2020年11月09日

冬季限定メニュー

/ゆで太郎西五反田本店にてミニのり弁セット(冷)、きざみのり、納豆/鶏そば かぐら屋西新宿店@西新宿七丁目にて彩り野菜のクリーミー鶏そば/

クリックすると拡大します

 朝は、ゆで太郎西五反田本店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン展開する路麺店、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛。
 フェイスブックのゆで太郎コミュによると、昨日のTV放映効果で、どの店舗もお客さんで混雑しているという。
 本店はいつも通り、今朝は途中までノーゲスでした。

クリックすると拡大します

 中華そばと朝セットと迷って、ミニのり弁セット(冷)580円、きざみのり70円、クーポン納豆
 ゆで太郎では、これまでもりそばとざるそばを明確に区別していなかったような気がします。
 今月から販売が開始されたきざみのりをお蕎麦に振って、自己満足的にざるそばへ。
 国産蕎麦粉のは期間限定販売、今月ばかりはお蕎麦を優先せざるを得ません。

クリックすると拡大します

 もうさ、この鱈フライがとっても気に入っています。
 単品売りもされているんだけど、花鰹とご飯と一緒に食べようと思うと、のり弁にせざるを得ません。
 ま、細かいことはどうでも良くて、美味しいから食べています。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、鶏そば かぐら屋西新宿店@西新宿七丁目公式インスタグラム)へ
 色々なラーメン店を回りたい性分なので、新規オープン店に再訪するのは珍しいのですが。
 (お客さん全員に配られたと思う)無料トッピングクーポンを消費するべく、伺いました。

クリックすると拡大します

 それはそれとして、本日から始まった今月の限定メニュー狙い。
 『鶏白湯に生クリームのコクとボンゴレの旨味を加え、クリーミーなスープに仕上げました。
 新鮮な彩り野菜とレモンでさっぱりとお召し上がりいただけます。』

クリックすると拡大します

 店内に入り、食券を買って奥へ足を進めると、「お好きな席へどうぞ、テーブル席でも構いません」と案内されます。
 とは言え一人客、カウンターに座ることが多いのですが、今夜はテーブルへ。
 テーブル席から見える店内の様子で、ラーメンの味も変わるだろうか。

クリックすると拡大します

 程なくして、彩り野菜のクリーミー鶏そば950円、チャーシューサービス。
 レギュラーメニューの濃熟鶏そばが850円なので100円増し、チャーシューが替わり、メンマが省かれ、サニーレタスと紫キャベツ、ヤングコーン、半身の味玉がトッピング。
 スープもレギュラーメニューとは異なりますが、季節感やお得感は薄めです。

クリックすると拡大します

 濃厚な鶏白湯スープに粉チーズを溶かしながら、大成食品の平打中細麺を啜れば、食べに来て良かったと思う美味しさ。
 とっくに食べ飽きたと思っていた鶏白湯も、こうして美味しく味わえます。
 サニーレタスの僅かなえぐみが、鶏白湯スープを美味しくさせるのはちょっと意外。
 途中からレモンを搾ると美味しいと案内がありましたが、うっかり絞り忘れ。

クリックすると拡大します

 サービスして下さったチャーシュー。
 そのまま食べても美味しいけど、鶏白湯スープに付けて、美味しくいただきます。
 麺を殆ど食べたところで、卓上のフライドガーリックとミックスペッパーで味変。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ふらわさんはTVの件で社長からお声がけは無かったんですか?
Posted by 明子 at 2020年11月12日 08:54
明子さん、コメントありがとうございます。

 ありましたよ。
Posted by ふらわ at 2020年11月12日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188110194
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック