から飲みました。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
悠々自適で羨ましいです!
Posted by 明子 at 2020年11月06日 09:09
> 蕎麦自体は田舎蕎麦と説明されていますが、私にはイマイチ分かりませんでした(そもそも「田舎蕎麦」が分かっていないかも)。

ふらわさんはゆで太郎に行って違う油を使って揚げているとか言ってるのがちょうどいいんですよ。

それで思い出したのですが、コメントを(私以外のも)全部消したんですね。
http://likearamen.xii.jp/article/187080483.html
Posted by tomoco at 2020年11月06日 22:09
明子さん、コメントありがとうございます。

 どういたしまして。
Posted by ふらわ at 2020年11月06日 23:17
tomocoさん

> ふらわさんはゆで太郎に行って違う油を使って揚げているとか言ってるのがちょうどいいんですよ。

 大勇は怯なるが如く、大智は愚の如し。
Posted by ふらわ at 2020年11月06日 23:21
> 大勇は怯なるが如く、大智は愚の如し。

誰かを挑発してみたり、間違った知識をひけらかしたりしている
ふらわさんとは対極的ですね。
Posted by tomoco at 2020年11月07日 20:45
tomocoさん

 ホントですねぇ〜
Posted by ふらわ at 2020年11月09日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188098116
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック