2020年11月14日

皇帝ダリア

/らぁ麺 はやし田 多摩センター店@小田急多摩センターにて松茸出汁の塩そば/豚骨醤油 一乃利@茅ヶ崎市萩園にて角煮ラーメン/

クリックすると拡大します

 今週はのんびりと過ごせていて、とても気持ちが楽。
 逆に何で先週は忙しかったんだろうか、、、そっか飲み歩いていたんだ。
 まあ、紅葉も深まってきたし、ラーメンでも食べに行くか。

クリックすると拡大します

 早めのお昼は、らぁ麺 はやし田 多摩センター店@小田急多摩センター(多摩市落合)公式ツイッター)へ。
 この店に来る度に、「せっかくここまで来るんだから、もう一杯」とあれこれ検索するのですが。
 全く思い付かず。

クリックすると拡大します

 軍鶏や坦々麺の限定メニューは、はやし田全店での販売でした。
 今回の限定メニューが多摩センター店初の限定メニューになります。
 今日11/14と明日の2日間、25食づつの数量限定。

クリックすると拡大します

 食券を買うと、店内一番奥の店長さん立ち位置正面席にご案内。
 店長さんから「いつもありがとうございます」と挨拶されましたが顔を思い出せず、ああ、お店側が私を知っているパターンか、と。
 先客2人、後客続々、殆どのお客さんが限定メニューを注文されていますが、レギュラーメニューのお客さんもいます。

クリックすると拡大します

 程なくして、松茸出汁の塩そば950円
 松茸出汁と謳ってはいますが、松茸をはじめ茸主体でスープを作ったら、お吸い物みたいになってしまってラーメンスープとして成り立たないんじゃ無いかな。
 という無駄な先入観でスープを味わうと、茸出汁全開、それでいて薄味じゃ無くて、とても美味しい。
 都内の血で血を洗う激戦区でこの手のスープを提供すると、茸オイルや身を乗せて差別化を図るだろう。
 お吸い物に落ち着かない程度に飛び道具を使ってあり、ラーメン職人の腕を感じます。

クリックすると拡大します

 全粒粉を混ぜない純白の麺、菅野製麺所の細麺はこのラーメン専用の特注麺、スープによく合っているなぁ。
 チャーシューはレギュラーメニューの豚肩ロースレアチャーシューですが、縁に黒胡椒をあしらってあります。
 極太麺メンマに三つ葉、茹でほうれん草、白髪ねぎ。

クリックすると拡大します

 限定メニューには専用の特注麺を用意する店長さんは、イングス系列でも1人しか知りません。
 ラーメンを食べ終わって後客が途切れたのをいいことに、お声掛けすると、やはり、そうでしたか。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 食べ終わって(往復の電車代を考えると勿体ないけど)地元まで戻り、バイクを走らせます。
 この時期、移転リニューアルされたラーメン店が2店舗あって、その1店舗へ。
 もう1店舗の小田原の店は、来週にでも。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、豚骨醤油 一乃利@茅ヶ崎市萩園671公式ツイッター)(公式インスタグラム)へ。
 こんな場所が区画整理されるとは思ってもみませんでした。
 2005/1/8オープン、2020/9/8移転のため閉店、2020/11/8新一乃利プレオープン、11/9グランドオープン。
 移転先は旧店舗から南に100メートルほど。営業時間は、平日11:00-15:00 17:00-21:00、土日祝11:00-21:00、水休。

クリックすると拡大します

 店内に入ると「こちらへどうぞ」と案内され、口頭注文後会計。
 メニューはラーメン700円、チャーシューメン900円、角煮ラーメン900円。
 たれは醤油ですが、裏メニューで塩や味噌もあるらしい。
 トッピングはのり、たまご、ネギ、ほうれん草が各100円。
 ライス100円、ビール300円。

クリックすると拡大します

 席配置は厨房を囲むL字カウンター、本来は8席と7席の15席ですが、現在は6席と4席の10席。
 卓上にはにんにく、しょうが、豆板醤、醤油だれ、酢、辣油、柚子唐辛子、ブラックペッパーグラウンド。
 店主さんは矢口家@平塚の出身ですから、れっきとした家系ラーメン店、お冷やはセルフ。
 厨房には店主さん、店主さんの奥さん、女性店員さんの3人がいらっしゃいます。

クリックすると拡大します

 程なくして角煮ラーメン900円、、、麺柔らかめをお願いし忘れました。
 海苔を差さずに乗せるタイプの家系ラーメン、かなり久し振りの感覚です。
 スープはクラシカルな家系ラーメンスープの味わい、今のフルボディの味わいに比べると、かなり薄め、かなりあっさりめ、とても美味しいスープ。
 今週移転オープンされたのですが、この味わいからすると、寸胴は旧店舗から運び入れているのだろう。

クリックすると拡大します

 僅かに柔らかめ仕上げの中太麺は増田製麺、スープとの相性に一ミリの隙間も無く。
 板海苔はパリパリタイプで、食べているタイミングでライスを頼み忘れたことを後悔しつつ。
 茹でほうれん草がとても新鮮に感じ、スープによく合っていることを驚きます。

クリックすると拡大します

 角煮ラーメンにはチャーシューが乗りません。
 角煮とチャーシューは別トッピングとして用意されていませんので、同時に楽しむことは出来ないようです。
 とはいえ、角煮がトッピングされている家系ラーメンは初めて、これがまた美味しい。

クリックすると拡大します

 さて、麺を半分以上食べたところで、お楽しみの味変タイム。
 今日は定番のおろしニンニク(多め)、豆板醤を。
 スープの味がしっかりしていると、調味料が入っていかないんだな。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 皇帝ダリアが満開です。
 住宅街で咲いていると民家が映り込んでしまうので、こういう農地で咲いているのはとても貴重。
posted by ふらわ at 20:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>板海苔はパリパリタイプで、食べているタイミングでライスを頼み忘れたことを後悔しつつ。

ライスは有料ですものねw
ふらわさんは分かりやすすぎますねw
Posted by 明子 at 2020年11月15日 03:03
>ああ、お店側が私を知っているパターンか、と。

ふらわさん、格好いいですねぇ!椅子から転げ落ちちゃいそうですw
Posted by 明子 at 2020年11月15日 08:26
明子さん、コメントありがとうございます。

 いえいえ、どういたしまして。
Posted by ふらわ at 2020年11月16日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188124753
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック