2020年12月24日

居酒屋のラーメン

/夜な夜な@井土ヶ谷にて、刺身で日本酒を楽しんでから、椎茸支那そば/

クリックすると拡大します

 プロテスタントとローマ・カトリックの違いも分からないのに、12月になると、突然、クリスマスとかイブとかざわざわし出す。
 ま、違いが分からないのも、ざわざわするのも、私のことだけど。
 そんなこんなで朝からびっちり仕事に精を出して、夜は横浜に向かいます。

クリックすると拡大します

 お誘い頂き、夜な夜な@井土ヶ谷(横浜市南区井土ケ谷中町)公式ツイッター)へ。
 この居酒屋は、丿貫(へちかん)インスパイアのラーメンを提供される居酒屋という認識でしたが、概ね合っていますが、細部で異なるようです。

クリックすると拡大します

 店先には、営業時間と夜営業のお願いが貼り出されています。
 居酒屋はバーであっても、ラーメンだけでも大歓迎の店もあれば、何か一杯飲んでからのお店もあります。
 ラーメンが提供されていても、私は基本的には飲んでからラーメンを食べるようにしていますが、稀に飲まずにラーメンを食べることもあります。

クリックすると拡大します

 店内に入ると既に友達が来ていて、いつもは時間ギリギリに来る人が先に来ていて、ちょっとビックリ。
 メニューは右から、日本酒以外の飲み物、今夜の料理、ランチのラーメン、日本酒と紹介されています。
 日本酒のラインナップ、素晴らしい。

クリックすると拡大します

 付き出しはだし巻き玉子。
 付き出しは酷かったけど、料理やお酒が美味しかった経験の無い私は、美味しい付き出しに思わずにんまり。
 だし巻き玉子は温かい方がもちろん美味しいけど、本当に美味しければ冷しても美味しい。

クリックすると拡大します

 スタートアップの二本。
 千葉の蔵元である鍋店が醸す「不動(ふどう)」大吟醸 生原酒 吊るししぼり無濾過 30BY。
 千葉の蔵元である東灘醸造が醸す「鳴海(なるか)」特別純米 直詰め生【青】 R2BY。
 昨日あれだけ飲んだので、今日は程々にしようと思いつつ、一口飲めばふりだしに戻る。

クリックすると拡大します

 一品目は、神経〆イナダのなめろう650円。
 申し訳ありません、神経〆って、高級鮨屋や高級割烹店でのみ扱える魚だと思っていました。
 ネギが好きなので、ネギ多めのなめろうは大好き、しかもかなり旨い。

クリックすると拡大します

 横須賀地魚刺盛3種1,480円に〆サバ追加。
 〆鯖以外はギンガメアジ、スズキ、メジナ、いずれも神経〆されていて、二人だから4切れでケンカにならずに済みます。
 ここまで鮮度が高い刺身は、漁港近くの飲食店でしか食べられなかったはず。
 こんな場所にあるんだ、一人でも食べに来てみたいな。

クリックすると拡大します

 長野の蔵元である北安醸造が醸す「居谷里(いやり)」山廃 しぼりたて R1BY。
 今日のラインナップの中で飲んだことが無い蔵元が二つあって、その1つ。
 山廃らしくない山廃の味わい、新鮮な刺身に合いますね。

クリックすると拡大します

 アンチョビキャベツ620円。
 初訪なので炒め物も食べてみたくて、お願いしました。
 軽めの味付けと甘めのキャベツが好相性、鷹の爪の放つ辛さも味わいを深めます。

クリックすると拡大します

 この辺りで亀齢の熱燗を飲んでいるけど、なぜか一升瓶の撮影忘れ。
 白レバーとハツのバター焼き550円。
 濃いめの味付けがレバーの濃厚な食感にピタリ、ハツも良い感じで寄り添っています。

クリックすると拡大します

 〆のラーメン、今夜は丿貫監修の煮干鶏油そば800円と、自家製の椎茸支那そば850円の二種類。
 ここで言う「丿貫監修」とは、丿貫の店主さんがお店に飲みに来ていて、居酒屋の店主さんが作ったラーメンを食べて、「これは美味しい」と太鼓判を押した、と言うことらしい。
 煮干鶏油そばは昼間に食べることにして、今夜は椎茸そばにします。

クリックすると拡大します

 少し時間がかって、椎茸支那そば850円
 トッピングは万ネギと糸唐辛子のみという、かけラーメンに近い麺相です。
 スープは干し椎茸の出汁が全開、それでいて「ここ」のタイミングで味を止めているので、喉越しすっきり。
 これはトッピングが要らないわけだ、飲みの〆という位置付けもあるし。

クリックすると拡大します

 合わせる麺は、丿貫と同じ東京製麺の乱切り麺。
 ※丿貫の麺は、初め香川県高松市の佐藤製麺、その後は菅野製麺所に変わり、去年から東京製麺になったそうです。
 芯が残るか残らないかギリギリの固さで仕上げてあり、この固さがスープによく合います。
 いつもの私なら、途中で手を止めて、スープの淀み具合を確認しますが、今日は一気に食べます。

クリックすると拡大します

 ラヲタ的にはこのままで十分楽しめましたが、友人はトッピングを追加。
 鶏もも肉のコンフィ150円とうずらの味玉100円、それぞれ二人前。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
 お酒は美味しいし、料理も美味しいし、ラーメンも美味しい、こんな素晴らしいお店があるんだ。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188254436
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック